ソノマカウンティのヴィニヤード
Bkamprath/ゲッティイメージズ

ソノマカウンティのワイン&ワイナリー

ソノマカウンティのワイン&ワイナリー vca_maps_sfbayarea_1
ソノマカウンティのワイン&ワイナリー
地域の人気ワインで乾杯する

ソノマカウンティの多様な土壌と微気候は、非常に素晴らしいものを生み出します。およそ40品種のブドウがここでは育ちます。そこに土があれば、元気のあるブドウの蔓がその地に根を張る方法を見つけるかのようです。

結果として、ソノマカウンティには17の産地に、400以上のワイナリーが存在しています。ワイン用のブドウは、ボデガベイの太平洋沿岸の崖にはないかもしれませんが、海からわずか6.5キロメートルほどの霧に包まれひんやりとしたペイ・ヴィニヤーズでは、最高のシャルドネ、ヴィオニエ、ピノ・ノワールを見つけることができます。海沿いでもワインを味わうことはできます。ボデガベイを見下ろすグルメ・オ・ベイでは、小さい木製のサーフボードに載せてブティックワインのテイスティングサンプルが出されます。

ソノマカウンティ周辺でテイスティング中心の旅を楽しむなら、ワインロードがおすすめです。これは一本の繋がった道路という意味での実際の「ロード」ではなく、1976年まで遡るワイナリーの協会の事で、現在は200軒近くのエステートが含まれており、アレキサンダー・バレードライクリーク・バレーロシアンリバー・バレーの間に位置します。

ドライクリーク・バレーは、カラッとした暑い夏と涼しい夜が特徴の地中海気候です。

ドライクリーク・バレーでは30種類以上のブドウが育っていますが、その中でも特に有名なのはジンフェンデルで、皮が黒く、大きくトゲトゲしたブラックベリー、ブルーベリー、タバコ、砕いたブラックペッパーを彷彿させる風味を持ちます。ここの気候は暑く乾燥した夏と涼しい夜が特徴の地中海気候であり、イタリア半島の気候によく似ています。その結果、地元のワインメーカーたちは、その昔この地域に移住してきたイタリア系移民たちがかつて使った手法によく似た、持続可能でバイオダイナミック、そして有機栽培のブドウ育成法からヒントを得てきました。ソノマカウンティ内にある近隣のブドウ畑から集めたブドウを使用しているヒールズバーグパパピエトロ・ペリー・ワイナリーのテイスティングルームやワイナリーで、その努力の結果を味わうことができます。

名高いロシアンリバー・バレーを一目見たかったら、マクロースティー・ワイナリー・アンド・ヴィニヤードに行ってみませんか。ソノマコーストペタルマギャップ地域にあったワイルドキャット・マウンテン・ヴィニヤードで作った秀れたワインで伝説の人となったオーナー、スティーブ・マクロースティに敬意を表したワイナリーです。このエステート・ワイナリーとそのテイスティングルームは、ヒールズバーグ丘綾に位置し、艶やかなオークの幹から作ったスツール、レザーの椅子、地球儀シャンデリア等を通し、ソノマカウンティの贅沢な側面を表しています。

広さ約4.9平方キロメートルのジョーダン・ヴィニヤード&ワイナリーがあるアレキサンダー・バレーも必見のスポットです。石とスタッコ作りの城は、カベルネ・ソービニヨンとシャルドネに集中し、土地の料理用ガーデンを誇るかのように、シェフのトッド・ノールの作った一口料理と共に出されます。

実際にソノマの良いワイナリーの多くは、ワインテイスティング体験の一環として料理も大切な一部にしています。ソノマバレーの、ハメル・ファミリー・ワインズでは、こだわりの一口サイズの料理と洞窟ツアーが人気で、セントフランシス・ワイナリーでは、ガイド付きワインペアリングと共に贅沢なマルチコースの小皿ランチを提供しています。さらに、カーネロス・ソノマにあるラムズ・ゲートパレットプレイはどっぷり浸かれる内容で、ハワード・バッケンがデザインしたワイナリーのバックステージツアーに続き、テーブルにてガイドによるワインペアリングと料理が出され、ほぼ通常のフルコースといえます。

 

ソノマカウンティの全景
ビッキー・ジョーダン/ゲッティイメージズ

Spotlight: ソノマカウンティ

ソノマカウンティのワイン&ワイナリー vca_maps_sfbayarea_1
18
September
Average (°C)
Sept - Nov
23°
High
7°
Low
Sept - Nov
23°
High
7°
Low
Mar - May
20°
High
6°
Low
June - Aug
27°
High
10°
Low
ソノマカウンティのワイン&ワイナリー screen_shot_2017-11-03_at_7.55.59_am
ソノマカウンティは皆様のお越しをお待ちしております。
ワインや 食事をお楽しみください。どうぞゆっくり お過ごしください。ソノマカウンティは皆様のお越しをお待ちしております。#SonomaStrong #WineCountryStrong #CALove

太平洋から岩だらけの沿岸沿いの山脈まで約4040平方キロメートル以上にも広がるソノマカウンティは、1つの型には嵌らないさまざまな特徴を持っています。ここは高級ワインでますます名声が高まっており、キストラー・ヴィンヤードA.ラファネリ、そしてサークなどのワインは順番待ちという豪勢な熱狂的ワインコレクションで、ナパバレーと人気を分かち合っています。しかし、ソノマカウンティでは、その辺の裏庭で醸造された素晴らしいワインに巡り合う可能性があります。例えば、フォレストビルジョセフ・スワンは、1967年から今も変わらず古い木樽置き場をテイスティングルームにして、受賞ワインを提供しています。ソノマカウンティのワイナリーは親しみやすい雰囲気にあふれています。グラスにワインを注いでくれるのが、実はオーナーというのはよくある話しで、傍らに忠犬がちょこんと座っていたりします。

まずは探索の前に地理を簡単に調べてみましょう(ソノマカウンティ観光局にはインタラクティブなマップがあり、自分のいる位置が確認できます)。ソノマの街には、由緒あるソノマプラザがあります。そして、サンタローザとソノマ(月の谷として知られている)の間にある地域はソノマバレーと呼ばれ、ケンウッドグレン・エレンなどのワインの産地があります。そして全てを網羅した地域全体が、ソノマカウンティとして知られています。

グラスにワインを注いでくれるのが実はオーナーというのはよくある話しで、傍らに忠犬がちょこんと座っていたりします。

サンフランシスコから軽く1時間北上してソノマカウンティに入ると、まず最初に歴史のあるペタルマの町のクラシックな石造りの建物が見えてきます。国道101号線を真っ直ぐ進めば、ソノマカウンティ最北端にある、上品で非の打ちどころのないヒールズバーグの町までたどりつけますが、それではソノマ、セバストポール、サンタローザ、ガーンズビルなどのワインカントリーの町を隅々まで楽しむことができません。ここではスローダウンして、いろいろなワインメーカーを回って地元の人に混じれば、これ以上楽しいことはないと分かるでしょう。

ソノマカウンティを訪れるベストシーズンはいつでしょうか。数年前まで、農業が盛んなこの地域は主に夏の観光地でした。しかし、1月中開催するアン・オリーブ・オデッセイ・オリーブフェスティバル、ソノマカウンティフェア、春開催のワイナリーのオープンハウス、秋の収穫イベントなどがあるため、今では一年中賑わっています。または、ホリデーシーズンに滞在して、地元のレストラン、ワイナリー、おとぎ話に出てくるような旅館で開催される賑やかなパーティーに参加して、新年を迎えるのはいかがでしょうか。

ソノマカウンティのワイン&ワイナリー screen_shot_2017-11-03_at_7.55.59_am
ソノマカウンティは皆様のお越しをお待ちしております。
ワインや 食事をお楽しみください。どうぞゆっくり お過ごしください。ソノマカウンティは皆様のお越しをお待ちしております。#SonomaStrong #WineCountryStrong #CALove
ソノマカウンティーの年間イベント
George Rose/Getty Images

ソノマカウンティの年間イベント

ソノマカウンティのワイン&ワイナリー vca_maps_sfbayarea_1
ソノマカウンティの年間イベント
カレンダーに各種フェステイバル・ブドウ潰し・その他のイベントの日付をマークしよう

ソノマカウンティでは、毎週末、何かしら素晴らしいフェステイバルや昼夜を問ずパーティが行われています。中でも特に素晴らしいのは、3月に行われる、農場とクレマリーのツアー、実際にチーズ作りを学べる講座、そして地元産チーズ、ワイン、ビール、ハード・サイダーのテイスティングが体験できる、ペタルマ市主催のカリフォルニア・アルチザンチーズ・フェステイバルです。

5月には、ボデガベイで毎年開催されるサーモンクリーク・アートウォーク期間中に行われるオープン・スタジオツアーで芸術への欲求を満たすことができます。そして6月には、サンタローザルーサー・バーバンク・センター・フォー・ザ・アーツで毎年ビールフェストが開催され、60種類以上のブルワリーやサイダー製造所による、北カリフォルニアでも最高級のクラフトビールやハード・サイダーを試飲することができます。

ソノマカウンティの住民たちは、地元の特産品を謙虚に祝うことも忘れてはいません。時には音量をボリュームアップして楽しむことも。8月のグラベンスタイン・アップルフェアでは、トラクターに乗ったりパイを食べたりして、地元のリンゴ品種の収穫を祝います。9月にはグエルネビルにあるジョンソンズビーチで開催されるロシアンリバー・ジャズ&ブルーズフェステイバルで大いに盛り上がります。

一年中、ソノマカウンティーのそれぞれのワイン地域がオープンハウスを開催します。例えば、4月のドライクリーク・バレーへのパスポート、5月のテイスト・アレキサンダーバレー。その中でも最高のオープンハウスを経験したいなら、レーバーデーの週末に行われるテイスト・オブ・ソノマを訪れましょう。何千人もの観光客が3日間連続でシェフ、ワイナリー、アルチザンフードを求めてやってくる人々と共にワインテイスティング、豪勢な食事、そしてソノマカウンティ・ワインオークションに参加します。

ワイナリーを訪れるのに最高の時期の1つが、選別、茎取り、ワイン醸造の熱気を直接感じることのできる収穫期です。

しかしながら、ソノマカウンティーを訪れるのに最高の時期といえば9月初旬から11月中旬で 、選別、茎取り、ワイン醸造の熱気を直接感じることのできる収穫期です。しかも場合によっては、ブドウ潰しに参加できることもあります。夏の下旬から秋の初旬のこの時期にかけて、ブドウ畑で働く人たちは明け方から日没まで忙しく働きます。観光シーズンもピークを迎えますので、ソノマを訪れるタイミングを測る場合、その点も考慮しましょう。多くのワイナリーにとって、実際の作業は24時間進行しています。ヒールズバーグにあるジョーダンワイナリーのようなイノベーターは、肌寒い夜のうちにブドウの収穫をしています。ブドウの繊細な味と純粋なままの皮と果実を守るためには、冷たいままにしておく方がいいのです。

一部のワイナリーではブドウ潰しの前後に、シーズンを祝ってワインテイスティング、料理、音楽の生演奏を楽しむパーティーを開催します。 ドライクリーク・バレー地域は、100以上のワイナリーが自ら料理してその場で出す一品と特別なワインをペアリングするワイン&フード・アフェアなど、多くの洒落たテイスティングやイベントを主催します。 ソノマバレー・クラッシュでは、訪問者が実際に参加できるように、9月の週末にかけて地域のワイナリー15軒で、ブドウの収穫から圧搾・発酵まで、ワイン醸造の全側面を唯一無二の裏舞台見学を通して実際に体験することができます。

ホリデーシーズンには、ソノマのコーナーストーン・ガーデンズの中庭でライトニング・オブ・ザ・スノーメンのフェスティバルを間近で見ながら、ワインやライブ音楽を楽しみましょう。12月には、市民公園のルーサー・バーバンク・ホーム・アンド・ガーデンズはホリデー気分に満ち溢れ、この季節ならではのスパイスティーやお菓子が振舞われます。クリスマスキャロルが流れる中、美しいホリデーの飾りつけがされた有名な園芸家の邸宅やグリーンハウス、庭園を見学しましょう。

 

ソノマカウンティのワイン&ワイナリー VC_SpotlightSonoma_Module6_TrainTown_Stock_RM_C180PN_1280x640
グレッグ・バルフォール・エヴァンス/Alamy

家族連れに優しいソノマカウンティ

ソノマカウンティのワイン&ワイナリー vca_maps_sfbayarea_1
家族連れに優しいソノマカウンティ
お子様連れにも優しいワイナリーからカヌーツアー、そしてスヌーピーまで

のどかなカリフォルニアのワインカントリーであるソノマは、意外にも家族連れに優しいバケーションスポットです。まず、ガイザービル付近のフランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーやヒールズバーグにあるベラ・ヴィニヤード・アンド・ワイン・ケーブスは広大な土地に広がり、子供たちを暖かく迎え入れるだけでなく、子供向けの楽しいアクティビティも提供します。

ソノマバレーの家族連れ向け観光地は、ワイナリー以外にも各所にあります。ガーンビルのバークス・カヌーズでパドルを何本かつかんで、1日かけてロシアンリバーを川下り。川岸には、レッドウッドの木陰にあるピクニックスポットが点在しています。小さい子供や鉄道大ファンの大人は、昔ながらの機関車や車両の1/4サイズ模型が約4万平方メートルの公園に散らばるソノマ・トレインタウン・レイルロードが気に入るでしょう。20分間電車に乗れば、トンネルや橋を通り、公園のふれあい動物園と6つの乗り物付近で終わります。

他にも子供に人気が高いのは、ペタルマ・アドビ州立歴史公園にあるバレホ将軍が1836年に開いた今も機能している大牧場です。ここでは羊の毛刈りイベントやゴールドラッシュ以前のカリフォルニアの様子を演じるパフォーマンスなどの特別イベントが開催されます。(詳しくは公園のスケジュールをご覧ください。)

かわいいスヌーピーでお馴染みのピーナッツ(チャーリー・ブラウン)の漫画家チャールズ・シュルツが長年住んだことで有名なサンタローザでは、チャールズ・M・シュルツ・ミュージアムを訪れ、スヌーピーとその友達の像によじ登らせてあげましょう。館内では、子供も大人も、何千枚という手描きのスケッチや連載漫画の原稿を楽しむことができます。他にも漫画キャラクターの描き方の特別レッスンを受けたり、博物館内の映画館で1965年リリースの『スヌーピーのメリークリスマス』やその他のピーナッツ映画作品を鑑賞することができます。その後で博物館の向かい側にある、スイスのシャレー風アイスリンク「スヌーピーのホームアイス」ですいすい滑りましょう。(リンクの「ウォームパピィ・カフェ」でココアを飲むのを忘れずに。)

サンタローザには他にも、有名な園芸家ルーサー・バーバンクの約4千平方メートルに及ぶ農場、ルーサー・バーバンク・ホーム&ガーデンズがあり、バラの匂いを嗅いだり、野菜の栽培について学んだり、鳥を見つけることができます。