火山、間欠泉、温泉 MtShasta_paraflyer_1280x642
photo by paraflyer/Flickr

火山、間欠泉、温泉

カリフォルニア北部にある雪をかぶったマウント・シャスタやモハベ砂漠のアンボイクレーターなど、カリフォルニアの地形には昔も今も火山の痕跡が点在しています。これらの素晴らしい地形を探索してカリフォルニア州がどのように形成されたのか、探ってみませんか。溶岩洞の中を下り、クレーターの縁まで登り、間欠泉を観察し、自然に温められた温泉につかりましょう。

火山、間欠泉、温泉 vc_spotlight_lassenvolcanicnationalpark_st_rf_112719648_1280x640
Kodiak Greenwood

Spotlight: ラッセン火山国立公園

火山、間欠泉、温泉 vca_maps_shastacascade
Boiling springs, sparkling lakes

蒸気を上げる硫黄の噴出孔、ボコボコと沸く泥水泉、沸き上がる熱湯など、州の北東部の一角に位置するこの驚きに満ちた公園では、活発な地球の姿を見ることができます。公園の代表的な火山であるラッセンピークの山頂が最後に噴火したのは、1914年5月のこと。山は、...

火山、間欠泉、温泉 VCW_D_SC_T6_Mt Shasta_Kodiak__35a2159_1280x642
Kodiak Greenwood

マウント・シャスタ

マウント・シャスタ
ワイルドフラワーが咲く草原、1年中雪が残る雪原、ニューエイジの雰囲気を体験しましょう

レディングの北でターコイズブルーの空を背景にそびえる標高4,322メートルの雄大なこの火山は、州北部のどこからでも見ることができます。だんだんと高くなっていく山もありますが、マウント・シャスタは見事な円錐形で周囲の平地からそそり立っています。雪を頂いた壮麗な姿は、まるで現実ではないかのよう。子供たちが想像する理想の山の形をしています。

子供の絵に描かれる山というイメージとは裏腹に、マウント・シャスタは本物の巨大な火山(最後に噴火したのは1786年です)で、登山家の間では一度は登ってみたい山となっています。

(著名な自然愛好家のジョン・ミューアは、この富士山のような頂きを最初に見たときに、かの有名な「血がワインになったかのよう」という言葉を書き記しました。)登頂は真剣な登山家にまかせて、アウトドアショップのフィフスシーズンのガイドサービスを利用しましょう。フィフスシーズンがある、マウント・シャスタの西側に位置する街は、ニューエイジの雰囲気に満ちています (水晶が並ぶ美しいクリスタルルームでは、この街のエネルギーを感じられます)。

この高山のパラダイスを楽しむのに、重い荷物を背負って登山する必要はありません。ワイルドフラワーが咲き乱れる草原を抜けて涼しい森へと続く、歩きやすい小道があります。山の南側のマクラウドリバー沿いに続く3キロメートルの美しいトレイルを行くと、3つの滝を見ることができます。どれも美しい滝ですが、ミドルフォールは目を見張るほどの絶景です。キャンプ、洞窟探検、ワールドクラスのフライフィッシングも満喫できます。山の西側の斜面に位置する、地元の人だけが知る穴場のマウント・シャスタ・スキー場では、ほぼ毎冬スキーを楽しめます。

火山、間欠泉、温泉 VCW_D_MammothLakes_T4_HS_MammothHotSprings_KG_1280x642
Kodiak Greenwood

マンモスレイクの天然温泉

火山、間欠泉、温泉 vca_maps_highsierra
マンモスレイクの天然温泉
自然の中で天然温泉に入れる場所

堂々たる山の威厳と高山の静寂を備えたマンモスレイクを見ていると、この場所が太古の火山性カルデラの一端にあるとは思えません。約760,000年前、この場所で巨大な火山が噴火しました。噴火後は、比較的なだらかな盆地が残り、それが現在のマンモスレイクになりました。過去の噴火の素晴らしい副産物として、この地域には、一帯に広がる天然温泉ができました。ボコボコと沸きあがる多数の温泉の中には、安全に入ることのできるものもあり、ブリッジポートとマンモスレイクにその多くが集中しています。しかし、それらを見つけ出すのはちょっとした宝探しであるため、国道395号を西に向い、2510号の大通りに入ってすぐのマンモスレイク・ウェルカムセンターで道順を尋ねましょう。そして、お湯につかる際は常に滑りやすい足元に気を付け、お湯が熱すぎる時には、無理せずまた別の日に来てみましょう。

トラバーチン温泉についても聞いてみるとよいでしょう。車で北へ約1時間、最も人気の高い温泉です。ハコヤナギが辺りを囲む峡谷の底にあるバッカイ温泉についても詳しく聞いてみるのがお勧めです。車で南へ約1時間ほど行ったビショップに近い、キーオ温泉では、地下から毎分約2,271リットルの水が湧き出しています。マンモスレイクそのものには、6本のスイミングコースの目印が付いた自然に温められたプール、ウィットモアプールとロックタブがあります(標識表示のない未舗装道路の終わり地点)。モノ郡南部のホットクリーク・ジオロジックサイトでは、お湯につかることはできませんが、温泉や間欠泉、噴気孔(ガスの噴出孔)などを見学することが可能です。

火山、間欠泉、温泉 VCW_D_HS_T5_Mono Lake_VCL_HS_Mono_Kayakers_KG
Kodiak Greenwood

モノレイク・トゥファ州立自然保護区

モノレイク・トゥファ州立自然保護区
不思議な地形、噴石丘、塩分濃度が高い湖など、ユニークな自然の造形を探訪

まるで火星に降り立ったかのような光景は、カリフォルニアでも他の世界でも、ほとんど目にすることができない貴重なものです。まさに別世界を思わせる景色です。シエラ山脈の東端に位置する高山性砂漠地帯のこの保護区は、奇怪な形をしたトゥファ(石灰華)の石塔群が、古代の内海の面影を今なお色濃く残す、100万年前に誕生した塩分濃度の高い湖を取り巻いています。ありのままの自然が連鎖するこの貴重な自然保護区では、餌を求めて湖面を舞う100万羽以上の海鳥が頭上をかすめ、生物たちの日常を鮮やかに目にすることができます。

まずは、リー・バイニングとタイオガパスの北隣り、ハイウェイ395号線からすぐの場所にある整備された案内センターを訪れて、見学スポットやコースなどの知識を得てください(タイオガパスは、モノレイク側からヨセミテに抜ける唯一の山岳ルートです)。案内センターでは、モノレイク・エリアの自然と人の歴史にフォーカスした展示を見学することができます。ここでは、湖がほぼ枯れてしまうほどの取水による重大な環境問題なども取り上げられています (幸いにして、地元のモノレイク委員会の多大な努力によって、湖の消滅は免れました。委員会ではリー・バイニングにギフトショップを設けています)。建物の周囲に巡らされたテラスからは、ドラマチックな景観が楽しめます。西にはシエラ山脈の山並みを望み、東には常緑の低木を中心としたシャパラルの植生を特徴とする砂漠が広がり、それらを背景にして、ウェスタンカモメなどの海鳥が生息する小さなウィザード島を抱いた湖の眺めは格別です。バードウォッチングの散策ツアーは、5月中旬から9月第一月曜日のレイバーデーまでの期間、毎週金曜日と土曜日の午前8時に催されています。ビジターセンターは、毎年12月から3月まで閉鎖されます。

自然保護区の中には、さまざまなハイキングトレイルが整備されており、環境の修復が行われたリーバイニングクリーク沿いの動植物の生態を観察したり、黒曜石と軽石に覆われたこの地域特有の噴石丘を巡る散策が楽しめます。また、サウストゥファ地域では、海水の2.5倍もの塩分を含んだ強アルカリ性の湖水に淡水の湧き水が流れ込むことで形成された炭酸カルシウムの尖塔や小高い丘が連なり、その中にたたずむ湖の展望が間近に迫るハイキングを体験してください。このサウストゥファ地域では、6月下旬から9月第一週のレイバーデーまでの期間、ナチュラリストがトゥファを案内するウォーキングツアーが毎日3回行われています。また、湖を水上から体験するカヤックツアーが、カルデラカヤックによって提供されています。

火山、間欠泉、温泉 VCW_SI_T5_GroverHotSprings_JeffMosers_1280x642
Jeff Mosers/ Flickr

グローバー・ホットスプリングス州立公園

グローバー・ホットスプリングス州立公園
自然に温められたミネラルプールでリラックス

レイクタホから車で南東へ約1時間。ハイシエラの切り込んだエリアの地中から湧き出る天然鉱泉は、地質学的な力と地熱学的な力がこの地形を創り上げてきた証です。静かな山あいの街、マークリービルの西側にあるこの州立公園は、レイクタホを見た最初の探検家であるジョン・C・フリーモントによって1844年に発見されていたのかもしれません。この点については、歴史家たちの意見は一致していません。しかし、1850年代以降、人々がこの地に集まって「治療」目的で回復効果のあるこのお湯につかっているという事実は誰もが認めています。

この公園のプールのお湯は、少量の硫黄を含む6つの源泉から供給されています。ですから、温泉にありがちな「腐った卵」のような強い臭いを感じることはありません。64℃の熱いお湯が地中から湧き出し、コンクリート製の2つのプールに送られる前に冷やされます。1つのプールは入っても安全な39℃、もう1つは水泳や水遊びに適した温度に調整されています。

プールはほぼ1年を通じて営業しています(9月から5月までのオフシーズンや冬季は営業時間が変わるので、事前に530/694-2249に電話してお問い合わせください)。この州立公園には76のサイトがあるキャンプ場とハイキングトレイルがあり、お子様向けの歩きやすいコース(ホットスプリングスクリーク沿いの滝まで行くハイキングがおすすめ)のほか、近隣の高山エリアまで伸びる長距離コースもあります。

火山、間欠泉、温泉 VCW_SI_T6_AmboyCrater_BureauofLandManagement_1280x642
Courtesy of Bureau of Land Management

アンボイ・クレーター

アンボイ・クレーター
6,000年前に噴火した火山の名残の中をハイキング

1973年に国定自然ランドマークに指定され、歴史あるルート66からすぐの場所にあるアンボイ・クレーターは、地質が創り上げた幾何学的な形の見本。ほぼ左右対称の火山性噴石丘になっています。モハベ国立自然保護区内にある高さ76メートルのこの丘からは、全長42キロメートルの溶岩流であるブリストル・ドライレイクやマーブル山脈などを見渡せる壮大なパノラマビューが楽しめます。

整備されたトレイルは丘の西側に沿って緩やかに裂け目へと続きます。かつてその裂け目から玄武岩質の溶岩が広範囲に流れ出し、溶岩湖、倒壊した溶岩洞とくぼみ、溶岩滴丘が形成されました。噴石丘の中央に入ったら、カルデラの中へまっすぐに進むか、火山縁まで続く険しいトレイルを登りましょう。幅460メートルの火山縁から眺めるモハベ砂漠の広大な景色は圧巻。この壮大な地形を背景にすると、砂漠のハイウェイを走る遠くの車はまるでミニチュアのおもちゃのようです。

このスポットに限らず、モハベ砂漠でハイキングをするなら、最高気温が37℃まで上がる晩春から初秋の時期は避け、冬か初春に訪れましょう。この時期であれば比較的快適な気温の中で過ごせるうえ、砂漠の野花の開花も楽しめます。冬の雨によりますが、野花の開花は早ければ2月から始まります。

 

Lava Beds National Monument
Cyril Fluck/Flickr

ラバベッズ国定公園

ラバベッズ国定公園
不気味で歴史ある溶岩洞の中を探検

ラバベッズ国定公園は溶けた大地が創り上げた幻想的な地形が特徴。ここには隕石丘、陥没火口や溶岩滴丘が点在する火山性台地に加えて700以上の洞窟があります。この不思議な地形は、溶岩流の外側が冷え始めて筒状になっていったときに形成されました。溶けた溶岩の流れが止まったときに、固まった筒が残されたのです。

この景色は不毛で荒涼としているように見えますが、近づいてよく見てみましょう。みすぼらしい大地とゴツゴツした溶岩流の黒っぽい岩に、セージの茂み、マウンテンマホガニー、セイヨウネズが点在し、ミュールジカ、プロングホーン・アンテロープ、ウサギのほか、白頭ワシなどの鳥の生息地にもなっているのです。双眼鏡を持参して覗いてみましょう。特に早朝や夜に行くのがおすすめです。

溶岩洞を探検するなら、上着のほか、性能の良いヘッドランプか懐中電灯も持参してください。カリフォルニアのこの地方の夏はかなり暑く、日中の最高気温は37℃以上に上がります。しかし、溶岩洞の中は驚くほど涼しく、氷が一年中残っているところもあります。

溶岩洞は自分たちで自由に探検することができます(洞窟探検の経験は不要。お子様は不思議な形の洞窟に入るスリルにワクワクすることでしょう)。長距離を移動するわけではありませんが、かがんだり、体をねじったり、狭い隙間の中を這って進んだりすることもあるので、結構いい運動になります。これらの洞窟には、1872年~73年のモードック戦争時に隠れ家として使われていた痕跡が残っています。モードック戦争はアメリカ先住民に対して行われたカリフォルニアで唯一の戦いで、アメリカの先住民たちは故郷を守るために米国陸軍と戦いました。

ビジターセンター近くのケーブループロード沿いにある20以上の溶岩洞が一般公開されています。公園内の溶岩洞の大半は難所とされているので、初めてトライする方はホプキンス・チョコレートケーブ(428メートル)かブルーグロットケーブ(469メートル)からスタートするのをおすすめします。究極のチャレンジを楽しみたいなら、壮大なカタコームケーブを探索してみましょう。ここは公園内で最も長く複雑な溶岩洞のひとつで、全長は2,104メートルになります。

火山、間欠泉、温泉 VCW_D_SC_T1_35a5189
Lava Beds National Monument was a training ground for astronauts heading to the moon.
火山、間欠泉、温泉 FossilFalls_GreaterSouthwesternExplorationCo_1280x642
Photo by The Greater Southwestern Exploration Company/Flickr

フォッシル・フォールズ

フォッシル・フォールズ
Rushing river, sculpted black lava

フォッシルフォールズ(Fossil Falls)という名前は、実はあまりふさわしくない呼び名かもしれません。というのも、ここには化石(fossil)も滝(falls)も無いからです。しかし、砂漠の街リッジクレストから北西へ58キロ進んだところにある、艶やかな溶岩の地形の間を歩く体験は、ハイウェイ395号線沿いのドライブのハイライトだと言えます。

この素晴らしい地形は、約2万年前にオーウェンズ川(水が多かった先史時代には、今よりも頻繁に満ちていました)の奔流と近くの火山から流れた溶岩が相互に作用することで形成されました。このようにして、艶やかで彫刻のような黒い溶岩が広がる、別世界のような地形が出来上がったのです。短いトレイルが滝まで伸びており、上から滝を眺めることもできますが、間近で見たい方はトレイルに沿って慎重に滝まで降りて行きましょう(足元が悪い場所もあるので、お子様とは手をつないでください)。この人里離れた高地の砂漠では夜空の眺めも最高です。フォッシルフォールズの11のサイトがあるキャンプ場(敷地に飲用水とトイレ有り)で毎晩楽しめる天体ショーをご覧ください。ピクニックテーブルやキャンプファイヤー用のリングも用意されています。

Insider's Tip: Night skies in this remote high desert locale are also spectacular; check out the nightly celestial show from the Fossil Falls campground with 11 sites (potable water and restrooms on site), plus picnic tables and fire rings.