An outdoor audience at the San Francisco Jazz Festival
Charles Wagner aka Chum/Flickr

6月

サンフランシスコジャズフェスティバル

サンフランシスコの街は、ジャズの歴史の中に大きな影響を受けています。50年代後半と60年代のフィルモア地区は「西部のハーレム」として知られ、ジャズワークショップ、ブラックホーク、ベイシンストリートウエスト、キーストーンコーナーなどの有名なクラブが賑わいを見せていました。デューク・エリントン、マイルス・デイビス、そしてセロニアス・モンクは、彼らの最もクラシックなアルバムのいくつかをここでレコーディングしました。

 

そのため、ロンドンのオブザーバーが「世界で最大、そしておそらく最高のジャズフェスティバル」と称したイベントをこの街が主催することになったのは、完全に理にかなったことです。1983年の創立以来、サンフランシスコ・ジャズフェスティバルは、古くからの伝統とあらたなる革新派の両方の存在を示し、ジャズの精神に内在する慣習にとらわれることのない場所となっています。

 

それはすべて、毎年6月に開催されます。11日間のフェスティバルは、全国のジャズパフォーマンスと教育を専門とする最初の独立機関、SFJAZZセンターの700席のロバートN.マイナーオディトリアムを皮切りに、ベイエリア全域のクラブや会場に広がり、地元のミュージシャンはもちろん、世界中のミュージシャンによる驚異的なパフォーマンスのラインナップで数千人が集まります。過去何年にも渡ってこのフェスティバルで演奏してきたジャズの大御所の中には、ハービー・ハンコック、ファラオ・サンダース、レジーナ・カーター、ソニー・ロリンズ、そしてオーネット・コールマンなどがいます。

 

近年大きな注目を集めているのは、SFJAZZセンターそのものです。 2013年に6,400万ドルを投じて完成したこの施設は、優れた音響効果から、どの席からも明確な視線を確保する座席レイアウトまで、ほぼすべてが完璧に整っていることで広く称賛されています。 BARTでアクセスするのは簡単で、近くには飲み物や食事をするためのスポットがたくさんあります。また、下の階にはラウンジ、上の階には2つのバーがあります。