Error message

  • Lingotek profile ID 4 not found.
  • Lingotek profile ID 3 not found.
 グリフィス天文台 vc_spotlight_griffithpark_module1_observatory_rf_601930068_1280x640
EH Stock/Getty Images

グリフィス天文台

Los Angeles County
グリフィス天文台
星を観測し、ハリウッドの歴史を辿る

1935年に完成したグリフィス天文台は、ハリウッドの看板と同じぐらい有名な場所です。Friends Of The ObservatoryディレクターのBonnie Winings氏いわく「宇宙と科学、ロスアンジェルスの美しい風景、そしてアールデコ様式がお好きな方なら」その魅力に惹き付けられるはずです。

一方、映画ファンは、グリフィスパークにあるこの天文台を、2016年の映画『ラ・ラ・ランド』で、ライアン・ゴスリングとエマ・ストーンが満天の星の下でワルツを踊ったシーンの舞台としてご存知のことでしょう。アカデミー賞を受賞した同作品の前には、1955年の『理由なき反抗』の舞台にもなりました。ジェームス・ディーン演じる転入生が、プラネタリウムの中でクラスメイトに良いところを見せようとしますが、駐車場で刃物を使った喧嘩に巻き込まれてしまいます。

興味深い事実としては、ジェームス・ディーンは弱冠24歳で亡くなる直前に胸像を発注しており、この胸像は現在、天文台前の芝生近くの目立つ場所に展示されています。今でも胸像を写真に撮るファンが多く、Winings氏いわく「背景にもハリウッドの看板があるから」と語っています。 

天文台から、間違いなくロサンゼルス随一の絶景を眺めるだけの方もいらっしゃいますが、ここには見どころが満載です。グリフィス天文台では、遠大な宇宙にいざなうプラネタリウムのショーが一年中開催されています。レナード・ニモイ・イベントホライゾンシアターでは、映画や特別なイベントのほか、星空を探索するテレスコープパーティも催されます(スケジュールなどはカレンダーで確認してください)。嬉しいことに、天文台への入場は無料です。

天文台を訪れる前後に、キッシュやサクサクのスコーン、コーヒーなどで腹ごしらえしたいなら、付近の森の中にあるトレイルズカフェがお勧めです。道路沿いに駐車場もありますが、やる気があれば天文台から約5kmのルートをハイキングして訪れることも可能です。

 グリフィス天文台 vc_spotlight_griffithpark_hero_rf_815660072_1280x640
JB Lumix/Getty Images

Spotlight: グリフィスパーク

グリフィスパークは、サンタモニカ山脈の東端にある、広さ約1,800ヘクタールというロサンゼルス最大の市営公園です。公園内には山脈や峡谷もあり、巨大な都市圏の中心に位置する荒々しい丘陵地帯と、さまざまな文化を目にすることができます。

ハイキングをしたければ、この公園で最も高い、標高約495メートルのハリウッド山の頂上に通じるものなど、低木が生い茂る斜面に設けられた、全長80キロメートル以上に及ぶトレイルの中からあったものを選ぶといいでしょう。また、別のトレイルは、オールド・ロサンゼルス動物園に通じています。ここでは、50年以上も放置されたままの動物の囲いが見られます。舗装されていない道路は、マウンテンバイクやトレイルのサイクリングにも利用可能。サンセットランチから出発するガイド付きツアーに同乗すれば、ハリウッドサインの絶景が楽しめるでしょう。

グリフィス・パークには、洗練された文化もあります。オートリー・アメリカ西部博物館では、アメリカ西部の芸術を学べます。野外ギリシア劇場は、有名ミュージシャンお気に入りの演奏会場となっています。子供達は、ロサンゼルス動物園&植物園でコアラやコモドオオトカゲを間近に見ることができます。ロサンゼルスを一望できる高台にある、アールデコ様式のグリフィス天文台は、宇宙へと誘う扉と言っていいでしょう。

この広大な市営公園は、2016年に大ヒットを記録した映画『ラ・ラ・ランド』の舞台となったことで有名になりました。ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有名なダンスを踊った場面で、背後に見える夜景は、グリフィス・パークの丘から見下ろした光景です(後で詳しく説明します)。しかしグリフィス・パークは、何世代にもわたって受け継がれているものです。1896年、一風変わったところのあった鉱山王グリフィス・J・グリフィスが、ロサンゼルス市に、広さ1,200ヘクタールのランチョ・ロス・フェリスの地を寄贈したのがそもそもの始まりです。このクリスマスプレゼントは、「一般の人たちのための休息とリラクゼーションの場」として使用されることになりました。最初にグリフィスが土地を寄贈してから、公園は少しずつ広くなり、今では年間1000万人以上が訪れるまでになったのです。

 グリフィス天文台 VCW_SI_T6_Zoos&Aquariums_LAZOO_vmiramontes_Flickr_1280x642
VMiramontes/Flickr

ロサンゼルス動物園&植物園

Los Angeles County
ロサンゼルス動物園&植物園
エキゾティックな動物たちに会いに行こう

アフリカのサファリやアマゾン川の冒険に行く時間がない方は、ロサンゼルスのグリフィスパークにあるこの素晴らしい(そして、素晴らしく多彩な)アトラクションで、野生の王国を散策しませんか。レインフォレスト・オブ・アメリカズの熱帯の生育環境を探索し、チンパンジーズ・オブ・マハレマウンテンズでは、滝、ヤシの木、岩がある自然な環境で暮らしているチンパンジーたちを観察しましょう。(世界的に有名な霊長類学者のジェーン・グドールは、このチンパンジーの家を、世界で最も素晴らしい動物園の生育環境の一つであると称えています。)

ロサンゼルス動物園では1,100種類以上の動物が暮らし、その中には29の絶滅危惧種も含まれています。美しいスマトラトラ、危険なコモドドラゴン、鮮やかなオレンジ色のオランウータンを近くから(でも安全な場所で)見てみましょう。この動物園は、7,500以上の植物を有する植物の楽園でもあります。また、子どもたちも楽しめるカリフォルニアコンドル・レスキューゾーンも訪れてみましょう。絶滅の危機に瀕していた州のシンボル、カリフォルニアコンドルを救う取り組みにおいて、この動物園が重要な役割を果たしてきたことが分かるでしょう。

知っておくと便利な情報: 動物園内のインディアン・ライノ・エンカウンターでは、サイと触れ合うことができます