Error message

  • Lingotek profile ID 4 not found.
  • Lingotek profile ID 3 not found.
California Dream Boarder board_trip
Visit California

カリフォルニア・ドリームボーダー

California Dream Boarder

カリフォルニアは、スポーツとアウトドアを楽しむ自由な発想と、それを実現してくれる環境がたくさんあります。2020年はカリフォルニアで人気のスポーツ、スケートボードとサーフィンに注目!カリフォルニアを拠点とし、次々と夢を叶えているスケートボーダー堀米雄斗と、プロサーファー丸山千朝が「カリフォルニア・ドリームボーダー・アンバサダー」として、カリフォルニアでのスポーツの魅力を発信していきます。2人のボーダートリップや、プレゼント企画、また、カリフォルニア・ドリームボーダーの一般公募も予定しています!

カリフォルニア・ドリームボーダー企画の最新情報は、カリフォルニア観光局のHPやFacebookTwitter、また、カリフォルニア・ドリームボーダー・アンバサダーのSNSをチェック!

 

California Dream Boarder yuto.08_s_0
©︎XFLAG

SKATEBOARDER 堀米雄斗 - Interview Series: マイ・カリフォルニア

SKATEBOARDER 堀米雄斗 - Interview Series: マイ・カリフォルニア
カリフォルニアで更なる高みへ挑戦

6歳から父の影響でスケートボードを始め、小学生の頃から国内の大会では常に上位にランク、ジュニア時代から数々のコンテストに出場し成績を収めてきた堀米雄斗選手。2018年には、世界最高峰のスケートボードコンテストSLS(ストリート・リーグ・スケートボーディング)ロンドンで、19歳という若さ、そして、日本人で初めて優勝するという快挙を成し遂げました。高校卒業後、カリフォルニアに拠点を移し、メキメキと上達。世界中のコンテストに飛び回り、まだまだ進化を続けています。「カリフォルニアは、スケボーを始めた頃から憧れていました」と話してくれた堀米選手。憧れの地で夢を叶え、のびのびとスケートボードを楽しむ彼に、カリフォルニアでの生活についてお話を伺いました。

 

Q:日本の出身地は?

A:東京です。

 

Q:なぜカリフォルニアに住むことに?

A:元々、スケボーを始めた時から、憧れの選手がカリフォルニアにいるのを見ていて、いつかカリフォルニアに住みたいと思っていました。

 

Q:カリフォルニアに来て良かった / 嬉しかったことは? 

A:広くて、自由なところが好きです。日本でスケボーをすると、怒られることがあって、、、でも、アメリカはゆるいし、たまに警察の人がスケボーに乗ったりとか、、、(笑)。無料でできるスケボーパークもたくさんあり楽しいです。

 

――逆に、ちょっと困っていることなどありますか?

A:車がないと不便ですね。それで、今、車の免許を取りたいんですが、あと少しで取れそうなのに、用事が重なって予約が取れず、なかなか取れないんです。。。

 

――免許が取れたらどんな車を運転したいですか?

A:ポルシェとかアストンマーティンは、かっこいいですね。でも、日本車も最近はかっこいいのがあるし、乗り心地はやはり魅力ですね。

 

Q:平日はどんな生活をしているの?

A:朝起きて、ご飯食べて、スケボーして、寝る、みたいな。。。(笑)あ、でも、時々、英語の勉強したり、、、友達とゲームしたり、、、ですね。ルームメイトとかと、バスケをやったりしてます。

 

Q:週末の楽しみ方は?

A:街中でスケボーの映像の撮影とかしています。街中では、土日にお店が休みになって、スケボーができる場所が結構あるんです。NIKEの企画の撮影だったり。時々、インスタやTwitterにアップしてます。

 

Q:カリフォルニアでお気に入りの場所は?

A:やっぱり、ベニスビーチすね。海もあって、スケボーパークもあって好きです。

 

Q:お気に入りのレストランは?

A:サンタモニカにある「Hayama」という日本食屋さんがオススメです。色々あるんですが、やっぱりお寿司が一番美味しいです。長くいると、やっぱり、日本食が食べたくなりますね。

 

Q:カリフォルニアでドライブ旅行、どこへ行きましたか?オススメは?

A:まだ、カリフォルニアに来て1年なので、そんなに旅行してないのですが、サンフランシスコが良かったです。サンフランシスコは、ダウンヒル(坂道)が多くて、そこでスケボーする人たちを見るのが面白いんです。さっきとかぶっちゃうんですが、ベニスビーチもいいです。ビーチに行くまでにお店がいろいろあって面白いのと、常に、いろんなスケーターがいて、彼らを見るのが面白いです。

 

Q:今、チャレンジしていることは?

A:コンテストを頑張ることですね。一番近いのは、ノルウェーのX-gamesがあるんですが、でも、その開催中に中国の大会もあって、中国のはオリンピックポイントがある大会だから、今は中国の方をメインに考えていて、、、まだ、どうしようか迷ってるんです。(と、8月に答えてくれた堀米選手ですが、見事中国の国際大会で優勝されました!すごい!)

 

——コンテストの時は緊張しますか?

A:あんまり緊張してないでしょ、って言われるんですが、結構緊張しています。

 

――大きなコンテストですもんね。

A:あ、いや、大きいとか小さいとかあんまり関係なく、いつも緊張してます。

 

——緊張をほぐすための、何かおまじないはありますか?

A:おまじないというか、本番の前の10分ぐらいのウォーミングアップで緊張をほぐしています。

 

——ちなみに、勝負飯とかあるんですか?

A:納豆ですかね。。。

 

Q:それでは最後に、雄斗選手にとってカリフォルニアを一言でいうと?

A:僕にとって、憧れの場所です。

 

インタビュー後記:

彼の頭の中は、大好きなスケートボード一色でした。カリフォルニアには、スケートボードができる環境がたくさんあり、それを知って自分をベストの環境に置くために、拠点を移動した彼の行動力は素晴らしいです。そして、スケートボードが上手くなるために”練習”しているという認識はなく、ただただスケートボードが好きで、素直にカリフォルニアでスケートボードすることを楽しんでいる姿に、とても感銘を受けました。強い信念とその技術で、更なる高みに挑戦していく彼を、全力で応援したいです。そして、早く、車の免許を取って、自分の運転でベニスビーチに行き、スケートボードを楽しんだ後は、サンタモニカでお寿司を食べるという、もう一つのカリフォルニアドリームも叶えてもらいたいです。

 


 

Biography

1999年1月7日 東京都出身

スケーターであった父親の影響で6歳からスケートボードを始める。幼少の頃より3メートルもあるバーチカルランプを滑り実力をつけ、10代はじめからは国内の大会では常に上位にランクイン。海外経験も豊富だったが、高校卒業後に本格的な渡米を果たして以降さらなる才能が開花。2017年にスケートボードで世界最高峰のコンペティションであるストリートリーグへの挑戦権を得ただけでも快挙であった中、初参戦からいきなり表彰台を連発。2018年には見事初優勝を果たし、瞬く間に世界のトップ選手に君臨。世界のスケートボードは堀米雄斗の時代に突入した。東京五輪での正式種目採用で注目を集める同競技の金メダル最有力候補としても大きな期待を集めている。

California Dream Boarder img_4917_1

SURFER 丸山千朝 - Interview Series: マイ・カリフォルニア

SURFER 丸山千朝 - Interview Series: マイ・カリフォルニア
カリフォルニアは可能性で満ち溢れていて大好き!

 

 

Q:出身地は?

A:アナハイム、カリフォルニア州

 

Q:サーフィンを始めたきっかけは?

A:サーフィンは父の影響で始めました。週末はよく家族みんなで海に行きました。4歳の頃から父と一緒にサーフィンするようになりました。

 

Q:カリフォルニアのおすすめサーフスポットは?

A:私のカリフォルニアのおすすめサーフスポットはサンクラメンテにある、トラッセルズって言う所です。いつも波が良くて、よく世界のトップサーファー達がここでフリーサーフィンしてます。私は友達と朝早くから行って、帰り道にタコス屋さんでランチして帰るのがいつもの楽しみです。

 

Q:平日はどんな生活をしているの?

A:平日はサーフィン、トレーニング、学校、バイトなどを両立しながら生活しています。朝と夕方は海に入ってその以外の時間はトレーニングか学校かバイトしてます。

 

Q:週末の楽しみ方は?

A:週末は家族と過ごします。お父さんもお母さんも仕事があるので、日曜日は家族全員が集まる貴重な日です。私のお母さんと妹は早起きが苦手なので、朝はお父さんと弟と3人でサーフィンしに行きます。その後、「おそよございまーす」となど言いながらふざけながらお昼頃私達は海から帰ってきます(笑)。夕方は良く愛犬のキナコをドッグビーチに連れて行ったり、みんなで公園に行ったりします。

 

Q:カリフォルニアでお気に入りの場所は?

A:カリフォルニアで私のお気に入りの場所はハンティントンビーチのピアです。砂浜のピアの間から見る海も綺麗だし、ピアの上から見る夜の海は絶景です。

 

Q:お気に入りのレストランやカフェは?

A:私のお気に入りのカフェはラグナビーチの辺りにあるシェイクシャックって言う所です。バーガー、サンドイッチ、ポテト、シェイクなどちょーーーアメリカンな食べ物しかない場所だけどめちゃくちゃ美味しいし、何より景色が最高です。海が真下にある崖の上のカフェなんです。サンセットの時間に行くのがオススメです!あ、後デートスポットに最適かも(笑)

 

Q:お気に入りのアパレルショップやモールは?

A:私のお気に入りのモールはニューポートにあるファッションアイランドです。いろんなお店があるし、とても素敵な場所です。良く友達と行きます!

 

Q:カリフォルニアでドライブ旅行、どこへ行きたい?

A:カリフォルニアでドライブ旅行するならカリフォルニア州の海沿いを上から下まで全部走ってみたいです。同じ海でも景色が全然違うし、街の雰囲気も違うからいろんな所を観光してみるのも楽しそうです!いつかは絶対やってみたいです。

 

Q:今、チャレンジしていることは?

A:今チャレンジしていることはヨガとギターです。ヨガは周りの友達がよくやってるので今教えてもらってます。思ったより難しいし体力使うのでビックリしました。ギターは昔弾いてたんですけど、辞めちゃいました。でも最近はまた弟と一緒にギターの練習してます。

 

Q:千朝さんにとってカリフォルニアとは?

A:私にとってカリフォルニアは可能性で満ち溢れてる場所です。いろんな事ができて、いろんな人達がいて、いろんな経験ができる場所です。

 

 


 

Biography

生年月日 2001年2月26日生

出身地  米国カリフォルニア出身

 

2019年 JPSA 第1 戦 @BALI 4 位(※この大会でJPSA 公認プロを取得)

2019年 NSSA 高校生アメリカ全米 2 位

 

Instagram@chiasamaruyama

  Chiasa Maruyama
PRO SURFER 丸山千朝
カリフォルニア・ドリームボーダー・アンバサダーとして、カリフォルニアで楽しむサーフィンの魅力を発信中!