Error message

  • Lingotek profile ID 4 not found.
  • Lingotek profile ID 3 not found.
Beach
Lori Branham/Flickr

子供向けのおすすめビーチベスト12

砂、水、子供たち、ファミリー向けのアクティビティには、やはりこの組み合わせが自然です。12か所のビーチには、ファミリー向けにぴったりの要素が盛りだくさん。泳ぎの初心者向けの穏やかな波、恐れ知らずの探検家も大喜びの潮溜まり、家族が集まるピクニック用広場、鳥や蝶で賑わう湿地帯などがあり、場所によっては売店も利用できますので、一日中過ごすことが可能です。これらのビーチの多くは州立公園のため、事前に時間帯と季節ごとに開いている施設を調べてからお出かけください。

子供向けのおすすめビーチベスト12 HeartsDesireBeach_CurtisBrown_Flickr_1280x642
Curtis Brown/Flickr

ハーツ・デザイア・ビーチ

ハーツ・デザイア・ビーチ
保護区域のポイントレイズの穏やかな浅瀬

ポイントレイズ国定海岸の東側に位置するこの隠れた砂の入り江は、保護区域である穏やかなトマレスベイとマリンカウンティに広がる丘陵地に面しています。子どもたちには、森や川、季節によって入り江に流れ込む小川、延々と続く砂浜を抜けるトレッキングが大人気。波がなく穏やかな海と、スロープが海へと続いている地形が、保護者にも人気です。

ハーツ・デザイアの水温はさほど高くはないものの、入り江の水のため、隣接する太平洋よりはずっと温かく、海水浴や浅瀬での水遊びにぴったりの場所です。ハイキング用トレイルが、近隣に複数あるビーチまで続いています。ご注意:ここは人気の高いスポットですが駐車場の数が少なく、週末やホリデー期間はすぐに満車になってしまいます。同行する別の家族との乗り合いが可能な場合は、その方が良いでしょう。

知っておくと便利な情報: 携帯電話が大変つながりにくいため、公園に着く前に同行の人たちとの計画と調整をしっかりしておきましょう。

子供向けのおすすめビーチベスト12 CarmelBeach_Sunset_1280x642
Gautam Dogra/Flickr

カーメルビーチ

子供向けのおすすめビーチベスト12 vca_maps_centralcoast
カーメルビーチ
白砂の三日月形ビーチを散策

砂糖のように白い砂。素朴な景観。海風が捻じ曲げたスギの木。見事な見晴らしを誇るチャーミングなコテージの立つ断崖。約2キロメートルの三日月形のビーチは、リラックスしたり、アクティブに過ごすにも最適です。お子様には、波打ち際で砂の城を作ったり、穏やかな海で水しぶきを立てたりするだけでも、楽しいことでしょう(水温は夏でも15.5℃以下とかなり冷たいので、ご注意ください)。

カーメルビーチは、人間だけでなく、犬にとっても楽しいビーチです。犬の散歩や入水が許可されているため、テニスボールを投げたりして、ペットとの大切な時間を過ごしているオーナーがたくさんいます。このビーチは霧が発生することもよくあります。特に5月から8月は霧が出がちですが、たいていはしばらくすれば太陽が戻ります。秋から冬は、キリッとした空気が美しさをいっそう引き立てます。ビーチの駐車場はあまり広くないので、特に夏や週末は駐車スポットを見つけるのが難しいかもしれません。

少し南に下がったカーメルリバー州立ビーチは、やや人の少ないスポットです。絹のように滑らかな砂丘に海鳥が集い、アメリカオオソリハシシギ、カッショクペリカン、ミユビシギ、クロミヤコドリ(真っ赤な長いクチバシが目印です)といった鳥が見られます。

子供向けのおすすめビーチベスト12 T10_CrystalCove_{ lillith }_1280x642
lillith/Flickr

クリスタルコーブ州立公園(ラグナビーチ)

クリスタルコーブ州立公園(ラグナビーチ)
静かな入り江、弓なりの砂浜、レンタル用ビーチコテージ

5.1キロメートルに渡って続くのどかな南カリフォルニアのビーチ、クリスタルコーブ州立公園。波が打ち寄せる海辺に、潮溜まりや穴場の入り江が点々と連なっています。子供たちは浜辺で貝がらを拾ったり、探検したり、波の穏やかな海で泳いだり、凧揚げをしたり、磯釣りの人が何を釣り上げたかを見に行ったり、とさまざまな遊びが楽しめます。公園には海辺から陸に向かうたくさんのトレイルも走っており、ハイキング、乗馬、マウンテンバイクを楽しむのに人気の場所となっています。

夜には、歴史地区にたくさん並んでいる改装された1930年代のビーチコテージに泊まれます(コテージの予約は何か月も前に抽選で行われますので、十分余裕を持って計画しましょう)。または、ビーチでキャンプをすることもできます。崖の上にテントを張って、目の前に広がる海の景色を楽しみましょう。海辺に立つビーチコマーカフェは、朝食、ランチ、ディナーを提供しています。また、子供たちを追いかけ回して過ごした長い一日の後でカクテルを楽しむのにもぴったりです。

子供向けのおすすめビーチベスト12 T3_NaturalBridges-VadimKurland_1280x642
Natural Bridges by Vadim Kurland/Flickr

ナチュラルブリッジ州立ビーチ

子供向けのおすすめビーチベスト12 vca_maps_sfbayarea
ナチュラルブリッジ州立ビーチ
切り立つ岩の迫力とオオカバマダラ(モナーク)観察

すぐ沖にある自然が作り上げた橋状の岩がシンボルのこの海浜公園は、活気に満ちた美しいスポット。岩の上では、たくさんのペリカンやウミウがガァガァと鳴きながら羽をはためかせています。近くの草原には背の高いトウワタの中をくねりながら伸びるトレイルもあります。この草原は毎年(通常10月から2月)10万羽を超えるオオカバマダラが集まることで知られ、自然観察が好きな子供たちは、この光景にきっと目を輝かせることでしょう。

おもしろい生き物がサッと動くのを待ちながら潮溜まりを覗き込んでいると、あっという間に時間が過ぎていきます。

ナチュラルブリッジには、カラフルなイソギンチャク、ヒトデ、ヤドカリなど魅力的な海の生き物でいっぱいの潮溜まりもあります。おもしろい生き物がサッと動くのを待ちながら潮溜まりを覗き込んでいると、あっという間に時間が過ぎていきます。細かな砂は海辺で壮大な砂の城を作るのに理想的。そして、潮風が心地よい広々としたビーチは、凧揚げにも向いています。ビーチでのピクニックや、奥まったユーカリやマツの木陰のエリアに設けられたグリルでのバーベキューも楽しめます。

子供向けのおすすめビーチベスト12 T4_Arroyo_DamianGadal_1280x642
Arroyo Burro Beach by Damian Gadal/Flickr

アロヨブロ・ビーチ

子供向けのおすすめビーチベスト12 vca_maps_centralcoast
アロヨブロ・ビーチ
海に面した美しい人気スポットで、地元の住人のように楽しむ

特に子供たちを連れて行くのに理想的な、ヘンドリーズビーチとも呼ばれるこのビーチの魅力は、絵のように美しい景色にとどまりません。安全な海水浴場、初心者も楽しめるサーフィンスポット、釣りスポットに加え、ウォーキングのためのトレイルや、学習プログラムを提供するウォーターシェッド・リソースセンターもあります。センターではカリフォルニアのビーチと海岸を保護することの大切さを学べます。

日差しあふれる砂のビーチで遊んだ後は、日陰のあるピクニックエリアや遊び場で休憩しましょう。大人だけの時間を過ごすには、ボートハウス・レストランがおすすめです。食前にブラッドオレンジマルガリータやハニカムモヒートを味わった後、とびきり新鮮なシーフードを堪能できます。

子供向けのおすすめビーチベスト12 T5_SF_CrissyField_Seeff_1280x642
Crissy Field by Tai Power Seeff

クリッシーフィールド

子供向けのおすすめビーチベスト12 vca_maps_sfbayarea
クリッシーフィールド
湿地とピクニックスペースのあるビーチから、ゴールデンゲートの眺めを堪能

いつも活気に満ちあふれているクリッシーフィールド。サンフランシスコ湾沿いのこの魅力的なビーチでは子供たちが犬と一緒に駆け回ったり(ここでは犬をリードから放すことが許可されています)、近くのゴールデンゲートブリッジを抜けて吹きつける風に乗せて凧を揚げたりしています。カイトサーフィンも盛んで、ビーチから風に乗ってカイトサーファーが沖へと水面を滑っていきます。隣のフォートポイントでは、熟練したサーファーがゴールデンゲートブリッジの下をくぐる波に乗っています。ジョギングやサイクリングをする人たちが芝生でピクニックを楽しむ家族連れのそばを通り過ぎ、子供たちは草地の広場で鬼ごっこや側転をして遊んでいます。

ここがかつては、広大な陸軍基地プレシディオのための舗装された飛行場であったとはにわかには信じがたいほど。今は、国立公園として生まれ変わった姿を見せています。現在のクリッシーフィールドは、ゴールデンゲートブリッジとアルカトラズの景色に浸り、ヨットや貨物船が目の前で通り過ぎる様を眺めながら近くのウォーミングハット・カフェでテイクアウトしたココアやカフェラテを味わうのに最高のスポットです。

子供向けのおすすめビーチベスト12 VCW_D_SDcity_T2_Coronado_sized
デイブ・ローリドセン

コロナド

カリフォルニアの地図に見えるサンディエゴカウンティ
コロナド
ホテル・デル・コロナドを探索し小さな町の魅力を満喫

コロナドはサンディエゴからほど近いアイランドリゾート。家族連れにぴったりのコロナドビーチをはじめとする美しいビーチに囲まれています。プライベートアイランドのような魅力的なこの島で、ゆったりとした時間をお過ごしください。柔らかな砂のビーチに加え、ホテル・デル・コロナドも島の見どころのひとつ。1888年に建てられたこのホテルは、小豆色の小塔のような屋根が目印です。ロビーや敷地内を自由に探索してみましょう。コロナド歴史協会提供のガイド付きツアーでは、ホテルの輝かしい歴史と過去に滞在した数々の著名人について、興味深い逸話を紹介しています(当ホテルは1959年のコメディー映画『お熱いのがお好き』の撮影場所で、主演のマリリン・モンローもここに滞在しました)。ホテルでは贅沢なサンデーブランチも提供しています。また、ホテル内のバブコック&ストーリー・バーでは、洗練されたスペースで太平洋の眺望と地ビールを楽しむことができます。 ホテルからほど遠くない場所にあるロウズ・コロナド・ベイリゾートは、約0.06平方キロメートルの小さな半島自体がリゾートになっており、ウォータースポーツと、特にドッグフレンドリーなホテルとして知られています。

アーチ型のコロナドブリッジを通じてアクセスするこの小さな島は、自転車で巡ることも可能。ホーランズ・バイシクルズで自転車をレンタルし、海辺の優美な邸宅や手入れの行き届いた庭園を眺めながらサイクリングを楽しみましょう。ショップ、レストラン、ギャラリー、劇場が並ぶオレンジアベニューもおすすめのスポットです。フェリーランディングにも店やアートギャラリーが数多く並んでいます。イル・フォルナイオ・コロナドぺーオーイーズなどのレストランからは、サンディエゴ湾とサンディエゴのスカイラインが一望できます。

旅のヒント: 特に夏期の週末には、サンディエゴからコロナドブリッジの区間は渋滞が多発します。フラッグシップ・クルーズのフェリーを利用すれば、フェリーランディングから出航してサンディエゴ湾を渡り、エンバーカデロまで行くことができます。また、水上タクシーも利用できます。

子供向けのおすすめビーチベスト12 SilverStrand_awnisALAN_1280x642
Silver Strand State Beach by awnisALAN/Flickr

シルバーストランド州立ビーチ

シルバーストランド州立ビーチ
保護水域内の水遊び場

一方には太平洋の青く砕け散る波、もう一方には温かく穏やかな海辺に弧を描いて伸びる砂浜。その間には、サーフィンを楽しんだり、家族一緒にビーチで焚き火ができる広々とした空間が広がっています。

シルバーストランドのサンディエゴ湾側にあるクラウンコーブと呼ばれるエリアは、子供たちが水遊びをするのにぴったりの場所. 太平洋側にあるコロナドサーフィンアカデミーでは、サーファーに優しい波の上でハングテンをするためのレッスンを提供しています。

ベイサイドへ入るには、歩行者用トンネルを抜けて行きます。ビーチでピクニックをしたい方は、ビーチまで広い駐車場を歩いて荷物を運ぶ必要があるので、お気を付けください。ビーチでは、テント、バーベキューグリル、ピクニックテーブル、ファイヤーピットを利用できます。ビーチサイドのカフェは夏の週末のみの営業です。また、子供たちが何時間も夢中になれるブギーボードのレンタルもあります。

子供向けのおすすめビーチベスト12 VCW_SD_D_T5_La Jolla_kayakers_lauridsen_140618_563-sized_0
La Jolla

ラホヤ

ラホヤ
魅力溢れる海辺には誰もが楽しめる体験がいっぱい

ラホヤの楽しみ方は十人十色。お洒落な店でショッピングをしたいなら、ジラード・アベニュー沿いのブティックを覗いてみましょう。サーフィンやシュノーケリングを楽しめるラホーヤの海岸には、サンセット時に火を灯すファイヤーピットを備えた白い砂のビーチが連なっています(ビーチの隣にはお子様向けのプレイグラウンドもあります)。カヤックをしたいなら、海食洞の探索はいかがでしょう。ラホーヤのスポットはどれも近接しているので、海食洞にもすぐに行くことができます(ラホヤ・カヤック社がツアーを催行しています)。ブロードウェイのような一流のショーを観たいなら、ラホヤ・プレイハウスを訪れましょう。ワールドクラスのアート(そして同等の景色)を鑑賞したいなら、サンディエゴ現代美術館ラホーヤに足を運んでみましょう。子どもたちも楽しめる水族館をお探しなら、世界的に知られるUCサンディエゴのスクリップス海洋学研究所内にあるバーチ水族館がおすすめです。2,000エーカーの広さを有する海辺の自然保護区、トーリーパインズでそよ風に吹かれながらハイキングをしたいなら、または、ゴルフをしたいなら、トーリーパインズ州立自然保護区とトーリーパインズ・ゴルフコースに行きましょう。日没後にのんびり過ごしたいなら、エスタンシア・ラホヤ・ホテルのムスタングス&ブーローズの暖炉の側でリラックス。ラホヤ海岸のビーチにある有名なマリンルームもおすすめです。そして、ぜひそのままラホヤに滞在しましょう。翌朝はキャロラインズ・シーサイド・カフェで美味しい朝食を。断崖からの美しい景色を眺めながら、バターミルクパンケーキとコーヒーをお楽しみください。

子供向けのおすすめビーチベスト12 SantaMonicaPier_1280x642_1

サンタモニカ・ピア&ビーチ

子供向けのおすすめビーチベスト12 vca_maps_losangeles
サンタモニカ・ピア&ビーチ
1909年以来続く歴史と金の砂

夕暮れ時にサンタモニカを象徴するピアを散歩してみましょう。大きな夕日が太平洋に沈む景色に、これ以上の場所はないと思うことでしょう。とは言え、実はもっといいところもあったりします。まさにここがそのいいところ。まず、ピアには、パシフィックパークという、絶叫マシンとまではいかないジェットコースターと定番の空中遊具がそろう遊園地があり、小さな子にも楽しめる場所となっています。お次は、ささやかなお楽しみの数々。ピアには、濃厚クリーミーなシェイクに、シンプルな貝殻のネックレスなど、屋台や小さなアクセサリーを売る店が軒を連ねています。そうした中に華を添えているのが、地元の釣り人の姿です。少し時間をかけて散策していれば、面白い話が聞こえ、ピカピカの魚が釣り上げられるところをきっと見られるでしょう。釣れた魚の種類を確かめるには、ピアの下(回転する20世紀の木製メリーゴーランドの真下)にあるサンタモニカピア水族館に行きましょう。約100種類もの魚や水生生物とともに、家族連れにぴったりの学べる展示物もたくさんあります。

もちろん、ビーチも忘れることはできません。海岸線5.6キロメートルにわたって続く、広々とした薄黄色の砂のビーチです。パドルボードに乗って海を探索してみましょう(様々なレンタルやレッスンがあります)。ペリーズのビーチバトラーサービスを利用して、VIPのように贅沢なひとときを過ごすのもおすすめです。

 

子供向けのおすすめビーチベスト12 VCW_D_SantaBarbara_Hero_CC_SBarbaraPier_KG_1280x642
Kodiak Greenwood

イーストビーチとスターンズワーフ

子供向けのおすすめビーチベスト12 vca_maps_centralcoast
イーストビーチとスターンズワーフ
歴史あるサンタバーバラのウォーターフロントを散策

スターンズワーフは、サンタバーバラで最も人気のある観光スポットであるだけでなく、漁師がその日とれた魚をすぐ近くの港で水揚げしているため、本当に新鮮なシーフードが味わえます。本格的なフィッシュ&チップスはぜひ注文しましょう。1872年に造られた歴史ある埠頭から出ている桟橋で美しい景色を楽しんだら、多数あるお店で子供にお気に入りのアクセサリーやおみやげを選ばせましょう。

地元の人に混じって自転車をレンタルし、有名な浜辺をサイクリングしたり、桟橋の基点にある象徴的なイルカの像の前でポーズして自撮りしてみましょう。ここはスタンドアップ・パドルボードに挑戦するのにも最適で、さまざまな店でボードをレンタルできます。サンタバーバラ・アドベンチャーカンパニーでは、レンタルの他、ガイド付きカヤックツアーも提供しています。イーストビーチは、砂が柔らかくて心地よく、波も穏やかで家族連れに最適です。アート好きにも人気で、日曜日には地元のアーティストが自身の作品を展示・販売しています。

子供向けのおすすめビーチベスト12 VC_TheLostBoysSantaCruzTour_SantaCruzBeachBoardwalk_RM_D954X0_1280x640_0
Rebecca Stunell/Alamy

サンタクルーズビーチボードウォーク

子供向けのおすすめビーチベスト12 vca_maps_sfbayarea
サンタクルーズビーチボードウォーク
海岸に沿った魅惑の遊園地で1日中楽しもう

波が打ち寄せる広々としたビーチも魅力満点なのに、その横には、乗り物やゲーム、音楽などが満載のカラフルなボードウォークがあるのだから、訪れないわけにはいきません。この根強い人気を誇るウォーターフロントのボードウォークは、カリフォルニアの多数の家族連れが、夏には必ず訪れる定番のスポット。地元の人々の笑顔と一緒に、だれもがくつろぎと遊びに没頭できる素晴らしいひと時を約束します。ボードウォークにはたくさんのアトラクションが並んでいますが、なんといっても一番人気はジャイアントディッパー。この無骨な木製のジェットコースターは1924年にお目見えして以来、何十年間も休むことなく、絶叫と悲鳴、そして思わず目をつぶるスリルを届けてきました。

最近では、このサンタクルーズを象徴する絶叫マシンに加えて、高さ38メートルのダブルショットタワーが登場し、ドキドキ感を求めてやってくる人々をますます魅了しています。おとなしい乗り物も負けていません。とりわけ小さなお子様には、丹念に復元された1911年製のルーフメリーゴーランドを体験させてあげてください。ぴかぴかの木馬の尻尾には、本物の馬の毛が使われています。騒々しい興奮が渦巻く屋内のアーケードも楽しさいっぱい。光線銃サバイバルゲーム、ミニゴルフ、射的ボールなどのほか、ビデオゲームもふんだんに揃っています。喧騒からしばし遠ざかりたいなら、空中散歩が楽しめるスカイグライダー・ロープウェイがお勧め。傍らのビーチと眼下のボードウォーク、そして遠くのサンタクルーズ山地を俯瞰するGo-Pro並みの絶景が満喫できます。また夏の期間中には、毎週水曜日にビーチで無料の屋外映画が上映されるほか、金曜日には無料のコンサートも開催されます。