Johnson's Livery at Columbia State Park, Gold Country, California
Trisha Fawver/Flickr

家族連れにぴったりのゴールドラッシュ・アドベンチャーベスト9

ゴールドラッシュ時代に人々が金を追い求めた川で砂金を探したり、珍しい形の岩を見に、地中奥深く潜ったり、ハラハラドキドキの急流下りを体験したり。これはゴールドカントリーで待っているアドベンチャーのほんの一部。他にも家族連れにぴったりのアクティビティが数多くあります。

カリフォルニア州の州都サクラメントが位置するこの地域には豊かな歴史があり、家族みんなで歴史を楽しく学べます。1848年に初めて金が発見された川で、砂金採りに挑戦するのはいかがですか。州内でも特に金が豊富な金鉱や、ゴールドラッシュで栄えた当時の優雅な邸宅を見学しましょう。レトロな蒸気機関車に乗り、神秘的な洞窟を探検するのも忘れずに。カリフォルニアならではのスタイルで歴史を体験する旅に出かけましょう。

家族連れにぴったりのゴールドラッシュ・アドベンチャーベスト9 VCW_D_GC_T7_WellsFargo_Columbia_Flippen_Webdam-1280x642
Laura Flippen

コロンビア州立歴史公園

コロンビア州立歴史公園
ゴールドカントリーの宝ともいえるこの場所で、1850年代を旅しよう

この公園は、時をさかのぼる鉱山の歴史溢れる遺物とともに、ゴールドラッシュをありのままに感じられる場所。コスチュームを着たガイドたちは、ゴールドラッシュがピークを迎えていた時代の2番目に大きな街として丁寧に保存されたマザーロード・タウンを案内するだけでなく、時代に則したさまざまな店や事業に関わりながら実際にこの街に住み、働いています。本格的な駅馬車に乗り、西部スタイルのサロンで冷えた地元産サルサパリラソーダを注文し、鍛冶屋の加熱炉でその熱さを体験しませんか。ウェルズ・ファーゴのエキスプレスオフィスやその他、カリフォルニアの古い金鉱時代を表す遺物があります。この街は、音さえも当時そのまま。自動車の乗り入れが禁止され、代わりに馬のひづめが響きます。

公園の無料の歴史ツアーは、週末の午前11時に博物館から出発します (6月中旬から9月初旬の労働者の日までは、平日も実施)。第2土曜日の午後には、コスチュームに身を包んだガイドがクラフト体験や特別なツアーなどを案内してくれる、ゴールドラッシュ・デイズを開催。子ども用の砂金採り体験もあります。

知っておくと便利な情報: 夏の間は、暑さと混雑が予想されるため、可能であれば平日朝早くに出かけるのがお勧めです。

家族連れにぴったりのゴールドラッシュ・アドベンチャーベスト9 VCW_D_GC_T6_AmericanRiverRafting_KG1280x642_0
Rob Brodman

アメリカンリバー

アメリカンリバー
砂金探しにラフティング、アドレナリンで刺激いっぱい

急流下りの川として西部で最も有名なアメリカンリバーは、ゴールドカントリーを勢いよく流れていきます。急流、深み、そして滑り落ちる滝が魅力的に入り乱れ、人々をラフティングに誘います。川沿いの豊かな生態系は、アメリカ先住民族によって長い間守られてきたものでしたが、次にやってきた人々、つまり伝説のフォーティナイナーズにとり、川は単に富を手に入れるための手段でしかなく、泥に沈む砂金を洗い出し、金脈をあらわにしようと、水圧式スパウトで川岸は破壊されてしまいました。古い採掘道具の残骸がまだ川の中やその周辺に見られた頃、ゴールドラッシュは、そのほとんどが単なるアドレナリンの刺激へと取り換えられてしまいました。3つのアメリカンリバーの分流はそれぞれ独自のスタイルでの川遊びを楽しめます。ご家族連れにぴったりの半日タイプの水遊びから数日をかけて行われるアドベンチャーまで、豊富に揃います。

どの分流がお気に入りですか? 最も人気があるのは、クラスII~IIIの流れの速さがあるサウスフォークで、ご家族連れや、初めてのラフティングにぴったりです。ノースフォークとミドルフォークの下流では、簡単なクラスIIの流れとなっており、急流カヌーや、カヤックに向いています。しかし上流は、まったく異なるストーリーが展開されています。両フォークの上流部では、ボーガスサンダーや、テキサス・チェーンソー・ママなどと名付けられたクラスIV~Vの激しい急流を誇ります。

銀色の水面にマスが登るアメリカンリバーで、日が落ちるにつれ満天の星空が輝く空を眺める。そんな夜を明かすのも、また格別な趣です。

日帰り旅行はいつも楽しいものであり、それがひんやりと心地よい水しぶきを上げながらラフティングに興じる暑い夏の盛りならなおさらです。しかし、日が落ちるにつれ、銀色の水面に鱒が登るリバーのそばで、満天の星空が輝く空を眺めつつ夜を明かすのも、また格別な趣です。ツアー会社のいくつかは、素晴らしい体験を届けるために全力を尽くしています。O.A.R.S.が主催する宿泊型ツアーには、地ビールのテイスティングを楽しめるものもあります。

家族連れにぴったりのゴールドラッシュ・アドベンチャーベスト9 BlackChasmCavern_SharonHahnDarlin_1280x642
Sharon Hahn Darlin/Flickr

Black Chasm Cavern

Black Chasm Cavern
Go underground to see nature’s subterranean surprises

Gold is not the only treasure hidden underground in this part of the world. Natural caves are another remarkable find in the region. Children love scrambling down into an unseen world of strange formations and, when you switch off the torches, total darkness. Naturally cool caves can also be an inviting escape from the region’s hot summer days. 

This National Natural Landmark, a little more than an hour’s drive east of Sacramento, offers a children friendly 50 minute Walk Tour, letting you see varied rock formations, including stalactites, stalagmites, flowstones, and rare delicate helictite crystals. Do your children have energy to burn? Children ages 8 and up can join you in a 3 hour, above ground Labyrinth Tour. Children must wear hard hats and safety goggles, then they can scramble, slide, climb, and slither through rock formations uncovered by hydraulic mining in the 19th century. 

For tamer discoveries, try gemstone mining, using screen bottomed boxes to sift for treasures, and gold panning, also offered on site.

家族連れにぴったりのゴールドラッシュ・アドベンチャーベスト9 OldSacramento_NickAres_Flickr_1280x642
Nick Ares/Flickr

オールド・サクラメント

家族連れにぴったりのゴールドラッシュ・アドベンチャーベスト9 vca_maps_goldcountry
オールド・サクラメント
川沿いの散策で、川の歴史を堪能

1849年、シエラネバダ山脈の麓で金塊が見つかるや否や、一攫千金を狙う男たちがいち早くこの地に乗り込んで巨大な富を手にしようとやってきました。サンフランシスコ湾の方面からやってきた男たちは、サクラメントリバーをさかのぼり、帆船で到達できる最も内陸の地、アメリカンリバーとの合流点に次々と船を着けました。こうしてほぼ一夜のうちに街ができ上がったのです。この街の建物は、帆船を解体して入手した木材や帆を建材にしていました。

これが、サクラメントの発祥でした。

スズカケの木が木陰を作るサクラメント川の土手の辺りでは、今でも往時の雰囲気を感じることができます。オールド・サクラメントと呼ばれる旧市街のエリアは修復されて、11ヘクタールの国定史跡となっています。古い建物に入居したTシャツ店やアイスクリーム店など、お決まりの観光地風景もありますが、カリフォルニア州立鉄道博物館やカリフォルニア博物館など、優れた博物館も揃っています。リバーボートのデルタキング号も修復されていて、ブランチ、ディナーを楽しめるほか、船に宿泊することもできます。荷馬車に乗ったり、歴史装束をまとったガイド付きのウォーキング・ツアーに参加したりするのもお勧めです。地下に造られた通路や小部屋など、この地域の隠された事実を学ぶことができます。(10月に開催される幽霊ツアーはお子様に大人気です。)

歴史的な蒸気機関車に乗って、サクラメントサザン鉄道の美しい景色を楽しんでみてください。鉄道よりも船がお好みという方には、ホーンブロワーが運航している1時間のクルーズもあります。

家族連れにぴったりのゴールドラッシュ・アドベンチャーベスト9 James-Marshall-Monument1280x642

マーシャル・ゴールドディスカバリー

マーシャル・ゴールドディスカバリー
ゴールドラッシュ始まりの地

オーバーンとプレーサービル間の曲がりくねったハイウェイ49を、延々と運転していると、この地域がカリフォルニアの歴史上最も意義深い出来事の中心地であったとは信じられません。雪解け水が流れ込むアメリカンリバー沿いの小さな街、コロマで、製材所従業員であったジェームス・マーシャルが、川底の泥の中にその貴重な金属の粒を見つけました。1849年のゴールドラッシュの始まりです。

コロマは、校舎、雑貨店、トタン屋根の郵便局が揃う10,000人もの人口をかかえる街へと急激に成長しました。こうした歴史的建造物は、現在、マーシャル金発見州立歴史公園の一部として保存されています。興味深いゴールドディスカバリー博物館では、子どもたちが砂金採りを体験できます。川沿いの緑豊かなトレイルに沿って歩き、ピクニックにぴったりの木陰を見つけましょう。長居して夕食もお勧めです。コロナよりさらに小さな近郊の街、ロータスにある1855年築のレンガ造りの建物に入っているカフェ・マジェーイクでは、小玉ねぎとベーコン、ブラウンマッシュルームを添えた放し飼いの鶏のローストなど、地元の食材が光る素晴らしいディナーを楽しめます。

家族連れにぴったりのゴールドラッシュ・アドベンチャーベスト9 VCW_D_GC_T12_MoaningCavern_Pfeiffer-sized
Jenny Ella Pfeiffer

モアニング・キャバーン

モアニング・キャバーン
歩き、登り、ラペリング(懸垂下降)する地下の楽園

1851年、エンジェルズキャンプ近くで鉱山労働者により見つけられたこの垂直な空洞は、とてつもなく大きく、カリフォルニア公有の最大の洞窟として自由の女神像がすっぽりと収まる大きさです。昔、ここを訪れた人々は、大きなバケツの中に入ってゆっくりと空洞の底まで降りて行きました。現在は、らせん階段で簡単に上り下りできるようになっていますが、内に秘めたスパイダーマン精神を発揮したい人には、50メートル高さから空洞の底までのラザイルで降りる体験も価値ありです。(ほふく前進をも厭わない)勇敢な冒険を求める人には、ミートグラインダー(ひき肉製造機)やパンケーキスクィーズ(パンケーキのタネの絞り出口)、バースカナル(産道)などと名付けられたそれぞれの細い通り道を抜け、主となる空洞の底から約85メートル下の洞窟の最も深い場所へと進む2時間半の冒険ツアーもあります。

それでもまだ物足りないという人には、身体にストラップをつないで滑空するスリル満点の457メートルのジップラインはいかがでしょう。天然の音響効果と洞窟内部に水がしたたり落ちる音(地名の由来となった、いわゆる「モアニング」(うめき声))を音楽の生演奏や軽いショー、合唱などと合わせた洞窟の中で開かれるコンサートの情報を、ウェブサイトで確認できます。

家族連れにぴったりのゴールドラッシュ・アドベンチャーベスト9 VCW_D_GC_T3-Lorres Gold Mine tunnel_CTTC09111716003843-1280x642
Lorres Gold Mine

エンパイアマイン州立歴史公園

エンパイアマイン州立歴史公園
ゴールドラッシュの時代に思いを馳せてツアーに参加しましょう

サクラメントの北東およそ92キロメートル、グラスバレーにあるこの場所には、素晴らしい体験が待っています。まずはビジターセンターで、カリフォルニアで最も古く、大きく、深く、長く、そして豊かな金鉱について学びます。この場所では1956年に鉱山が閉鎖されるまでの1世紀間に、3立方メートルのサイズの箱を満たすのと同量の159,000キロの金が掘り出されました。鉱山の大きさを実感するには、網状に広がる13平方キロメートルの鉱山道の縮尺モデルを見学しましょう。その後、屋外に出て、591キロメートルにおよぶ膨大な地下迷路へ続く実際のシャフト入口の小山まで歩きます。

ここでは、1879年に鉱山の管理を引き継いだウィリアム・バウアーズ・ボーン・ジュニアの敷地を通って身も心も当時にタイムスリップ。その素朴な名前が不釣り合いなボーンコテッジは、壮大な邸宅として惜しみない資金を投入し、19世紀のイングランド貴族の邸宅を模して作られました。その石造りの城は、セコイア木を使った内装と鉛入りガラスの窓で仕上げられています。

ガイド付きツアーは5月~9月までです。マインヤード・ツアーでは、ここで働いていた鉱山労働者たちの厳しい生活に光を当てています。反対に、コテージグラウンド・ツアーでは豪華なボーンコテージを見学することが可能です。

California State Railroad Museum
California State Railroad Museum

カリフォルニア州立鉄道博物館

家族連れにぴったりのゴールドラッシュ・アドベンチャーベスト9 vca_maps_goldcountry
カリフォルニア州立鉄道博物館
修復された鉄道に乗れる、家族連れに人気の博物館

米国でもトップの鉄道博物館のひとつとして常に名前が挙がるのが、このカリフォルニア州立鉄道博物館。広大な施設に、精巧に修復された機関車が21台展示されているほか、往時の姿をそのままに伝える車両もあり、その多くが自由に乗車して内部を見学できます。本格的な食器を配した食堂車や、ベルベットなど贅沢な調度をあしらったプルマン寝台車、木製のチャーミングな車掌車など、あらゆる細部へのこだわりが感じられ、自動車が旅のメインストリームになる前の時代、列車の旅がどんなだったかに思いを馳せることができます。列車の郵便局もあります。

鉄道がカリフォルニア州の人々の生活、経済、文化をどのように形成してきたかを示す展示も多数用意されています。お子様には、プルマン式の寝台車や鉄道向けに作られた食器の並ぶ食堂車、そして鉄道郵便局のレプリカなどに乗ってみることのできる展示が喜ばれるでしょう。ガイド付きツアーが毎日開催されていて、短い映画も常時上映されています。お役立ち情報: 夏の間、木曜日の夜は開館時間が延長されます。

夏に訪れる方は、博物館が運行するサクラメントリバー沿いを走る人気のサクラメントサザン鉄道にも乗ってみてください。一等の展望車、屋根付きのコーチ車、あるいは屋根なしのゴンドラ車から、美しい景色を楽しめます(子供たちに人気の車両がどれかは、容易に想像できますね)。