カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店 VCW_SI_T7_Matchbox_CourtesyofMatchbox__Hero_1280x642
Courtesy of Matchbox

カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店

カリフォルニアのグルメシーンにはありとあらゆる料理がずらりと勢ぞろい。最高に新鮮な地元の食材を重視し、世界中の料理に影響を受けた料理を創り出しています。このような豊富なレストランの中でも、特に心に残る魅惑的で完璧な料理と雰囲気で知られ、旅行者がぜひ行きたいレストランに数えられているものがあります。カリフォルニアでも特に絶賛されているこのような名店を以下にご紹介します。ほとんどは、季節によって変わる地元の食材を使うことを常にモットーにしています。洗練された都会のレストラン、田舎道沿いや海沿いの優雅な名店など、さまざまな店がありますが、好みや旅行の予定に合わせて選ぶのもよし、1店(複数でも)を選んでそれ自体を旅行の目的にするのもよし、どれも個性豊かで行く価値のあるレストランです。

カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店 VCW_SI_T1_Sasion_T.Tseng_Flickr_1280x642
T.Tseng/Flickr

サンフランシスコの厳選レストランベスト7

サンフランシスコの厳選レストランベスト7
ミシュランの星に輝くレストラン

すぐ西に太平洋、それ以外の方角には農地が広がり海と大地の幸に恵まれ、アメリカでも特に活気あふれるグルメシーンで知られているサンフランシスコ・ベイエリア。地元のシェフが、有機、地元産、持続可能という、カリフォルニア料理の3つの信条に力を入れるのもうなずけます。ここで紹介するミシュランの星を獲得した7店も、この3つを見事に実現しています。

まず、バークレーにあるシェパニーズです。1971年の開店以来、農場直送の食材を使用した料理のパイオニアでシェフのアリス・ウォーターズは、絶賛されているこの名店を支える立役者として活躍してきました。この店では、最高に新鮮な旬の食材を使って絶妙に調理された、素朴で洗練された料理が楽しめます。新鮮な材料を調達するため、野菜や果物のほとんどはバークレーから車で1時間もかからないペタルーマズ・グリーンストリングファームで作られたものを使用しています。

湾を隔てた対岸のサンフランシスコには、地域の一流レストランが集まっています。ゲーリー・ダンコは、自らの名を冠したレストランで1999年以来、高級ダイニングの水準を保っています。ドラマティックで現代的な照明が、まさに「思い出に残る特別な日」のくつろいだ食事を演出します。食事の後には有名なチーズカートが回ってくるので、余裕を残しておきましょう。

ダウンタウンでは、有名シェフ、マイケル・ミーナが、自らの名を冠したレストランで最高に洗練された和食・フレンチ・カリフォルニアフュージョン料理を提供しています。知っておくと便利な情報:ミーナの系列レストランはベイエリアに多数あるので、地域一帯に位置しているバーボンビーフ、パブ、その他のレストランでもミーナの熟練した采配ぶりを見ることができます。

活気あふれるノースビーチ地区にあるクワでは、シェフ、ダニエル・パターソンが巧みで独創的な料理を創作しています。冬にメニューに登場するサンタバーバラ産活ウニのマイヤーレモン、ラディッシュ、コールラビ添えなど、広く知られていない地元の食材を使っています。シーフード中心のレストラン、セゾンでは、シェフ、ジョシュア・スキーンズが常に評論家と客をうならせています。

舌だけでなく目にも美味しいご馳走なら、アトリエ・クレンがおすすめ。才能豊かなシェフ、ドミニク・クレンが魅惑的な料理を生み出しています。料理は、若芽野菜やエディブルフラワー、少量のソースやムースで飾られ、何の変哲もないディナーが紛れもない芸術品へと高められています。

サンフランシスコから車で南に約1時間、ロスガトスにあるレストラン、マンレーサでは、エグゼクティブシェフ、デビッド・キンチが、フランス料理とカタロニア料理の影響を受けた現代的なメニューを提供。野菜や果物は、近くのサンタクルーズ山脈にあるラブアップルファームズで専属契約栽培し、その日のディナーに使用するものを毎朝収穫しています。近くのサラトガにあるレストラン、プルームドホースでは、1,800本のワインが入ったガラス張りのワインセラーを見学してみましょう。サンタクルーズ山脈のふもとに位置するこの名店は、ベイエリアの知る人ぞ知る素晴らしいワインカントリーの至宝です。オーナーシェフのピーター・アーメリーノによる現代的なカリフォルニア料理は一流です。

カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店 Curtis Image to Refresh_1
Courtesy of Providence

ロサンゼルス地域の有名レストラン

ロサンゼルス地域の有名レストラン
Celebrity chefs and top-notch cuisine

ロサンゼルスの一流レストランは最高の料理と料理界の超大物に支えられており、ロサンゼルスが有名シェフの発祥地であることは、誰もが納得するでしょう。

ウルフギャング・パックによるスパーゴは、ビバリーヒルズにある常に人気のレストランで、シェフのリー・ヘフターと料理長の矢作哲郎が、伝統的な料理と現代的な料理を、白と黒で統一したお洒落なダイニングルームと、きらめく照明を配したガラス張りのパティオで提供しています。予約は5時半や10時半でも取れれば上々です。飛び込みで入りたいなら、中央にあるカクテルテーブル席(先着順)に座りましょう。ここからは周囲の活気を観察することができます。ちなみに、気さくなシェフ・パックが夕食時にダイニングルームに来ることがよくあるので、注意して見てみましょう。

ビバリーヒルズには、有名シェフ、カーティス・ストーン(「アイアン・シェフ・アメリカ」、「トップシェフ」)が素晴らしい腕を見せてくれるレストラン、モードもあります。ストーンはオーストラリア出身の人気シェフで、毎月1つの食材を選び、それに触発された9品のテイスティングコースメニューを提供しています。店内には一度に25人までしか座れないので、旅行の日程が決まったら出来るだけ早く予約を入れましょう。

ハリウッドのメルローズアベニューにあるマイケル・シマルスティのレストラン、プロビデンスは、持続可能な天然魚とロサンゼルスの多様な味覚を厳選し、現代的な技法を十分生かした、全国でも有数の高級シーフードレストランです。ウェストハリウッドのルキューズでは、シェフ、スザーン・ゴインがグローバルなアレンジを加えたカリフォルニア料理を提供しています(料理にはハリッサがよく使われています)。サイレント映画のスター、ハロルド・ロイドがかつて馬車置き場として使っていた建物で、上品な料理と心安らぐ料理が融合し、さりげなく調理されて、テーブルに届けられます。

サンタモニカの2つ星レストラン、メリッセでは、フォーマルなサービスとフランス料理の一流の技法が幅を利かせています。オーナーシェフのジョサイア・シトリン(ロサンゼルスのグルメシーンのベテラン)は、ロブスターやキャビアなどの高級食材にも、レンティルのようなシンプルな食材にも力を入れ、素晴らしい料理を生み出しています。

カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店 VCW_SI_T3_FrenchLaundry_PeterBond_Flickr_1280x642
ピーター・ボンド/フリッカー

ナパの一流レストラン

ナパの一流レストラン
一流ワインカントリーならではの一流シェフ

ミシュランの3つ星を獲得するのは並大抵のことではなく、サンフランシスコ・ベイエリアでこの栄誉を達成したレストランは、ほんの一握りしかありません。このような卓越したレストランのひとつは、紹介するまでもないでしょう。比類のないシェフ、トーマス・ケラーが経営するフレンチ・ランドリーです。トーマス・ケラーは2011年、アメリカのフランス料理に貢献したとしてレジオンドヌール勲章シュバリエ章(イギリスでのナイト叙任と同様の趣旨のもの)を受章したため、正しい呼び名はサー・トーマス・ケラーです。シェフ・ケラーはグローバルな存在となりましたが、フレンチ・ランドリーを今でも本拠地とし、最高の材料だけを使って、フランス料理の技法を用いたカリフォルニア料理を提供しています。9品のシェフおすすめテイスティングコースメニューは日替わりですが、キャビアにチョウザメの燻製、卵のムース、ペルシャキュウリ、ガーデンディル、ホースラディッシュ・クレームフレーシュを合わせたものなど、贅沢な組み合わせの料理がおすすめです。これらの食材の多くは、通りの向かいにある菜園から調達されています。耳より情報:旅行の日程が決まったらできるだけ早く電話で予約を入れ、日時には少し融通をきかせましょう。ランチなら席が空いている可能性が高いので、ランチに予約を入れるのもおすすめです。

もうひとつの注目レストランは、ザ・レストラン・アット・メドウッド。ヨントビルから北に20分行った、豊かなワインカントリーの街セントヘレナにあります。非の打ちどころのない優美で緑豊かな環境で、シェフ、クリストファー・コストウが采配を振るい、周辺の畑や敷地内の菜園から直接調達した食材を入念に盛り付け、"その土地らしさを醸し出す” 食事を創り出しています。「人生は一度きり」と贅沢をするのなら、101ヘクタールの広大な私有地にある超豪華なバンガローに泊まってみてはいかがでしょうか。 

カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店 VCW_SI_T5_AUBERGINE_T.Tseng_Flickr_1280x642
T.Tseng/Flickr

オーバジーン

オーバジーン
のどかな海辺の街を目覚めさせる大胆な味

超豪華なローベルジュ・カーメル(名高いルレ・エ・シャトー協会の加盟ホテル)内にあるオーバジーンは、カーメル・バイ・ザ・シーを一日探索した後にほっと一息つきたいレストランです。メインダイニングルームにはテーブルが9つしかなく、フランスとモントレーカウンティのワインを中心とした2,500本のワインが入ったワインセラーがあるオーバジーンは、ジェームス・ビアード財団賞の準決勝に出場したことがあり、くつろげる雰囲気と質の高さが何と言っても魅力です。シェフのジャスティン・コグレーは、地元の食材を使ってカリフォルニアスタイルの数々の美しい料理を創り出し、独自の工夫を凝らしています。コースメニューは毎晩、2種類(チーズペアリングが選択できるコースメニューと、シェフおすすめのテイスティングメニュー)から選ぶことができ、旬の食材を生かすため毎日変わります。コグレーの料理は、熟練パティシエのロン・メンドーサが作るデザートと最高の組み合わせです。

A dessert from George's on the Cove, a restaurant in La Jolla, California
JessicaHTam/Flickr

サンディエゴのレストランベスト4

サンディエゴのレストランベスト4
人気レストランであふれる南カリフォルニアの都市

5つ星のフランス料理から農場直送のカジュアルな料理まで、サンディエゴのダイニングシーンは多様で魅力的です。超豪華なグランドデルマーホテル内にあるアディソンは受賞歴のある高級レストランで、ルレ・エ・シャトーのグランシェフ、ウィリアム・ブラッドリーが、現代的なフランス料理の影響を受けた、職人技が光る料理を生み出しています。マルチコースのメニューの優美に盛り付けられた料理が着実なテンポで運ばれ、サービスは非の打ちどころがありません。最高の眺めを楽しむなら、海を見ながら食事ができるラホーヤのジョージズ・アット・ザ・コーブがおすすめ。シェフ、トレー・フォーシェーが作り出す人気のガーリックポテト、ローストチキン、イチゴとイチジク(イチジクは近くのリノファームズからとれたてのものを調達)を味わってみてください。

同じく豪華なバートランド・アット・ミスターエーズはバンカーズヒルにあり、ダウンタウンに近い湾とスカイラインを望む優美なレストランです。建物の周囲に巡らされたバルコニーから水彩画のような夕日に乾杯し、野生キノコ入り和牛コンソメに舌鼓を打ちましょう。トレンディなガスランプクオーターでは、伝統的なアメリカ料理を提供するシアサッカーが有名。店内は、アンティーク調の革を配し、天井のはりが露出している現代的な造りです。

カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店 VCW_SI_T7_MatchBox_laura_Courtesy_Matchbox_1280x642
Courtesy of Matchbox

マッチボックス

マッチボックス
砂漠のオアシスにあるカジュアルなレストラン

ミッドセンチュリーモダン様式で知られるこのレトロなリゾートタウンでは、ステーキやベアルネーズソースに代表される重い料理という評判を脱して、より現代的で地元の食材を重視する料理へと転換しました。マッチボックス・ビンテージピザビストロでは、クリスピーな薄いクラストのピザが、レンガ造りの本格的な薪窯で焼き上げられています。窯の温度は425℃以上にもなり、クラストに完璧な焦げ目を付けることができます。ピザの気分ではないという方は、サンジャシント山とパームキャニオンドライブを眺めながら、ポルチーニ風味のリブアイや薪窯焼きローストチキンなど、伝統的なビストロ料理を味わいましょう。

その他の素晴らしいレストランとしては、アイアンシェフ、ホセ・ガルセスが独創的なタパスを生み出している、サグアロホテル内のティントがあります。温かみのある素朴で魅力的な雰囲気で、軽くて美味しい食事をとりたい暑い夜に最適です。デザートホットスプリングスにあるおしゃれなトゥーバンチパームズリゾート&スパにある洗練されたレストラン、エッセンスもおすすめです。山の眺めを楽しみながら、フランス生まれのシェフ、コッシ・ホイグバンが作る、クリスプレモンとトリュフソースを添えたブルーレイクサヤインゲンの天ぷらなど、ドラマティックな組み合わせを味わいましょう。

サクラメントにあるレストラン、ザ・キッチン
ザ・キッチン提供

サクラメントのトップレストラン

カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店 vca_maps_goldcountry
サクラメントのトップレストラン
産地直送レストランのメッカ

全米でも有数の産地直送レストランのメッカとして知られるサクラメント地域には、3,200ヘクタール近い小規模専門農地があり、カリフォルニア州最大の認定ファーマーズマーケットを誇ります。このため、サクラメントの一流レストランがカリフォルニア州でも有数の農場から食材を仕入れていることは言うまでもありません。いくつかのお店を簡単にご紹介します。

セランドファミリーは20年以上にわたって地産地消運動を振興してきましたが、ザ・キッチンほどその試みがよく表れている場所はありません。ケリー・マッカウン総料理長が、ランドール・セランドの料理を引き継ぎ、「モンタナ牛ほほ肉の蒸し煮、トリュフのアニョロッティ添え」や、「雲南産紅茶ショートブレッド」など季節によって変わる5品のコースメニューを提供しています。各テーブルの予約は1晩に1組限定となっていますので、予約を取るのは容易ではありません。しかし予約が取れた場合は、ザ・キッチンをサクラメント初のミシュラン受賞レストランにせしめた素晴らしいグルメを経験することができます。

ザ・キッチンで予約を入れるのは非常に難しいですが、幸いなことに、サクラメントにはミシュランの星に相応しいレストランが他にもあります。キャノンフランク・ファッツマザーはミシュランに優秀なレストランと認められており、それぞれビブグルマン賞を受賞。この賞は、卓越した料理とサービスを提供し、値段がリーズナブルなレストランに授与されます。

もう一つの名店がビバです。本格イタリア料理の専門店で、食材はもちろん最高に新鮮な地元産のものを多数使用しています。コースメニュー(ランチだと非常にお得)では、ミートボールスパゲッティに代表される普通のイタリア料理のはるか先を行く料理を体験することができます。トンナレッリアル・カーチョ・エ・ペペ(角型のスパゲッティパスタをペコリーニ・スタジァーノチーズとペッパーで和えたもの)、またはサルモーネ・アッラ・グリグリア(サーモンのグリルに、フェンネルのバター蒸し、スペルト小麦、玉ねぎのキャラメリゼ、キアンティ・ヴィンコットを添えたもの)を試してみてください。 

産地直送の食材で作った料理を提供していて、地元で人気があるその他のレストランには、グレンジ、おしゃれなエラズ・ダイニングルーム&バー、家庭的な雰囲気のマルバニーズ B&L(地元の農場で収穫される旬の食材によってメニューが日替わり)といったカリフォルニア・モダンアメリカン料理のお店があります。 「アメリカン、肉なし、クセになる」と評判なのが、スープからタレ、麺まで全部手作りにこだわったラーメンを提供しているしょうきラーメンです。 

スペシャルドリンクを出すお店訪問で1日をはさみこんでみましょう。一日の始まりは、テンプル・コーヒー・ロースターズの自称「ファーム・トゥ・カップ」(産地直送)コーヒーでスタート、そして一日の終わりはボトル&バーロウ(このお店では、ヘアカットと顔剃りのサービスもあります)やルーフストーラー、またはウェスト・サクラメントのドレイクス: ザ・バーンでクラフトビール、あるいはカクテルを飲んで締めくくりましょう。 

耳寄り情報: 深夜に甘いものが欲しくなったら、長年サクラメントで人気のマリーズ・ドーナッツへ。このお店は夜11時に開店、午後4時まで営業。美味しいアップルフリッターも販売しています。

 

 

カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店 vc_santabarbaradining_santomezcal_st_ed_kt5k1h_1280x640
チャック・プレイス/Alamy

サンタバーバラのレストラン

カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店 vca_maps_centralcoast
サンタバーバラのレストラン
知る人ぞ知るグルメ天国、サンタバーバラで味わい尽くす

サンタバーバラの人たちは食べ物を真剣に捉えています。セントラルコーストのロマンティックな街サンタバーバラには400軒以上のレストランがあり、観光客はこの地域ならではの味を楽しむことができます。ここではゆったりしたラグジュアリースタイル。かしこまらずに世界クラスの逸品を満喫することができます (つまりフォーマルな格好をする必要はありません)。サンタバーバラには広大で実り豊かな農地、海産物の恵み、そして周囲の丘で栽培されたブドウから出来た非常に優れたワインがあり、それらの素晴らしい食材を地元の際立ったレストランに提供しています。

まずは「可能な限り新鮮な地元産の食材を」がモットーのブション・サンタバーバラ(有名なレストラン経営者ミッチェル・シャーベンのお店)。ここのモットーはメニューからも見て取れ、この地域の海で採れた新鮮な魚、地元の農家や食品業者から調達した野菜や果物、そして自家製チーズに重点を置いています。地元産のワインもあるワインペアリングが特におすすめです。高級ダイニングのもう一つのチョイスにザ・パレス・グリルがあり、歴代大統領も好んだ店です。

かつてジュリア・チャイルドが足繁く通ったラ・スーパー・リカ・タケリアは明るくて小さなお店ですが、本当に美味しいメキシコ料理を食べることができます。シェフ御用達のお店という評判のため、レストラン開店と同時に本日のスペシャルメニューを食べようと地元客と観光客が列に並びます。ここから通りの先には、地元の家族経営のチェーン店、ロス・アガベスがあります。カジュアルな店内では伝統的なオアハカ料理を提供しています。あるいは、高級な姉妹店のサント・メスカルを訪れ、ボリュームのあるブリトーに入った有名なチレ・リレーノを試してみましょう。

サンタバーバラのファンクゾーンは比較的最近になって盛り上がりを見せている界隈で、数多くのショップやテイスティングルーム、レストランが軒を並べています。一番人気のザ・ラークは、元鮮魚市場をリフォームした驚くほど美しいインテリアの中でニューアメリカン料理を楽しむことができ、セントラルコーストの素晴らしさを堪能できるでしょう。低予算でピザを楽しむなら、近くにあるラッキー・ペニーがおすすめです。ザ・ラークと同系列のお店であるラッキー・ペニーでは、朝昼晩と薪釜オーブンで芳ばしく焦がしたピザやクラフトコーヒーを提供しています。

カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店 vca_video_vacationistsb
サンタバーバラの旅人:グルメ編
観光地での食べ歩きに冒険心をくすぐられるなら、あなたは確実にフード&ワインの旅人です。そして、サンタバーバラは夢にまで見た食のパラダイス。
カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店 VCW_SI_T10_Ernas_soupstanc_Flickr_1280x642
Soupstanc/Flickr

エルナズ・エルダーベリーハウス

エルナズ・エルダーベリーハウス
ヨセミテのすぐ南にある豪華なヨーロッパ風シャトー

ツタで覆われたエルナズ・エルダーベリーハウスは、ヨセミテ国立公園のサウスゲートの外という思いも寄らない場所にあります。「エルダーベリーハウス」という名は、周囲の土地を覆っているエルダーベリー(ニワトコ)の茂みにちなんで付けられました。レストランとそれに隣接するシャトードゥシュロー(「シュロー」はフランス語でエルダーベリーの意)は、経営者エルナ・クービン・クラニンが、オスカー・ワイルドがかつて言った「最高にシンプルなセンス」を持ち「最高のみを求める」人々のための場所を作るという生涯の夢を追って、1984年にオープンさせました。エルナの経験を見事に言い表したこの名言は、厨房のドアに掛かっています。コースメニューは定期的に変わり、栗ムースとサツマイモと骨髄コロッケを添えた牛ロインなど、料理長ジョナソン・パーキンスが手際よく作り上げる豪華な料理が堪能できます。一口一口を味わっていくと、つかの間ヨーロッパに飛んで、田舎の広い屋敷でフランスのアンティーク家具や豪華なタペストリー、古典的な油絵に囲まれているような気分になれるでしょう。エルナズをさらにじっくり楽しむなら、週末半日料理教室か、3日間の料理教室に参加してみましょう。3日間の教室では、毎晩6品のコースディナーの作り方を実習します。宿泊も可能です。

カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店 FolieDouce_1280x642
Courtesy of Folie Douce

アーケータとアルビオンの名店

アーケータとアルビオンの名店
新鮮さにこだわる隠れた名店

ユリーカのすぐ北、アーケータの街にあるハンボルト州立大学の周辺にはさまざまな大学関係者向けレストランがありますが、そこに加わった人気レストラン、フォリードゥースは、持続可能な有機食材にこだわったボリュームたっぷりのメニューを提供しています。ジャスミンライスとアジアの葉野菜を添えたわさび風味のステーキや、ローストしたファロを添えたイスラエル風スパイス風味のギンダラなど、地元の食材を使った定番アメリカ料理をグローバルな風味で引き立てています。このレストランでは毎月1回、地元公立学校のための募金を目的としたグルメコースメニューを提供しています。

ひときわロマンティックな海岸沿いの場所でのディナーなら、メンドシーノから北上してアルビオンという小さな村まで行き、一見地味なレッドフォードハウスレストランを訪れてみましょう。このレストランは、地元のワインを味わい、プロバンス風の料理を食べながら、海に沈む夕日を眺めて、何時間も長居したくなるような場所です。海の断崖沿いやレッドウッドの森の中を長時間ハイキングした後に、シーフードを贅沢に使ったシーフードシチューや、コクのあるカスレーなど、たっぷりの温かい料理を頬張るのは格別です。

カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店 VCW_D_Oakland_T2_Bocanova 022512-270_1280x642
Tai Power Seeff

グルメ、ワイン、ナイトライフ

カリフォルニア州の贅沢なレストラン11店 vca_maps_sfbayarea
グルメ、ワイン、ナイトライフ
トップシェフの店と、都会のワイントレイルを巡りましょう

イーストベイ地区の倉庫街は、都会のただ中でワインのブレンドとボトリングをする都市型のワイン生産者を引き寄せています。オークランドと近隣のバークレー、エメリービル、アラメダには20以上のワイナリーが点在しています。自力で訪れるか、またはイーストベイ・ワイナリー・バイクツアーズによるガイド付きの楽しいサイクリングツアーに参加してみましょう。

またオークランドと周辺都市では、アップタウン、ジャック・ロンドン・スクエア、そしてグランドアベニューやグレンビューなどの新興地域に有名シェフが新しいレストランをオープンさせており、グルメな料理も楽しめます。いつも混雑しているボカノバの洗練されたタパス、オズモのモダンな日本料理、アデッソのハムや美味しいカクテルをお試しください。鶏肉料理とワッフルがお好きな方は、ウエストオークランドのブラウン・シュガー・キッチンへ。シェフ、ターニャ・ホランドがクラシックな料理に独創的なアレンジを加えたメニューを提供しています。

オークランドは、こだわりの食品メーカーが集まる街としても名を挙げています。ヌミ・ティー、ブルー・ボトル・コーヒー、リンデン・ストリート・ブリュワリーなど人気を高めているメーカーは、本社をオークランドに置いている企業の一例です。食べ物、文化、歴史に注目したツアーを提供しているセイバー・オークランドのガイド付きウォーキングツアーで、この新たなブームについて学びましょう。カスバにいるような豪華さを堪能できるレイオーバーでは、くつろぎの夕べを過ごせます。