ルート66 - マザー・ロード VCW_TI_9_Hero_Route66_THero_IE_GlassSculpture_Lauridsen1280x642
Dave Lauridsen

Trip 3〜4日間 10 stops

ルート66 - マザー・ロード

この伝説のルートは、カリフォルニア・ドリームを求めて西を目指した、20世紀の開拓者たちが往来した主要な経路に沿って延びています。小説家ジョン・スタインベックが「母なる道」と呼んだ歴史を秘めたこのハイウェイをたどって、1930年代から1960年代にかけて起こった大規模な人口移動の面影を見つけてください。

本来のルートのほとんどは失われてしまったか、または経路が変更されてしまい、残された遺構もところどころに存在するだけですが、主要なポイントをつなげてその名残を強く体感することができます。ぜひルートの一部をドライブしてみてください。このルートを探訪するコツは、昔とは逆方向に走ってみること。50年代と60年代には、ほとんどの人々が東から西を目指しましたが、今楽しむなら、陽光がまぶしい海岸部のサンタモニカから出発し、ネバダ州境に近いドラマティックなカリフォルニア内陸の砂漠に向かうのがおすすめです。もちろん、半世紀前と同様に、西を目指して昔の足跡をたどれば、得られる感慨もひとしおです。

ルート66 - マザー・ロード SantaMonica_BikePath_JoakimLloydRaboff_1280x642_0
Joakim Lloyd Raboff

サンタモニカ

1
サンタモニカ
Visit the perfect sunny strip for sand, surf, and shopping

5.6キロメートルものビーチに面したこの牧歌的な海沿いの街から、南カリフォルニアの旅を始めましょう。ロサンゼルスのダウンタウンから西へ数分間の場所なのに、ここは都市というより週末の小旅行気分が漂う別天地。ロサンゼルス国際空港からシャトルを利用(南へ13キロメートル)するなど、車を使わないオプションでもリラックスに最適な目的地です。長く連なるビーチを散策したり、賑やかなピア(アミューズメントパークや乗り物もお見逃しなく)を満喫したりと、渋滞や駐車場の心配を忘れて楽しんでください。もう一つのおすすめチョイスは、自転車を借りて(レンタルショップはたくさんあります)、マーヴィンブローデ・コースタルバイクトレイルを回って街を巡るオプションです。地元では「ザ・ストランド」として知られるこの自転車道は、きれいに舗装された多目的トレイル。サンタモニカの南からトーランスに至るまで、海岸線に沿って約35キロメートルにわたって整備されています。

サンタモニカはまた、真に素晴らしいショッピング体験が楽しめる街でもあります。ダウンタウンの歩行者天国、サードストリート・プロムナードには、屋外の高級ショッピングモールであるサンタモニカプレイスをはじめとする有名ブランドショップやギャラリーが建ち並び、映画館やコメディショーの劇場があります。その屋上に展開されているザ・マーケットは必見。高級な食の専門店が、豊かな創造性を表現した職人技の料理を提供しています。お好みの料理を選んだら、カジュアルなデッキで海を眺めながら、最高の味覚を楽しんでください。夕日が海に落ちる光景は格別です。ショッピングといっても新鮮な食品を求めたい人には、街の通りで毎週開催されるサンタモニカならではのファーマーズマーケットに出かけてください。一年中開催されるファーマーズマーケットですが、それぞれがユニークな特徴を持っています。バージニアアベニューのマーケット(毎週土曜日)はピクニックができる芝地がポイント。ヘリテージスクエアの会場(毎週日曜日)ではマリンストリートでのジャズ演奏が見もの。またサンタモニカのダウンタウンで開催されるマーケット(毎週水曜日と土曜日)では、有名シェフが新鮮な食材を買い求める姿を目にすることができます。

海岸エリアを満喫したら内陸に足を延ばし、南カリフォルニアを代表するテーマパーク、ユニバーサルスタジオハリウッドを訪れましょう。

Next Stop
ユニバーサルスタジオハリウッド(21マイル/34km 30分)
ルート66 - マザー・ロード VCW_D_LA_T2_Universal_Manley1280x642
Harriot Manley/ Sunset Publishing

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド

2
ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド
映画のマジックと大型アトラクション

伝説のハリウッドヒルを車で通り抜けると、映画スタジオとテーマパークが一体化したこのユニバーサルスタジオハリウッドに到着します。ユニバーサルスタジオハリウッドは、舞台裏ツアーや映画製作の秘密を、アクティブでエキサイティングなライドで巡るアトラクションが訪れる人を魅了します。有名な映画の世界に入り込む興奮を体験してください。隣接するエンターテイメント空間は、ネオンライトも華やかなショップとレストランが建ち並ぶユニバーサルシティウォーク。ここでは、テーマパークの体験をさらに延長して楽しむことができます。

過去何十年もの間に合計1億5,000万人以上の乗客を集めてきた伝説のトラム。映画作りの舞台裏見学へと出かけます。とはいえ、あくまでテーマパークのアトラクションですから、ブラッド・ピットが歩いていることはおそらくないでしょう。それでも楽しいひとときは保証付き。話上手のガイドはまるで、教育ビデオのパロディシリーズで知られる深夜の人気コメディアン、ジミー・ファロンかと思うほどです。それにこのアトラクションでは、実際にユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの舞台裏を見ることができ、「サイコ」、「ジョーズ」、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」といった人気映画の再現シーンも体験できます。サウンドスタジオと撮影セットを通り抜け、特殊効果がどのように作られるのかも見学します。巨大なクモとキングコングのおぞましいバトルの様子を肌で感じてください(その真っただ中に置かれます)。

知っておくと便利な情報: スタジオの舞台裏ツアーには長い行列ができることもありますが、トラムの乗車定員は数百人と大きく、頻繁に出発していますから、案外速く進みます。ちょっぴり贅沢なVIPスタジオツアーを利用すれば、入場待ちの行列をスキップできます。すべてのライドとアトラクションを最前列で楽しめる特典も付いています。

この後は、東に車を進め、緑がすがすがしいパサディナに向かいましょう。さまざまなミュージアムやガーデン、とびきりの歴史的建造物が待ち受けています。

Next Stop
パサデナ (16マイル/26km 23分)
ルート66 - マザー・ロード VCW_TI_9_T3_playhouse_district-_couple_sitting_on_bench_1_20100922_1832161746-1280x642
Courtesy of Pasadena CVB

パサデナ

3
パサデナ
Sophisticated and refined, with top museums, great shopping, and one of California’s prettiest homes

ロサンゼルスのダウンタウンから北東に向かうと到着するパサデナは、ちょっぴり気取った街。古くから富裕層の静養地として知られてきました。思い思いの形とスタイルを誇る大邸宅群を眺めながら、緑に覆われた道をドライブし、1907年に開業した象徴的なホテル、ランガム・ハンティントンへ向かいましょう。ボールルームやテラス付き庭園など、上流の雰囲気に包まれたこのホテルで、スパトリートメントを楽しんでください。ついでに近くにあるギャンブルハウスを見学しましょう。この建物はアメリカのアーツ&クラフツ建築の見事な代表例です(ガイドによる見学ツアーが、毎週木曜日から日曜日の正午から午後3時まで実施されています)。ハンティントンライブラリーは、図書館、美術館、植物園を擁する広大な施設。価値ある芸術品の数々を巡れば、日頃のストレスも解消される新境地を体験できます。また、ヨーロッパの豊富な絵画コレクションが自慢のノートンサイモン美術館ではミュージアムショップをチェックしてみてください。その後に食事を楽しむなら、美しく修復されたオールドタウンや、おしゃれな複合施設のパセオコロラド、またはサウスレイクアベニューなどがおすすめです。そしてロウズボウルを訪ねるときは、スケジュールを確認して時間を確保し、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)ブルーインズのフットボールゲームをぜひ観戦してください(ロウズボウルはまた、カリフォルニアきってのフリーマーケットの会場でもあります。通常、毎月第二日曜日に開催されます)。

次はここから東に急ぎ、オートクラブ・スピードウェイがあるワールドクラスのNASCAR(ナスカー)レーシングのおひざもと、フォンタナに向かいましょう。

Next Stop
オートクラブ・スピードウェイ (44マイル/71km 56分)
ルート66 - マザー・ロード VCW_D_IE_T4-480222553-sized_1280x642
Courtesy of Auto Club Speedway

オートクラブ・スピードウェイ

4
オートクラブ・スピードウェイ
有名コースを走るレースに、気分は急上昇

そびえ立つサンガブリエル山地の麓に沿って州間高速道路210号線を進み、フォンタナの伝説的なスピードウェイで、世界トップのレーシングカードライバーたちの技を見物してください。NASCAR(ナスカー)、INDYCAR(インディーカー)、ドラッグ・レース。オートクラブ・スピードウェイなら、そのどれをとってもパワフルな車とハイスピードなアクションを愛するファンにあらゆるスリルを与えてくれることでしょう。ナスカー主要イベントの1つ、春のオートクラブ400では、Dの形をした3.2キロメートルのサーキットがトップドライバーたちを引き寄せます。インディーカーのイベントには、夜間照明の下で実施されるシーズン最終レースのMAVTV 500も含まれます。ナスカー、インディカー共に、マシン(ときにドライバーも)を間近に見てその魅力を味わい尽くすなら、レース前のピットパスを手に入れることをおすすめします。また、レースも間違いなく大人気ですが、他にもライブパフォーマンスやスタントショーなどもあり、さらには敷地内でのキャンプも可能です。

オートクラブ・スピードウェイなら、そのどれをとってもパワフルな車とハイスピードなアクションを愛するファンにあらゆるスリルを与えてくれることでしょう。ナスカー主要イベントの1つ、春のオートクラブ400では、Dの形をした3.2キロメートルのサーキットがトップドライバーたちを引き寄せます。

スピードウェイのオートクラブ・ドラッグウェイもまた、全米ホットロッド協会主催のイベントの開催地となっています。自分の勇気をアクセルペダルに乗せて思い切り踏み込んでみたいという人は、スピードウェイにて年間を通じて開催されているレーシングスクールに出席してみては? ドライブに出かける時に、レースのスケジュールをチェックして、どのようなイベントが行われているか確かめてください。

次は、ここから東にすぐのところにあるサンバーナーディーノに向かいます。レースの爆音から遠ざかり、心静かにミュージアムを巡ってみてください

詳しくは
Next Stop
サンバーナーディーノ (17マイル/27km 19分)
ルート66 - マザー・ロード VCW_D_IE_T7_SanBernardinoMuseum_Stevens_1280x642_0
Brian Stevens

サンバーナーディーノ

5
サンバーナーディーノ
地域の美術館・博物館を訪れて、地域と自然の歴史を発見し、世界中の芸術を鑑賞しましょう。

NASCAR(ナスカー)レーシングの興奮でテンションが上がった後は、少し落ち着いた時間がなにより。このエリアの主要都市であるサンバーナーディーノには代表的なミュージアムが2つあり、静かながら魅力に富んだ内容は、旅の中休みにぴったりです。

サンバーナーディーノ・カウンティ博物館では、ネイティブアメリカンの工芸品や鉱山用の道具、木材を運ぶワゴン、インランドエンパイアを築くために貢献した蒸気機関車などの展示を通してこのエリアの過去について色々なことを教えてくれます。また、博物館では、この地域の柑橘類栽培の伝統を称え、砂漠庭園と生きた動物のいる展示室、エクスプラネーション・ステーションでその自然環境の素晴らしさを伝えています。

カリフォルニア州立大学サンバーナーディーノ校にあるロバート&フランシス・フラートン美術館は、何千年におよぶコレクションを誇ります。4000年にわたるエジプトの歴史をたどる500点以上の工芸品に加え、古代地中海の陶磁器や現代アート作品などの素晴らしいコレクションの数々を堪能できます。

お次は、ここから州間高速道路15号線で、サンガブリエル山地とサンバーナーディーノ山脈に挟まれたバレーを通り、ルート66の栄華を伝える記念物が満載の砂漠の街へ向かいましょう。

Next Stop
バーストウ (70マイル/113km 1時間3分)
ルート66 - マザー・ロード VCW_D_IE_T10_DE_Route66_Barstow_Lauridsen1280x642
Dave Lauridsen

バーストウ

6
バーストウ
See Route 66 relics, plus bargain shopping

内陸深くの田舎に開けた砂漠の街バーストウは、かつて西を目指して押しかけた移民の足跡を色濃く残す場所です。また、お得な値引き価格で良い物が手に入るアウトレットもあって、別の楽しみ方が揃っています。この地域が誇る記念館、ルート66マザーロード博物館では、まず風変わりな保存収納箱が目を引きます。当時を物語る道路標識や写真をはじめ、20世紀中ごろならではのユニークな品々に、カリフォルニアドリームを求めて西を目指した前世紀の開拓者たちの足跡を垣間見ることができます。もう一つ見逃せないのは、ルート66でバーストウから西にすぐの場所にあるエルマー・ロングのボトルツリーランチです。地元のアーティストの手によるこれらの美しい造形物は、溶接した鉄の「木」に、廃棄物のボトルやヴィンテージのおもちゃなど、お払い箱になったアイテムを飾りつけたもの。それらが集積する光景は圧巻です。この地域の造形の伝統が、いかに強いものかをカラフルに示す好例でしょう。

このエリアを楽しむオプションについては、タンガーアウトレットにあるカリフォルニアウェルカムセンターで詳しく知ることができます。アウトレットでは、お目当ての品のほか、カルバン・クライン、スケッチャーズ、マイケル・コースなど、有名ブランドのアイテムをお手ごろな価格でゲットしてください。

バーストウを発つときは、飲料水をたっぷりと用意し、ガソリンを満タンにすることを忘れずに。次なる目的地は、日常から遠く隔絶されたドラマティックな砂漠の大地です。

Next Stop
モハベ国立自然保護区 (80マイル/129km 1時間13分)
ルート66 - マザー・ロード Mojave_1280x642
Mojave National Preserve

モハベ国立自然保護区

7
モハベ国立自然保護区
砂丘、太古の火山、砂漠の孤独を体験

州間高速道路40号線を東に飛ばすと、人跡未踏の現実離れした光景が、車窓に展開し始めます。平穏かつ静寂。これに勝る美がないことを強く教えてくれるエリアです。647,497ヘクタールもの広大な地域には、ありのままの砂漠の大自然が守られています。この保護区域では、歌うように風に音を立てる砂丘や、ワイルドな姿を見せて数キロにもわたって群生するジョシュアツリーなどを探訪することができます。大昔の火山の噴火口や、役目を終えた採鉱施設の跡、人里離れた農場などをハイキングで巡ってください。この場所では、誰とも出会うことのない一日も珍しくありません。この自然保護区の天候は実に過酷です。夏には容赦ない灼熱の陽射し。冬には凍るような寒さ。夏季のモンスーンシーズンには、驚くべき洪水も発生します。天が作り出す大自然の貴重なシーンを体験するには、常に用意周到で出かけてください。急がずにじっくりと過ごすことで、砂漠の魔術を目にすることができます。

砂漠とは不毛で意味のない土地ではありません。希少な砂漠ガメなど、野生生物の姿を見つけてください(とりわけ夕暮れと夜明けの時間帯には、生き物の動きが活発になります)。春に降る雨が野生の草花を咲かせ、砂漠はカラフルなカーペットをまといます。この広大な大地にも、人と話せる貴重な場所があります。ケルソデポに立ち寄ってください。丁寧に復元されたかつての鉄道駅で、この自然保護区域のビジターセンターになっています。展示物が見学できるほか、貴重な情報が入手できます(金曜日から火曜日の午前9時から午後5時までオープンしています)。

さて、次の目的地も、世界に名の知れた国立公園です。奇妙な形の木々と巨大な岩が織り成すユニークな景観を求めて車を進めましょう。ジョシュアツリー国立公園までの行程では、とてつもない僻地の中を通るハイウェイを(南西に向かって3時間ほど)運転することになります。飲料水とスナック、満タンのガソリンは必須です。旅に最適な音楽を聞きながらのドライブは、またとない貴重な体験になることでしょう。

Next Stop
ジョシュアツリー国立公園 (70マイル/113km 1時間9分)
ルート66 - マザー・ロード VCW_D_Jtree_heroDE_JoshuaTrees_1280x642
Joshua Trees by Alex Farnum

ジョシュアツリー国立公園

8
ジョシュアツリー国立公園
Rugged Mountains, Vibrant Sunsets & Uncountable Stars

巨岩、起伏の激しい山々、金鉱跡、所々に風変わりな木の生えた砂漠平原。地元の人々からは「Jツリー」と称されるジョシュアツリー国立公園は、モハベ砂漠とコロラド砂漠の交差地点にあります。街の由来となったのは砂漠の植物。ジョシュアツリー国立公園は、満天の星が輝く夜の闇が最も美しい。夕焼けも幻想的です。

キーズビューの広大な眺めを堪能するには、良く晴れた日の朝がおすすめです。そこから見えるのは、南カリフォルニアで1番目と2番目に高い2つの山頂: 標高3,302メートルのサンジャキント山と標高3,506メートルのゴルゴニオ山です。パームスプリングスとコーチャラバレーを背景に、東南方向に広大なソルトン湖がかすかに輝きます。さらによく見てみると、真下にサウザンドパームオアシス自然保護区の葉が生い茂る緑色が見えます。空気の澄みきったお天気の良い日に双眼鏡を覗いて、145キロメートル離れたメキシコのシグナル山を見つけましょう。舗装されたトレイルの少し先まで足を延ばし、砂漠の中にだけある静かで穏やかな場所を訪れたい人は、歩道に沿って近隣のインスピレーションピークまで出かけるサイドトリップもおすすめです: 既にキーズビューロードを外れて運転しているため、間違えないようにロストホース金鉱跡のトレイルスタート地点で止まり、ロストホース金鉱跡へ向かう穏やかなハイキングコースを行きましょう。

砂漠の冒険をたっぷりと堪能した後は、スタイルにこだわったおしゃれな街を楽しむのが一番です。パームスプリングスとして総称される砂漠のコミュニティ群を訪れてください。

Next Stop
パームスプリングス (53マイル/85km 1時間9分)
ルート66 - マザー・ロード VCW_D_DE_T2_Sparrows-3-7671-Edit-1280x642
Harriot Manley/ Sunset Publishing

パームスプリングス

9
パームスプリングス
Hipster cool in the desert

サンジャキント山脈の麓に花開いた数々の街は、乾いた砂漠の中に緑が輝く魅力あるオアシスのようなエリア。砂漠にありながら地下の源泉からの水で潤うパームスプリングスは、この地域を象徴するヤシの木に囲まれ、パームデザート、ランチョミラージュ、インディアンウェルズ、そして名前の由来であるパームスプリングスの街などのリゾートコミュニティが並んでいます。街にはクールなミッドセンチュリー・モダンの雰囲気が漂い、くつろぎ方は無限に広がっています。1950年代には、フランク・シナトラやエルビス・プレスリーなどのスターが豪邸を建て、チャンピオンコースでゴルフをプレイし、砂漠の夜を豪勢に飲み明かしました。ヒップで自信たっぷりな昔ながらの気風は今でも健在ですが、次世代の活気もあふれ、人気の新しいレストラン、豪華な宿泊施設、素晴らしいショッピングが楽しめます。また、至る所にカリフォルニアの美しい砂漠が見られます。

パームデザートのおしゃれな地区、エルパセオではたっぷり時間をとって散策しましょう。まずはアートめぐりです。この約2キロメートルの道とその周辺の道は、アートギャラリーが密集する南カリフォルニアでも有数の地区です。ミニ美術館のような魅力的なアートギャラリーでは、アートを近くで見たり、知識豊富なギャラリーのオーナーやスタッフと気軽に話をしたり、特別なオープニングやイベントでアーティストと会うこともできます。次は食事です。ジャズを聴きながら食べる肉汁たっぷりのステーキ(サリバンズ・ステーキハウス)、殻付きの生ガキ(パシフィカ・シーフードレストラン)、薪焼きピザ(サミーズ)などはいかがでしょうか。そしてもちろん、ショッピングははずせません。エルパセオがロデオドライブを思わせるのには理由があります。インテリアも素晴らしいボッテガ・ヴェネタやセントジョンなど、トップデザイナーのブティックが並び、クレジットカードを振りかざして入りたくなるような魅力に溢れています。エルパセオショッピング地区のガーデンズには、サックスフィフスアベニュー、アンテイラー、ポッタリーバーン、ブルックスブラザーズ、トミーバハマなど、さらにお店があります。

この後は、カリフォルニア最大の州立公園であるアンザボレゴに足を延ばしましょう。ヤシの木が茂るオアシス、野生の動植物、ユニークな形状の谷など豊かな自然と、アメリカ先住民の歴史が色濃く残る土地です。

 

Next Stop
アンザボレゴ砂漠州立公園 (88マイル/142km 1時間34分)
ルート66 - マザー・ロード VCW_D_DE_T5_Anza-Borrego_Manley-1280x642
Anza-Borrego by Harriot Manley

アンザボレゴ砂漠州立公園

10
アンザボレゴ砂漠州立公園
Wild, Remote & Unforgettably Beautiful

この公園に向かう途中に、ボレゴスプリングスという小さなコミュニティを通ります。この街のビジターセンターに立ち寄って、芸術家リカルド・ブレセーダが制作した金属の彫刻作品を巡るドライブマップを手に入れてください。壮大なる有史以前の動物を題材にした見事なコレクションが、砂漠の光景の中に展開しています。

アンザボレゴ砂漠州立公園のメインの入口とビジターセンターは、ボレゴスプリングスの南の端にあります。この公園名は、1774年にこの砂漠を横断した有名なスペイン人探検家フアン・バウティスタ・デ・アンザの名と「羊」を意味するスペイン語を組み合わせたもの。カリフォルニア州最大の州立公園であるこの砂漠の保護区では、荒れ地、ヤシの木のオアシス、細い渓谷、サボテンの丘などが広がる242,811ヘクタール以上の敷地を保護しています。地質学の教材のようなこの土地の形状は、現在でも浸食や鉄砲水により変化し続けています。人里離れた荒れた土地なので、ほとんどのエリアへは舗装されていない道路を通って車で行くか、徒歩でアクセスするしかありません。悪路でも走行性の良い4WDが好ましい しかし、静寂の世界と思い出に残る美しい自然が待っているので、訪れる価値はあるでしょう。人気のあるウォーキングコースは、ビジターセンターに程近いクリークに沿って、パームキャニオンに向かうトレイル。パームキャニオンは、砂漠に生息するオオツノヒツジを見るには絶好のスポットです。

アンザボレゴからは、南西に向かうと約2時間でサンディエゴに、北西に向かえば約3時間でロサンゼルスに到着します。