Getty Center Los Angeles
The Getty Center

重要建築物ベスト12

カリフォルニアバンガローとバウハウス建築の違いを知らなくても、カリフォルニア州の印象的な橋やビル、その他の建築物を訪れることで大いに楽しむことができます。誰もが知る橋を渡ったり(もちろんインスタグラムに投稿)、豪華な城を見学したり、1950年代に流行したシックなスタイルをチェック。サクラメントの州議会議事堂などの印象的なスポットを巡った後は、きっと「二重構造ドームのロタンダ」などの専門用語を使いこなしていることでしょう。

重要建築物ベスト12 VCW_D_SC_T4-Sundial Bridge_i-8p9WWv_R-L.jpg_KG
Kodiak Greenwood

サンダイアル橋

サンダイアル橋
サクラメントリバーにかかる斬新なデザインの橋を歩きましょう

機能的な芸術作品と言うべきこの斬新な橋は、有名なスペイン人建築家のサンティアゴ・カラトラバによる設計。レディングのタートルベイ探検公園内を流れるマスの多いサクラメントリバーにかかっています。長さ213メートルの橋は誰の目から見ても印象的。ガラスブロック製の通路と、日時計の役割を果たす高くそびえる白いタワーと吊りケーブルを備え、この121ヘクタールの公園の重要なテーマである独創性と発明を表現しています。

橋を渡る前に、公園の資料館近くにある昔の伐採作業員の宿泊所を模したポール・バニヤンフォレスト・キャンプ場を散策しましょう。

ミストが立ちこめるバタフライハウスでひと休みして涼みましょう。カラフルな蝶たちが飛び回る様子を眺めたら、資料館に入りカラトラバが描いた橋の最初のスケッチを見ましょう。

橋の北側にあたる川の向こう岸では、マッコーネル樹木園・植物園の原生植物や地中海気候の植物が茂る庭園でくつろげます。またはレンタル自転車でのサイクリングや、ガイド付きのセグウェイツアーに参加して、川辺の道を見て回ることもできます。サクラメントリバーとその周りの美しい景色を堪能するなら、マウンテンバイクのトレイルがおすすめです。

重要建築物ベスト12 VCW_D_DE_ElvisHouse_1280x642
Courtesy of Elvis Presley Estate

20世紀半ばのモダンデザイン

20世紀半ばのモダンデザイン
フランク・シナトラでスイングするパームスプリングスの粋

第二次大戦後、当時の第一線で活躍した建築家の手による建物が数多くあるパームスプリングス。20世紀半ばのアメリカのモダニズムを代表するカルチャーメッカです。州道のハイウェイ111号線から街に到着すると、かつてのトラムウェイ・ガソリンステーションのユニークな建物がすぐに目に付きます。これは、20世紀半ばの名建築家、アルバート・フレイが1965年に設計したもので、現在は、パームスプリングスビジターセンターとして使用されています。この前衛スタイルこそが、この地域の修景を特徴付けています。パームスプリングスの市庁舎でさえ、すべてが鋭角の大胆なカットアウトと円を組み合わせた前世紀半ばのミッドセンチュリーモダンのデザインです。

ビジターセンターではまず、街の案内地図であるマップ・オブ・モダン・パームスプリングスを入手してください。ジョン・ロートナーやリチャード・ノイトラといった影響力のある建築家が手がけた建造物など、ぜひ見学したいスポットが掲載されています。また1か所でいろいろな洞察を得たければ、パームスプリングス美術館の建築デザインセンターがお勧め。1961年に建てられたE.スチュアート・ウィリアムズの設計による、かつての銀行を再利用しています。

"Imagine women in pinched-waist dresses reclining on pink chaises, watching the desert sunset over very dry martinis."

より深い理解を得るなら、専門家が案内するツアーに参加しましょう。パームスプリングスモダンツアーまたはザモダンツアーの両者が、ガイド付きツアーを用意しています。ランチョミラージュにあるクラシックなエステート、サニーランズにも足を伸ばしてみてください。ここは、出版界の大物であるウォルター・アネンバーグと妻のレオノアのために建築家のクインシー・ジョーンズが設計した大邸宅で、見学ツアーが催されています。マッドメンのファンにはたまらない場所です。ウエストをきゅっと絞り込んだドレスに身を包んだ女性が、ピンクの長いすに身を横たえ、度数の強いドライマティーニを片手に砂漠の日没を眺めるシーンが、まさにサマになりそうです。

最先端のアートシーンに触れるなら、バックストリートアートディストリクトを訪ねましょう。数多くのデザインショップの中から、ヴィンテージなスタイルの掘り出し物がきっと見つかります。レトロな雰囲気に浸りたいなら、パームスプリングスで毎年開かれるモダニズムウィークをお見逃しなく。建築物のツアーのほか、人気の装飾店や美術品のディーラーによるアートセールなどが楽しめます。パームスプリングスのモダンスタイルを完璧に味わうには、宿泊施設にもこだわりたいもの。サグアロやエースを初めとする、ミッドセンチュリーのスタイルを美しく修復したホテルやモーテルで、往時の家具やおしゃれなプールに身をゆだねてください。あるいは、シナトラの伝説的なツインパームエステートで一夜を過ごす世紀の大散財も、極め付きの価値ある体験です。ピアノを象ったプールでの時間は一生の思い出になるでしょう。

Sunnylands estate, Palm Springs, California
Courtesy of Sunnylands

サニーランズ

重要建築物ベスト12 vca_maps_deserts_0
サニーランズ
ミッドセンチュリー・モダンの傑作をめぐるツアー

サニーランズは、出版界の大物でイギリス大使のウォルター・アネンバーグと妻のレオノアの旧宅で、90ヘクタールあり、大金持ちで悪名高かったライフスタイルを垣間見ることができます。2,322平方メートルのガラスに囲まれた夫妻の邸宅は、ミッドセンチュリー・モダンの傑作で、印象派の世界有数のコレクションを展示しています。アネンバーグが当時所有していた作品の多くは、現在では美術館で展示されていますが、この邸宅で展示されているモネ、ピカソ、ゴッホなどの巨匠の素晴らしいレプリカは目がくらむほどです。この芸術的スタイルはサニーランズの広大な庭園にも展開し、庭園の多くは色の帯が一面に広がる印象派の作品を思わせる作りになっています。

庭園は無料で散策できますが、邸宅内のガイド付きツアーは、事前に予約して入場券を買っておく必要があります。(待つだけの価値はあります。) 美術品の他に、大統領、著名人、王族など良く知られた人物の肖像画が飾られている部屋もあり、アネンバーグのセレブなライフスタイルをうかがい知ることができます。ちなみに、サニーランズの愛称は「西海岸のキャンプ・デービッド」(キャンプ・デービッドはアメリカ大統領の別荘で、外国の要人をもてなすのに使われる)で、今でも世界的指導者の会合場所としての役割を果たしています。美術館、劇場、屋内・屋外カフェ(サンジャシント山脈の見事な眺望)も、そびえ立つガラスの建物の中に入っています。注: 8月は邸宅も庭園も閉まっています。

重要建築物ベスト12 LA_GettyCenter_1280x642
The Getty Center

ザ・ゲッティセンター

重要建築物ベスト12 vca_maps_losangeles
ザ・ゲッティセンター
L.A.が誇る現代のアクロポリスで、アートの名作と絶景に出会う

ウェストロサンゼルスの北に面した丘に佇むザ・ゲッティセンターは、まるで丘の上のモダニスト都市とでもいうような風貌が特徴。ドラマチックなデザインの建物には、現代アートの名品を展示するギャラリーが連なっています。駐車場からトラムに乗って登っていくこの複合施設は、高名な建築家のリチャード・マイヤーが設計しました。ローマ郊外の採石場から切り出したトラバーチンの石灰岩をまとった純白のゲッティキャンパスです。数々のギャラリーには、ヨーロッパの名作や装飾芸術品、写真などが展示されています。しかも慈善家のJ.ポール・ゲッティの篤志により、すべてが無料で鑑賞できます (ただし、駐車場は有料です)。トータルな芸術性を追及するゲッティは、展示品同様、周囲も素晴らしいアート性に取り巻かれています。噴水と緑陰のあずま屋を配した広々とした中庭、そしてロバート・アーウィンが作庭した堂々たるセントラルガーデンは、ボールディ山からサンタカタリナ島までの広大な眺めを借景とする生きた芸術作品です。エレガントなゲティセンターのザ・レストランで、夕日を眺めながら楽しむちょっと贅沢な食事は、思い出に残ることでしょう。さまざまな無料ツアーが、ガイドなしとガイド付きの両方で利用できるので、より理解を深めることができます。また、コンテストワークショップなど、子供たちにアートに興味を持たせるファミリー向けプログラムも用意されています。

重要建築物ベスト12 WaltDisneyConceertHall_attraction_sized

ウォルト・ディズニー・コンサートホール

重要建築物ベスト12 vca_maps_losangeles
ウォルト・ディズニー・コンサートホール
隅々まで美をまとったオルゴール箱のようなホール

目を見張るステンレススチールのパネルが際立つウォルト・ディズニー・コンサートホールは、フランク・ゲーリーが設計した前衛建築。大型帆船やオリガミで作った花など、さまざまなオブジェクトを連想させる美しい建物です。ダグラスファーを使用した波状の壁とうねった天井に囲まれたこのメインホールでの音楽鑑賞は、まるでバイオリンやチェロの中に入り込んだような感覚だと言う人もいるほど…。つまり、ここを本拠地とするロサンゼルス・フィルハーモニックの演奏はもちろん、連日行われる他の素晴らしいミュージシャンのパフォーマンスも、ただ単に聴覚にとどまらず、視覚も含めたトータルな感覚を繊細に刺激するひとときをもたらしてくれます。「フレンチフライ」のニックネームを持つ中央のオルガンも圧巻です。ガイドなし、またはガイド付きのツアーで、建物の外を巡ってください。3階部分の庭園から眺める街の景色に抱かれながら、デルフト焼きの陶磁器を砕いた素材で仕上げたバラの形をした噴水を鑑賞できます。これは、このコンサートホールの設立を可能にしたウォルト・ディズニーの妻、リリアン・ディズニーを記念するものです。

重要建築物ベスト12 Sac_StateCapitol_1280x642
California State Capitol

カリフォルニア州議会議事堂

重要建築物ベスト12 vca_maps_goldcountry
カリフォルニア州議会議事堂
州政府を見学

格調高い柱と堂々たるドーム屋根を備えた、ウェディングケーキのように真っ白な建物。カリフォルニア州議会議事堂は、ワシントンDCにある連邦議会議事堂のミニチュア版のようです。1869年に建てられたこの議事堂では、無料見学ツアーが開催されています。歴史を学びながら、州務長官、財務長官、知事の執務室に施された大々的な改装工事の成果を見ることができます。ここはもちろん現役の議事堂ですから、議会が開かれていることもあります。傍聴席で法案の審議や表決の様子を見るのも興味深いでしょう。建物に隣接するキャピトル公園は、16ヘクタールの広さに世界各地から集めた木々が植えられています。甘い香りの漂う国際世界平和バラ園も訪ねてみてください。南北戦争の記念樹林も、興味深い場所です。南北戦争の主な戦場跡からの樹木が1897年、ここに植えられました。

重要建築物ベスト12 Fab40s_1280x642
The Fabulous Forties

40番台の建築美

重要建築物ベスト12 vca_maps_goldcountry
40番台の建築美
Classic Architecture, Elegant Homes

イーストサクラメントの40番台のストリートのエリアは、チューダー、コロニアルリバイバル、アーツ&クラフツ、カリフォルニアバンガローなど、様々な建築様式の家が建ち並び、美しい街並みを作り上げています。この界隈は、長年にわたってサクラメントで最もファッショナブルな地区と見なされてきた場所。のんびりと散策してみると、往時の上流社会が誇ったエレガンスの名残をみることができます。ゆったりしたフロントポーチで寛ぐ住人の姿を見ていると、パリッとしたリネンのスーツやフリル飾りのドレスに身を包んで、蒸し暑い8月の午後に冷たいレモネードを飲む人々の姿が見えてくるようです。子供たちは、広々とした通りで自転車乗りに興じています。この道幅の広さは、かつてこの地区で使われた路面電車の名残です。特に回転場では、十分なスペースが必要でした。

この界隈がひときわチャーミングになるのが、ホリデーシーズンです。いくつかの家が豪華な装飾を競い、特別に開催される見学ツアーで訪問することもできます。

重要建築物ベスト12 VCW_D_Catalina_T5_avalon_casino_exterior_1280x642
Avalon Casino by Santa Catalina Island Company

カタリナ・カジノ

重要建築物ベスト12 vca_maps_losangeles
カタリナ・カジノ
アート、風景、パフォーマンスをウォーターフロントの象徴的名建築物でお楽しみください。

アバロン港の北端の壮大な環境に立つ見事な円形の建物、カタリナカジノは、世界大恐慌の直前からカタリナの見張り番として人々を歓迎してきました。この見事なアールデコの建物は、1919年にカタリナ島の経営権を買ったチューインガム界の有力者ウィリアム・リグレー・ジュニアの夢でした。リグレーにとってこのカジノは、到着したすべての人に魔法をかけ、「さあ、ここに美とくつろぎと楽しみがありますよ」とでもいうように、アメリカの不景気から少しの間だけでも逃避させてくれる場所でした。

リグレーにとってこのカジノは、訪れたすべての人に魔法をかけてくれる場所

この建物の中で、リグレーは豪華な舞踏会や公演を主催しました。現在もその伝統は続き、毎年開催されるイベントでは、来場者(時代物の衣装を着て来る人が多い)が今でもカジノの大舞踏場でくるくる舞い、下の階にある複雑な彩色をほどこした映画館で封切映画を見ています。(金曜日と土曜日の夜は開始1時間前に着くように行くと、映画館の豪華なパイプオルガンで生演奏が聴けます。) アバロンの歴史とハリウッドとのつながりを解説するガイド付きウォーキングツアーも必見です。この舞台裏ツアーでは、70年間閉鎖されていた楽屋を覗いたり、ベニーグッドマンなど名高いミュージシャンが熱狂的ファンの前で演奏した舞台の上を歩いたりすることができます。

重要建築物ベスト12 VCW_D_Mendocino_T3_DSC_0197_1280x642
Kelley House Museum

メンドシーノの歴史的建造物

重要建築物ベスト12 vca_maps_northcoast
メンドシーノの歴史的建造物
メンドシーノの国定歴史保存地区について詳しく知るには、ガイド付きツアーへ参加してみましょう

歴史を知らなくても、メンドシーノの可愛らしいビクトリア時代の建物を鑑賞することはできますが、背景を知ることで訪問がさらに有意義なものとなります。1800年代終盤、製材業者がこの地に移住し、巨大なコーストレッドウッドで家を建て始めた当時の様子を詳細に伝えるケリー・ハウス・ミュージアムで、歴史を学んでみましょう。ウィリアム・ケリーが家族のために1861年に建てた建物には、19世紀の家具の豊富なコレクションが並びます。数多い当時の写真が、この小さな街が好況に向かう頃の暮らしを捉えています。ミュージアムの庭園では、近所の子供達が魚釣りを楽しめるようにケリーが魚を絶やさないようにしていた池を訪れてみましょう。

大半が国定歴史保存地区として保護されている街のその他の見どころを回るには、2時間のガイド付きウォーキングツアーがお勧めです(ケリー・ハウス・ミュージアムが週末に行っています)。ガイドが開拓者の家、集会所、当時の商売などについて解説してくれます(Androidユーザーは、音声によるセルフガイドのウォーキングツアーも利用できます)。

View of Bixby Bridge, Big Sur, California
Alex Farnum

ビクスビー橋

重要建築物ベスト12 vca_maps_centralcoast
ビクスビー橋
国内で最も人気の高い橋を渡りましょう

ビッグサー沿岸の被写体としては、おそらく最も数多くインスタグラムに投稿されているであろう、ビッグサー版のゴールデンゲートにようこそ。それもそのはず。素晴らしい眺めを堪能するには、沢山もうけられている待避所に車を停めてみましょう。特に、日没時の橋の南端がお勧めです。

200,000ドル強の費用をかけ、1932年に完成したコンクリート製のこの橋は、ビクスビークリークによって削られた険しいキャニオンの上、79メートルの高さに架かり、この種類の橋の中では世界で最も高いものの中に数えられています。キャニオンの急斜面と崩れそうな崖を見れば、橋を架ける工事が容易でなかったことは一目瞭然です。初めに、へアピンカーブに満ちた狭い一方通行の道を通ってトラックで資材を運び、巨大な木製の骨組みを築かなくてはなりませんでした。45,000袋という気の遠くなるような数のセメントが骨組みに引き上げられましたが、これは重機で重いものを持ち上げることができるようになる前のことです。ひとつひとつの袋は、複数のプラットフォームによるシステムと川の上91メートルの高さに張られたケーブルの吊り紐を介して運ばれました。皮肉にも、道路より先に橋が完成してしまい、その後、カーメル(約24キロ北へ)からサンルイスオビスポへのルートが開通するまでにさらに5年を要しました。

今日(いつものように)、この橋は、専門家から究極のセルフィーを求める人々まで、多くの写真家のための人気スポットです。 しかし、離れているかどうかにかかわらず、複数の視点からこの絶景を眺めてみてください。ここでは360度の視野で洞察することが大切です。