究極の北カリフォルニア VCW_D_NC_T1_RedwoodNP_Manley-sized
Harriot Manley/Sunset Publishing

Trip 8〜10日間 10 stops

究極の北カリフォルニア

カリフォルニア州の北半分をぐるっと回るこの旅では、サンフランシスコヨセミテレイクタホ、そして雄々しい景観が連なる北部沿岸にそびえ立つレッドウッドの原生林など、地域を代表する観光地10ヵ所を巡ります。

究極の北カリフォルニア VC_Hero_Manley -1280x642
Harriot Manley/Sunset Publishing

サンフランシスコ

1
サンフランシスコ
きらめく湾、魅惑の街

面積は130平方キロメートルに満たなくても、サンフランシスコは世界でも有数の素晴らしい都市として位置づけられるだけの正当な理由があります。貴婦人にたとえられるビクトリア様式の家々、由緒あるケーブルカー、ダイナミックな多様性、美しいウォーターフロント、そしてそびえ立つ深紅の橋で名を知られる「湾岸の街」は、どんなアドベンチャーを始めるのにも最適です。

別名「ザ・シティ・バイ・ザ・ベイ(湾の隣に広がる都市)」と呼ばれるサンフランシスコ。この街では、車はどこかに置き、歩いて、または自転車で、あるいはいろいろな公共交通機関を使って、あちこち回るのが一番です。自転車に乗ってゴールデンゲートブリッジを往復したら、かつての軍事基地で今は公園となっている緑濃いプレシディオ地区を探訪。さらにゴールデンゲートパークに入り、とびきりのミュージアムを見学。隠れた魅力のスポット、ストウレイクでボートに乗るのも一興です。エンバーカデロ地区からフィッシャーマンズワーフにかけては海沿いの平坦なコース。科学の体験学習が楽しいエクスプロラトリアムもチェックしてみてください。

レンタル自転車を返却したら、ケーブルカーに飛び乗って丘を越え、メイシーズやナイキタウン、サックスフィフスアベニュー、ニーマンマーカスなど、高級ショッピングが楽しめる賑やかなユニオンスクエアに向かいましょう。スクエア内のエンポリオ・ルリで、イタリアのペイストリーとカプチーノでほっと一息。高級ブティックが並ぶ近くの小道、メイデンストリートの散策は逃せません。ここは日中は歩行者専用のエリアとなり、通りにはカフェのテーブルと椅子がおしゃれに並びます。すぐ近くのマーケットストリートには、魅力一杯のショッピングセンター、ウェストフィールドモールがあります。かつては薄汚い印象だったマーケットストリートですが、今ではたくさんのテナントが入り、地下にはデラックスなフードコートまで設けられ小粋に変身しています。日が暮れたら、シアターが立ち並ぶエリアでショーを楽しみ、素敵なナイトライフを体験してください。あるいはノースビーチに足を延ばし、賑やかで大胆な内容がサンフランシスコを代表するエンターテイメントになっている「ビーチブランケットバビロン」を堪能するのは、とりわけおすすめです。ナイトスポットとレストランが充実したエリアをお探しなら、トレンドをとらえた多彩なレストランとバーが並ぶミッション地区のバレンシアストリートへ。バイライトアイスクリームで夜更けの至福のひとときをお楽しみください。

さてサンフランシスコベイエリアからは、セントラルバレーを抜けてシエラに向かい、カリフォルニア州最初の国立公園であるヨセミテを目指しましょう。ヨセミテへは、いくつかのルートが利用できますので、オークハーストやマリポサなどのゴールドカントリーの街や、シエラ山中の街グローブランドなど、いくつかのスポットに立ち寄ることができます。 

その他のアイデア
次の目的地
ヨセミテ国立公園(266キロメートル、3時間6分)
究極の北カリフォルニア EurekaCarsonMansion.CourtesyRedwoods.info__2
ハンボルトカウンティ観光局提供

ユーリカ

1
ユーリカ
自然と文化が融合するアートに溢れたビクトリア朝の港町ユーリカ

サンフランシスコとオレゴン州ポートランドの間にある最大の沿岸都市で、活気あふれる港町ユーリカは、二つの異なる魅力を併せ持っています。立派に修復されたビクトリア朝時代のオールドタウン地区は歴史を感じるたたずまいで、保護された港には今でも年季の入った漁船が出入りし、木材運搬トラックがゴトゴト音を立てて町を走る一方で、近隣の町アーケータにあるハンボルト州立大学のおかげで環境意識が高い大学街の雰囲気が漂っています。19世紀の建築様式の華麗な邸宅が何百も立ち並び、木材業がもっとも繁栄していた時代のユーリカを現在に語ります。セカンドストリートの端に位置し、現在は会員制のクラブとなっているカーソン邸は、クイーンアン様式の見本とも言える豪邸です。市全体が州定歴史建造物となっており、小さな町の素朴な雰囲気の中に自然と文化が融合し、人々を惹きつけてやみません。

まずはウォーターフロントから。海岸沿いの美しい遊歩道からは港や隣接するハンボルト湾がよく見えます。小さな海事博物館を見学してから、発動機船マダケット号に乗りましょう。1910年以来、湾を定期的に運航しているよく整備されたフェリーボートで、75分のガイド付きクルーズが楽しめます。隣接するオールドタウンでは、素晴らしいユーリカ・ビジターセンターに直行しましょう。地元産のワインやビール、地元で採れるカキを味見したり、近くのギャラリー、ギフトショップ、レストランなどの情報を仕入れたり、ガイド付きのツアーや各種アドベンチャーを予約することができます。

険しい沿岸部に沿って南に向かいましょう(道中は、写真スポットが満載です)。行く先は、カリフォルニアで最もロマンティックな集落があるメンドシーノです。

究極の北カリフォルニア VCW_D_NC_T2_MendoHeadlands_KG
コディアック・グリーンウッドの撮影によるメンドシーノ・ヘッドランズ

メンドシーノ

1
メンドシーノ
アートとカルチャーが母なる自然と融合する、海辺のおとぎ話のような村

ここは、深い森と表情豊かな海に挟まれ、波に削られた崖の上に作られた魅力的な街です。人里離れたメンドシーノは、住民が1,000人にも満たない小さな街。ため息の出るようなノースコーストの景色に包まれて、ひっそりとたたずんでいます。そのドラマティックな環境により、アーティストが自然に集まるメンドシーノ。至る所で、イーゼルを立てパレットを片手に、キャンバスに向かって風景を描いている人々の姿を見かけます。メンドシーノは散策にもぴったり。地元アーティストの作品を売るショップが並ぶ小さな通りを見て回り、カフェで地元の人たちとおしゃべりしましょう。断崖沿いの散策もおすすめです。特に、霧のない日の夕暮れ時は素晴らしい景色が見られます。メンドシーノの自然豊かで都会から離れた環境は、従来の考えにとらわれず、環境保護意識の高い人たちも引き寄せており、多くの場所で「オーガニック」の文字を見かけます。おとぎ話の家が現実になったような、ビクトリア調の家屋を改築したベッド&ブレックファストには、カジュアルなものから高級なスタイルまでさまざまなタイプがあります。また、メンドシーノはグルメをテーマにしたイベントを催すには最適な場所です。毎年恒例のキノコ、ワイン、カニを楽しむフェスティバル、さらにこの街を象徴するクジラを称えるフェスティバルでも有名です。 

目の前に太平洋が広がっていることを考えれば、メンドシーノに海の幸がふんだんにあることは、ちっとも不思議ではありません。サケ、ビンナガマグロ、タラ、ダンジネスクラブ、アワビは、この地域のレストランで楽しめるシーフードの一例です。レストランは正装が必要な高級店から、地元の人と一緒にくつろげるカジュアルな店までさまざまです。特別な日のディナーには、獲れたてのシーフードを新鮮な味を生かして調理するトリリアム・カフェに行ってみましょう(キンムツたっぷりのブイヤベースや、地元産の天然キングサーモンのクリーミーなパンプキンシードペスト添えがおすすめ)。エレガントなマッカラム・ハウスB&B内にあるグレイホエール・バー・アンド・カフェでも、日替わりのシーフードスペシャルを楽しめます。

シャツにパンくずが付いている人を見かけたら、グッドライフ・カフェ&ベーカリーに行ってきたと考えて間違いないでしょう。地元の人は、季節限定のハックルベリーデニッシュなど、この店のペストリーの味を「信じられないほど美味しい」と表現します。ここでは身体にいい、オーガニック、フェアトレードがキャッチコピーとなっています。

耳より情報: 新鮮な釣りたての魚が欲しいなら、地元の漁船をチャーターして、自ら釣ってみましょう。

険しい海岸線をさらに南下します。歴史的な街であるフォートロス(かつては、ラッコの皮を求めるロシアのハンターたちの狩猟基地でした)や、ロシアンリバーの河口に開けたジェナーに立ち寄って一休み。その後は、この旅の最終目的地のミュアウッズを目指します。サンフランシスコのすぐ北、沿岸部に群生する背の高いレッドウッドの森です。

その他のアイデア
次の目的地
ミュアウッズ(240キロメートル、2時間59分)