function OptanonWrapper() { window.dataLayer.push( { event: 'OneTrustGroupsUpdated'} )}マーシャ・アイマンが過去と現在の両方を祝福する
Get Ready to Play. Take the Quiz!
Menu

マーシャ・アイマンが過去と現在の両方を祝福する

マーシャ・アイマンが過去と現在の両方を祝福する

サクラメント街の歴史家が、ゴールドラッシュの名所から流行の最先端スポットまで、さまざまな場所をご紹介

マーシャ・アイマンは、営業時間中はサクラメントのダイナミックな歴史を研究し、その素晴らしさを伝えるために過去を生きています。 一方で週末や夜には、鮮やかなストリートアートやおいしい料理など、この街の刺激的な現在を楽しむ時間を大切にしています。

古いものと新しいものが混在するこの街は、彼女にとって完璧な組み合わせなのです。

サクラメント歴史博物館サクラメント歴史センターを運営するアイマンは、「サクラメントは深い歴史を持つ街であり、このコミュニティはそれを心から受け入れています。」と語ります。 「ここには何世代にもわたってサクラメントに住んでいる人が多くいて、伝統や地域社会への強い思いがあります。」

アイマンは州都のさまざまな姿を、できれば歩きながら体験するよう訪問者に勧めています。 「この街はとても歩きやすいんです。」と彼女は言います。 「坂が少なく、1848年に作られた碁盤の目のような街並みです。 数字と文字で道がつながっているので移動がとても簡単なんです。」

街の形成期についての基本的な理解を深めることは簡単です。「サクラメントについて知りたければ、サクラメント歴史博物館に行き、ミッドタウンのすぐそばにあるサッターズフォートにも行ってみてください。」と彼女は言います。 「サッターズフォートは、1839年に設立されたこの地域初の入植地です。 後にサクラメントとなる地域の始まりです。 ブロードウェイにあるオールド・シティ墓地にも行ってみてください。 ミシシッピ川以西で最も古い共同墓地で、美しい場所です。 1段高い区画にある庭園のような場所で、サクラメントで最初の公園として設計されました。 ゴールドラッシュでサクラメントにやって来た人々がたくさんいます。」

アイマンは、居心地の良いカフェや洗練されたワインバー、ブティックショップが立ち並ぶ、約12×22平方ブロックのミッドタウンを散策するのがお気に入りです。 「Rストリートを散策するのはいつだって楽しいですよ。美しい壁画があり、素晴らしいレストランもあります。」 途中、彼女が朝食を楽しむために立ち寄るのは、かつてRストリートを走っていた機関車にちなんで名づけられた心地よい雰囲気のガストロパブ、アイアンホース・タバーンです。 「ポーチドエッグとハッシュブラウンの組み合わせは絶品です。夫もそこのフレンチトーストが大好きなんです。」

また、エイマンはサクラメントの「秘密の」地区、歩道から7.6メートル下にある地区のツアーを勧めています。 「1861年と1862年に起こった大洪水のため、サクラメントでは道路や建物を高くする造成工事をせざるを得なかったことを、知る人はあまり多くいません。 その結果として、サクラメント旧市街は堤防の上にあるのです。 サクラメント歴史博物館のアンダーグラウンドツアーは、ツアーガイドなしでは見ることのできない、こうした隠れた場所に連れて行ってくれます。」と彼女は言います。

夜のツアーでは、この街の歴史が色鮮やかに映し出されると言います。 「サクラメントはゴールドラッシュで荒れ果てた街でした。 ナイトツアーでは、ギャンブルや売春が盛んで、かつて法律や秩序が希薄だった厳しい街の様子をお伝えしています。」  

サクラメントを完全に満喫するためには、サクラメント川を眺めながら、「ファーム・トゥ・フォーク(農場から食卓まで)」の食事をすることをアイマンは勧めます。 「オールドタウンにある川を見ると、みんな驚きますよ。 リオ・シティ・カフェのバルコニーからは、素晴らしい景色を眺めることができます。} また、リバーボートのデルタキングでドリンクと軽食を買って、船のデッキに座ってみるのもいいでしょう。 夕方になると、川の上流と下流の明かりが見えて、とてもリラックスできますよ。」

さらに5つのお気に入り
エイマンは、サクラメントを訪れる人にぜひ体験してほしいことがあります。

特別な日の食事:ミッドタウンのウォーターボーイは、特別なディナーに最適です。 1996年創業の老舗で、絶品料理を味わえます。 オーナーシェフのリック・マハンは、地元の小規模農家の強力なサポーターです。 メニューは季節によって変わりますが、常に最高品質の食材を使用しています。 ダイニングルームはキャピトルと20番街の角にあり、大きな窓があるので、通り過ぎる人々を眺めることができます。

最高の書店:地元の人は、21番街のタイム・テステッド・ブックスをお勧めしています。 1980年代から続く、新刊と古本を扱う書店です。 古典と新しい本の両方を愛するオーナーが経営しており、 サイン会や読み聞かせも多く、レコードも扱っています。

サンセットクルーズ体験: 私がこれまでに見た最も美しい夕日のひとつが、サクラメント川の船上から見る夕日です。 この川がどれほど美しいかはあまり知られていませんが、ボートに乗るとよくわかります。 時にはアシカがサケを狙う姿も見ることができます。 ホーンブロワーの遊覧船は、オールドサクラメントのウォーターフロントから毎日出航しています。 サンセットクルーズが大人気ですが、日中のクルーズも用意されています。

アートで感動体験:クロッカー美術館は必見です。 アメリカ西部で最も古い美術館です。 クロッカー夫人が一家のプライベートコレクションを寄贈したものです。 おそらく最も有名な絵は、チャールズ・ナールの「サンデーモーニング・イン・ザ・マインズ(鉱山の日曜日の朝)」で、鉱山キャンプの生活の道徳と堕落が描かれています。 この美術館には、初期のカリフォルニア絵画を集めた部屋があり、芸術家たちがアメリカ西部をどのように見ていたかが分かります。 神話的なイメージが満載です。 私は美術館のオリジナルの建物に入るのが好きです。かつてクロッカー夫妻が住んでいた、とても美しいビクトリア調の建物です。

ビールを味わう:サクラメントは素晴らしいビール醸造所で有名ですが、トラック 7 ブリューイングカンパニーがお気に入りです。 カーティス・パークの本店は、古い線路の近くにあり、それが店名の由来です。 店内は巨大な倉庫のような設計です。 いろんなスタイルのビールを作っていて、常に味を変えているんです。 中でもIPAが大人気なんですよ。

リソース