Error message

Lingotek profile ID 4 not found.
サンフランシスコ映画祭イベント
サンフランシスコ映画協会提供

4月/5月

サンフランシスコ国際映画祭

アルフレッドヒッチコックのクラシック映画作品から最新ヒット作の『猿の惑星』に至るまで、優れた独自の映画制作と映画芸術の伝統がサンフランシスコの自慢です。この都市が真の映画の町としてさらに磨きをかけるのは、南北アメリカで最長寿国際映画祭であるサンフランシスコ国際映画祭の開催地であるということです。毎年4月に多数の劇場(オープニングガラはカストロシアターで開催)で開催され、この湾岸都市の華やかな一面を体験するには最高のイベントです。
15日間にわたって繰り広げられる映画上映や特別イベントの一つやいくつかに参加すれば、20ヶ国以上から集う300名を超える映画業界の名手たちに出会えます。

上映会以外にもライブミュージックパフォーマンスが行われるほか、映画界の名手たちが自分たちの作品の芸術的、技術的側面や最新の映画トレンドについて観客とざっくばらんに対話するのを聞く機会もあります。
 そしてもちろん、ほぼ確実にスターを見かけるでしょう。最近ではハリソン・フォード、ジェレミー・アイアンズ、チャーリーズ・セロン、ガス・ヴァン・サント、ライアン・ゴズリングなどが出席しています。 

フェスティバルのチケットパッケージは、通常価格の上映を割引価格で楽しむのに最適です。早割6枚組みがあります。そして映画への情熱(と時間)があるならば、10枚セットを購入しましょう。それ以外では、各上映ごとにチケットを購入するのがよいでしょう。

耳より情報: ご覧になりたい映画が「AT RUSH (ラッシュのみ)」とリストされている場合は、チケット完売を意味します。上映時間寸前、または毎日の正午チケット発売でチケットを購入できる場合もあります。上映開始30分から60分前になると、ラッシュチケットを求める人が並び始めます。