カリフォルニアのナイトライフ Nightlife_Hero_FresnoClovisConventionVisitorsBureau_1280x642
Courtesy of Fresno/Clovis Convention & Visitor's Bureau

カリフォルニアのナイトライフ

誰もが知るカリフォルニアの太陽が沈み始めた後も、活気あふれる熱い夜を楽しむ方法は数多くあります。ネオンが明るいテーマパークでは、遅くまで楽しめる乗り物や夜空に輝くショーが魅力。周辺のショッピングやレストラン地区(特にダウンタウンディズニーとユニバーサル・シティウォーク・ハリウッドがおすすめ)では、夜になるとエンターテイメントなどの数多くの家族向けアクティビティを満喫できます。大人向けには活気に満ちた刺激的なオプションも。ロサンゼルスの有名なサンセットストリップを訪れて、伝説のクラブで踊りましょう。セレブやスターがいるかもしれません。ロサンゼルスのダウンタウン、サンディエゴ、サンフランシスコのおしゃれなエリアや、オークランド、パームスプリングスなどの都心では、ブルーパブ、劇場、コメディ、シックな雰囲気のある昔ながらのダイブバーも見どころです。

カリフォルニアのナイトライフ vc_spotlightwesthollywood_module_sunsetstrip_supplied_visitwesthollywood-roxy_1280x640
Couetesy of Visit West Hollywood

サンセットストリップ

カリフォルニアのナイトライフ vca_maps_losangeles_10
サンセットストリップ
伝説の商業エリアで華やかに、ロックに、そして大爆笑

名の知れたこの通り沿いにあるバーやクラブほど、おしゃれで美しい若者たちで溢れている場所はないでしょう。サンセットブルバードで2.6キロメートルからなる部分は、賑やかなウェストハリウッド市に位置しており、ナイトライフの人気スポットとして知られています。

モンドリアンのスカイバーサンセットタワーホテルタワーバーなどの高級ホテルの屋上にあるバーから、ザ・ヴァイパー・ルームウイスキー・ア・ゴーゴーのようなグラムグランジ風のロッククラブまで、自分の好みに合ったいろいろなスタイルやムードの場所を楽しむことができます。インディーズのシンガーソングライターや大手レーベル著名アーティストなど様々なアーティストを紹介する会場のほか、ザ・ラフ・ファクトリーザ・コメディ・ストアなどの伝説的なコメディクラブを訪れるのもお勧めです。または、『ロッキー・ホラー・ショー』が1974年に初上演されたザ・ロキシー(観客500人収容の劇場)を訪れて、こじんまりとした雰囲気の中でライブミュージックを楽しみましょう。

ショーの前後に、ザ・デン・オン・サンセットの暖炉のそばでカクテルを一杯楽しんだり、ロック・アンド・ライリーズ・アイリッシュパブでスライダーをつまみながら、選りすぐりのアイリッシュ・ウィスキーを飲んでみましょう。ホテルは眠るためにだけあるのではありません。バー・マーモントシャトー・マーモント内)、ザ・スタンダードにある究極の隠れ家的なウンウン(Mmhmmm)カクテルバーなど、オシャレな人気スポットで人を眺めたり、眺められたりして楽しむことができます。

サンセットストリップはロックンロールだけではありません。アルマーニ・エクスチェンジやH&Mをはじめとする20軒以上の店舗があるサンセットプラザで午後のショッピングを楽しんだり、愛読家なら、ロサンゼルス最大の伝説的な個人経営書店、ブックスープは見逃せないでしょう。天井から床まである本棚には6万冊以上の書籍が揃えられており、多くの書籍が限定版となっています。この本屋では頻繁に作家による朗読会が開催されていますので、スケジュールを確認して好きな作家に会ったり、新進作家の話を聞いてみましょう。

カリフォルニアのナイトライフ Nightlife_T2_DaveLauridsen_1280x642
Dave Lauridsen

サンディエゴのナイトライフ

カリフォルニア州サンディエゴの地図
サンディエゴのナイトライフ
ブルーパブ、ライブハウス、ヒップスターが集うバーでリラックス

腰を下ろしてビールを注文しましょう。ここは、アメリカで最も優れた地ビール製造の地。ストーンやカール・ストラウスなどの老舗醸造所には夕方以降にゆっくりビールが味わえる場所がいくつか用意されています。サンディエゴの素晴らしい気候を活かし、屋外には居心地の良いラウンジスペースもあります。他にも、複数のロケーションを持つピザ・ポートや、コロナド・ブリューイング・カンパニー、モンキー・ポー、プア・ハウスなどが、クラフトビールや陽気な雰囲気で地元住民に人気です。夜にたくさんの人が集まるガスランプ・クォーターでは、ガスランプ・スピーキージーやプロヒビション(秘密のドアとライブミュージックが特徴)のようなレトロでヒップなバーをチェック。サンディエゴのキャスバやベリー・アップ・タバーンで思い切り音楽を楽しむのもお忘れなく。どちらの会場でも地元や全国で活躍するバンドの演奏を満喫できます。フォーク音楽が好みの人には24時間営業のレスタッツ・コーヒーハウスがおすすめです。毎晩行われるフォーク音楽のライブ演奏のほか、毎週火曜日の夜にはコメディも楽しめます。ビーチの近くでお酒を飲みたいですか? ザ・ビーチコーマー、ザ・クラーケン、ダックダイブは、海沿いでトップ3の人気スポットです。

カリフォルニアのナイトライフ Nightlife_T3_JustinHiguchi_Flickr_1280x642
Justin Higuchi/Flickr

ロサンゼルスとその周辺のナイトライフ

ロサンゼルスとその周辺のナイトライフ
ハリウッドからダウンタウンまで、ロサンゼルスの中心は活気あふれる夜を楽しむ場所

シルバーレイク、ロスフェリス、ダウンタウン、ハリウッドは、ロサンゼルスで最もおしゃれな4つのエリア。これらの地区はすべてロサンゼルスの中心にあります。これらのどのエリアでも、最高にトレンディなナイトクラブやバーを体験できます。まずはロサンゼルスのダウンタウンでスタート。ダウンタウン・インディペンデントでショーや映画を見たり、フランク・ゲーリーが手がけた素晴らしいポストモダン様式のウォルト・ディズニー・コンサートホールでロサンゼルス・フィルハーモニックによるクラシック音楽の演奏を聴いたり。ショーの後は、ビランズ・タバーンでプロのバーテンダーが作る洒落たクラフトカクテルを。または、セブン・グランドで高級ウィスキーを試しましょう。シルバーレイク地区はヒップスターが集まる場所。ピンズ&ニードルでピンボールをしたり、ザ・エコーまたはザ・サテライトでインディーズの音楽に合わせて体を揺らしたり。人気のビッグフットロッジやレッドライオンタバーンで地元の人々に混じってくつろぐだけでも楽しい気分が味わえます。

シルバーレイクから少し進むと、ロスフェリスがあります。ロサンゼルス屈指のナイトライフを満喫できる、歩いて観光しやすいのんびりした雰囲気の地区です。(「マッドメン」のジョン・ハムやセクシーなエヴァ・メンデスなど、数多くのセレブが拠点を置くエリアでもあります。) ザ・ドレスデンでマーティ&イレーンによる昔ながらのラウンジショーを見たり、ティキ・ティバーでマイタイを飲んだり、ハーバード&ストーンでカクテルやバーレスクを堪能したり、過ごし方はさまざまです。締めくくりはハリウッドで。アップライト・シチズン・ブリゲイドによる即興劇や、アモエバ・レコードでの全国レベルのアーティストによるインストアパフォーマンスを見たり。または、裏通りの隠れ家のようなホテルカフェでは和やかなシンガーソングライターのライブを楽しむことができます。

Fresno's Tower District
D.C. Atty/Flickr

フレズノタワー地区

Central Valley
フレズノタワー地区
レトロスタイルの魅力や新たなサプライズがいっぱいの、おしゃれなエリアを散策

フレズノの路面電車(現在は運行廃止)でアクセスできる地区として30年代に作られた、ネオンが明るいタワー地区は、今ではこのバレーのナイトライフの中心。多数のレストラン、バー、劇場、レコード店、アートギャラリー、古着屋、カフェが地元住民や観光客を引き付け、夜も歩道は人々で賑わいます。761席あるアールデコ時代のタワーシアターでは、地元や全国で活躍するロックやジャズのミュージシャンやコメディのほか、芸術映画など、多岐にわたるショーを満喫できます。他にも舞台をライブで楽しむオプションがあります。ロジャー・ロッカ・ディナー・シアターではテーブルを予約。もしくは、グッド・カンパニー・プレイヤーズによる公演を鑑賞しましょう。どちらもタワー地区に拠点を置いています。2,000年に設立されたセコイア・ブルーイング・カンパニーは、ショーの前後にゆったりとくつろぐのに最適な場所。チャイナピークピルスナーまたはセコイアペールエールをお試しください。もっとクラフトビールを楽しみたい人やゲームに興味がある人には、自転車をテーマにしたスポーキージー・パブリックハウスがおすすめ。ザ・クラッシュのリードシンガー&ギタリストであった故ジョー・ストラマーにちなんで名付けられたストラマーズ、およびフルトン55では、あらゆるタイプのライブ音楽(勇気がある人にはカラオケのオプションも)が聴けます。

1年に数回、タワー地区全域が特別イベントでお祭りのように盛り上がります。関連した会場で、音楽やそれ以外のエンターテイメントが楽しめます。有名なローグ芸術祭、フレズノ映画祭、毎年恒例のマルディグラパレードがその代表です。

The Geary Theater, San Francisco
Tai Power Seeff

ナイトライフ

カリフォルニアのナイトライフ vca_maps_sfbayarea
ナイトライフ
夜を楽しむナイトスポット

サンフランシスコには夜が静かな日がほとんどなく、バーやクラブは午前2時に閉まるかもしれませんが、遊び疲れるまで目いっぱい楽しめます。優雅なエンターテインメントなら、サンフランシスコはトップクラスの交響楽団、クラシック・現代バレエ団、オペラ団を誇ります。また、サンフランシスコの演劇界は盛況で、特に著名なアメリカン・コンサーバトリー・シアターは、古典的作品や新作をユニオンスクエア近くのギアリーシアターで上演しています。ブロードウェイの巡業公演は必ずサンフランシスコを訪れるので、マーケットストリートにある見事なオーフィウム劇場でほとんどの作品を上演しているSHNの公演予定をチェックしてみましょう。シティアーツ&レクチャーズは、著名人、スター、世界的な有力者を迎えて、興味深い対話の機会を提供しています。一般に公開されているギャラリーショーや、美術館・博物館の夜間特別プログラムにも参加してみましょう。わいわい楽しむなら、伝説的なフィルモアでのロックコンサート、ボトムオブザヒルでのインディーバンド、ホテルユタ・サルーンでのオープンマイクナイトもあります。サンフランシスコのナイトライフでは、こだわりのカクテルが楽しめる高級バー(バーボン&ブランチ、アレンビックなど)から、地元の人とひじを突き合わせて飲む、地域に根ざした昔からの飲み屋(500クラブ)まで、ふんだんにあるバーの飲み歩きが絶対はずせません。

カリフォルニアのナイトライフ VCW_D_Universal_T4_CityWalk Street_1280x642_0
ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド提供

ユニバーサルシティウォーク

カリフォルニアのナイトライフ vca_maps_losangeles
ユニバーサルシティウォーク
大都市のエキサイトメントを3区画に集約

ナイトライフとお食事、そして絶対外せないお土産ショッピング。これらすべてがギュッと詰まったユニバーサルシティウォークは、賑やかな歩行者天国の施設です。実際、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのメイン駐車場から直結していますので、見逃すことはありません。それに入場料は無料ですから、ユニバーサルスタジオの入場券を持っていなくても、シティウォークには気軽に来ることができます。ラスベガスのベラージオの噴水を手掛けたチームがデザインした、シティウォーク中央のダンシング・ウォーター噴水は必見です。テレビ番組『エクストラ』のカメラクルーやホストが、パークやシティウォークでよく収録をしているので、出会えるかもしれません。

もちろん、シティウォークでも映画が主役です。ユニバーサル・シネマでリクライニングシートにゆったりと座り、映画を楽しみましょう。通常の上映室18室にIMAXシアター1室を有する7階建ての映画館です。違った種類のスリルを味わいたいならアイフライ・ハリウッドへどうぞ。下から風が吹き上げるトンネルの中でスカイダイビング体験。無料のアウトドアコンサートは、ライトショーと一体となって、思わず踊り出したくなること間違いなし。当然そのスペースも十分にあります。ただし、踊っている間はショッピングの戦利品を誰かに持ってもらう必要があるかもしれません。シティウォークはショッピングの誘惑もいっぱい。アバクロンビー&フィッチフォッシルビラボンなどが通路やプラザにひしめいています。

ここでは、お腹がすいて困るということもありません。ロサンゼルスの有名店、ピンクズ・フェイマス・ホットドッグヴィヴォ・イタリアン・キッチンルドバード(有名シェフ、ルド・ルフェーヴルがお届けするプロバンス風フライドチキン)や、サンディエゴ生まれのクラフトビール、カールシュトラウス・ブルーイング・カンパニーもあります。シティウォークにはカリフォルニア以外の有名店も出店しています。ジミー・バフェットのマルガリータヴィルトンポーキッチン(中国の人気店「眉州東波」の姉妹店)、ポートランドのブードゥー・ドーナツのカリフォルニア1号店もあります。

カリフォルニアのナイトライフ VCW_D_Oakland_T2_Bocanova 022512-270_1280x642
Tai Power Seeff

グルメ、ワイン、ナイトライフ

カリフォルニアのナイトライフ vca_maps_sfbayarea
グルメ、ワイン、ナイトライフ
トップシェフの店と、都会のワイントレイルを巡りましょう

イーストベイ地区の倉庫街は、都会のただ中でワインのブレンドとボトリングをする都市型のワイン生産者を引き寄せています。オークランドと近隣のバークレー、エメリービル、アラメダには20以上のワイナリーが点在しています。自力で訪れるか、またはイーストベイ・ワイナリー・バイクツアーズによるガイド付きの楽しいサイクリングツアーに参加してみましょう。

またオークランドと周辺都市では、アップタウン、ジャック・ロンドン・スクエア、そしてグランドアベニューやグレンビューなどの新興地域に有名シェフが新しいレストランをオープンさせており、グルメな料理も楽しめます。いつも混雑しているボカノバの洗練されたタパス、オズモのモダンな日本料理、アデッソのハムや美味しいカクテルをお試しください。鶏肉料理とワッフルがお好きな方は、ウエストオークランドのブラウン・シュガー・キッチンへ。シェフ、ターニャ・ホランドがクラシックな料理に独創的なアレンジを加えたメニューを提供しています。

オークランドは、こだわりの食品メーカーが集まる街としても名を挙げています。ヌミ・ティー、ブルー・ボトル・コーヒー、リンデン・ストリート・ブリュワリーなど人気を高めているメーカーは、本社をオークランドに置いている企業の一例です。食べ物、文化、歴史に注目したツアーを提供しているセイバー・オークランドのガイド付きウォーキングツアーで、この新たなブームについて学びましょう。カスバにいるような豪華さを堪能できるレイオーバーでは、くつろぎの夕べを過ごせます。

Palm Springs at dusk
David A Lee

パームスプリングスのナイトライフ

カリフォルニアのナイトライフ vca_maps_deserts_0
パームスプリングスのナイトライフ
ヒップなプールシーンで砂漠がヒートアップ

パームスプリングスは最高のパーティータウン。常に進化を続け、現在の栄光に満足することがありません。プールサイドでDJが音楽を演出するヒップなホテルに、ミニスカートとハイヒールをはいた人々が集結します。エースホテル&スイムクラブとハードロックホテルは特に人気です。夜には屋外でおしゃれなカクテルが飲めるバーが多数あります。リビエラのサイドバーでは、ベッドのように大きいラウンジチェアでくつろいでカクテルを飲みながら、星を眺めることができます。シャンハイレッズ、ビレッジパブ、ゼルダズナイトクラブでは、パーティーミュージックのリズムが夜遅くまで響いています。エンターテインメントなら、地域のカジノで開催されるコンサートをチェックしてみましょう。往年の名バラード歌手(ジョニー・マティス)から今をときめくスター(ロビン・シック)まで、多くの大スターがコンサートを開いています。木曜の夜には、よりカジュアルなパーティーシーンがパームキャニオンドライブのビレッジフェストで広がり、バンドの生演奏や地元の店の屋台、食べ物を楽しむ地元の人や観光客でにぎわいます。

ダウンタウン・ディズニー・ディストリクトの店頭
ハリオット・マンリー/サンセットパブリッシング

ダウンタウンディズニーディストリクト

カリフォルニアのナイトライフ vca_maps_orangecounty
ダウンタウンディズニーディストリクト
レストラン、ショップ、活気あふれるナイトライフを探す

屋外カフェやストリートミュージシャン、華やかなブティック、そびえ立つ寺院のほか、ディズニーに関するすべてのものが混在する、アナハイムにあるこの魅力的な歩行者専用ゾーンは、リゾートの2つのテーマパークに匹敵する必見スポットです。このエリアに着いたときに空腹でも、すぐにお腹が満たされるはず。ラ・ブレア・ベーカリーカフェ(生い茂る木の下の屋外席が特にお勧め)などのカリフォルニア発祥の人気カフェやレストランでユニークで美味しい料理をお楽しみください。ネイプルズ・リストランテ&ピッツェリアでイタリアンピッツァを食べながらくつろぐのはいかがでしょう。または、ワンランク上のお食事には、ロサンゼルスエリアのシェフ兼レストラン経営者のジョアキム・スプリチャルが作ったカタールで最新の地中海料理をお楽しみください。

甘いものがお好きなら、高級カップケーキ御用達スプリンクルズのお店がお勧めです。カップケーキの人気に火をつけたと言われる創造性に富んだカップケーキ・ベーカリーですので、是非お見逃しなく。でも、斬新的な家族経営のアイスクリームショップ、ソルト&ストローで手作りの美味しいアイスクリームを食べる分のスペースは胃袋に残しておきましょう。職人の手によって少量ずつ作られた「マミーズ・パンプキン・スパイクド・ポーション(ミイラのパンプキンスパイス魔法薬)」や「サイトグラスコーヒー・カシュ―・プラーリン」などの季節のフレーバーがいただけます。

もちろん、ライブエンターテイメント、アクティビティやショッピングも大いに楽しむことができます。ラルフ・ブレナンズ・ジャズ・キッチン®では、ニューオーリンズ風の音楽が目玉となっています。敷地内のレストラン、スプリッツビル・ダイニング・ルームの屋内または屋外で食事をした後は、家族全員でロックンロールがテーマのスプリッツビル・ラグジュアリー・レーンでボーリングを楽しみましょう。そして、ワールド・オブ・ディズニー®のお店でお土産をたくさん購入したり、レゴ®ストアセフォラなどの有名店を見て回るのもお勧めです。 ガーリーなディズニーファンなら、ザ・ディズニー・ドレス・ショップのヴィンテージ風の服やアクセサリーに胸がときめくでしょう。また、ディズニー・ホーム・ストアでキッチン用品や装飾品を購入すれば、自分の家にちょっとした魔法をかけることができます。 

最新の3D映像とサウンドを楽しめる完全没入型のバーチャルリアリティ体験「スター・ウォーズ™:シークレッツ・オブ・エンパイア」(ILMxLABとThe Voidが製作・開発)は、スターウォーズファンなら夢中になれるでしょう。4人で一つのチームになってVR装置を着用し、お気に入りのスター・ウォーズのキャラクターと、そしてお互いともプレイを楽しむことができます。 

耳より情報: ダウンタウン・ディズニー(入場無料)を訪れるのにディズニーランドへの入場券は必要ありません。また、駐車場の心配は無用です。参加店舗による駐車券認証がある場合、駐車料金は5時間まで無料です。