カリフォルニア・アボカド・フェスティバル AvocadoFestival_cyclonebill_Flickr_1280x642
cyclonebill/Flickr

10月

カリフォルニア・アボカド・フェスティバル

カリフォルニアで最初にアボカドの木が植えられたのは1871年ごろのこと。今ではアメリカのアボカドの90パーセントを産するまでになっています。その中心的産地の一つであるサンタバーバラカウンティが、アボカドの実(アボカドはフルーツ、野菜ではありません)を使ったワカモレやサラダ、スープ、その他さまざまな味覚を披露する祭典を行い、10万人以上ものファンを引きつけているのは、当然のことかもしれません。中でも「ワカモレの世界チャンピオン」を決めるコンテストと、最も重いアボカド(1.8キログラムを超えるアボカドが登場することもあります)を競うイベントは必見です。会場内に4か所設けられたステージでは、70以上ものミュージカル劇が上演され、フェスティバルに楽しい活気を添えています。