カリフォルニアのスキー&スノーボード Jason-Abraham_GraniteSilvySV06_1280x642
Jason Abraham

カリフォルニアのスキー&スノーボード

ハイシエラの山々、マンモスマウンテンに深く刻まれる溶岩流の跡、家族連れにぴったりのリゾート、そしてヨセミテの端に佇む雪に囲まれた隠れ家……カリフォルニアには、スキーやスノーボードを満喫できるマウンテンリゾートがたくさんあります。思う存分スノースポーツを楽しめば、誰もが笑顔になることでしょう。大きなマウンテンスタイルのリゾートやビレッジスタイルのリゾートから、旅行者にはあまり知られていない隠れた名所まで、ご自分のスタイルに合わせてお好きなリゾートをお選びください。

カリフォルニアのスキー&スノーボード HeavenlyAction_1280x642
Heavenly Mountain Resort

ヘブンリー

ヘブンリー
レイクタホのほとりでスキー、スノーボード、各種アクティビティを満喫

レイクタホの南側にあるのは、世界最大のスキーリゾートのひとつヘブンリー。まるでフリーウェイのように幅広く、コブのないゲレンデからの湖の眺めは絶景です。この巨大なリゾートには何でも揃っています。パノラマビューが楽しめる広くなだらかなコースのほか、様々なレベル向けのゲレンデや「ガンバレル」などのモーグル用コースがあり、雪に覆われ足跡ひとつない林の中の銀世界には心安らぐ静寂が広がっています。

スキーやスノーボードはしないという方にも楽しんでいただけるヘブンリー。山の斜面に架かったジップライン、チューブラン、景色の良いゴンドラ、そしてパーティのような雰囲気が、山の上から下まで続きます。特にスノースポーツが初めてという海外からのお客様にも人気のリゾートです。山の上にあるタマラックロッジでは、夕方にアフタースキーのアンバックル・パーティが開催されます。スキーやスノーボードをしない方も参加できますので、誰もが一緒に楽しいひとときを過ごすことができます。ベースとなるヘブンリーのビレッジも人気アトラクションのひとつ。アイススケートリンクや屋外ファイヤーピットのほか、多彩なレストランが揃っています。また、ヘブンリーはカリフォルニア州とネバダ州をまたいでおり、高層カジノや派手なホテルが立ち並ぶ隣接のステートラインエリアではトップクラスのエンターテイメントとギャンブルを満喫することができます。

知っておくと便利な情報: ヘブンリー、ノーススターカリフォルニア、カークウッドを訪れるなら、エピックパスの購入を検討するとよいでしょう。様々なオプションと価格が設定されていますので、ご自分の旅行プランに合うパスがあるかチェックしてみましょう。

カリフォルニアのスキー&スノーボード NorthstarCA_Photo_1280x642
Snow Snow/ Flickr

ノーススターカリフォルニア

ノーススターカリフォルニア
家族連れに最適なレイクタホ周辺のプレイスポット

美しいビレッジ・アット・ノーススターのスケートリンクでアイススケートを楽しむ人々をご覧になれば、ここが家族連れにぴったりな場所だと分かるでしょう。スケートリンク、屋外の座り心地のよいソファ、ショップ、レストランなど、どこへ行っても楽しそうなファミリーに出会います。彼らは素晴らしい山で素晴らしい一日を過ごし、戻ってきたばかり――ノーススターにはこの地域でも有数の、あらゆるレベル向けのゲレンデが揃っているのです(かの有名なスーパースター、ショーン・ホワイトの練習用に造られた巨大なハーフパイプもあります)。上級者には、伝説的なルックアウトマウンテンのはずれの木々が連なる雪深いエリアと松林が続くバックカントリーが人気です。中級者と初心者のスキーヤーは、広々としたなだらかなコースで滑走を楽しむことができます。近くのレイクタホを望む一部のコースからは、インスタグラムに投稿したくなるような美しい景観が見えます。

そして、先述のビレッジも楽しみのひとつ。大半のリゾートでは、スモア(焼いたマシュマロとチョコレートをグラハムクラッカーで挟んだキャンプファイヤーのデザート)のキットをスティック付きで販売しているので、ベースビレッジのファイヤーピットでスイーツ作りを満喫することができます。まさに家族連れにぴったりなノーススターでは、何もかもがファミリーを意識してつくられているようです。子供たちはスケートリンク上で舞い(または尻もちをつき)、休憩時間にはママとパパ(暖かいリンクサイドのカバナでアイリッシュコーヒーを飲んでいる)と一緒にマシュマロ入りのスイーツを作ります。最先端で都会的でありながら山の魅力を満喫できるペトラビストロ&ワインバーで、心安らぐディナーのひとときを楽しみましょう。一流のワインをグラスで注文できるほか、削りフェンネルがアクセントになったあばら肉の蒸し煮などの洗練された小皿料理も味わうことができます。1日中スキーブーツを履いて脚が疲れたら、リッツ・カールトン、レイクタホのおしゃれなスパで足の痛みを和らげる「エイキング・フィート・レスキュー」トリートメントをお試しください。リフレッシュした後には同リゾートの人気レストラン、マンザニータでエネルギーを補給しましょう。

知っておくと便利な情報: ノーススターカリフォルニア、ヘブンリー、カークウッドを訪れるなら、エピックパスを購入するとよいでしょう。様々なオプションと価格が設定されていますので、ご自分の旅行プランに合うパスがあるかチェックしてみましょう。

カリフォルニアのスキー&スノーボード Groomer_Jeff-Engerbretson_1280x642
Tai Power Seeff

スコーバレー

スコーバレー
一流リゾートでスキーと太陽の光を満喫

スキー焼けした笑顔が素敵な人々と本格的なスキー装備が待つスコーは、エリートスキーヤーとその家族に人気のリゾート。ゲレンデ上でもゲレンデ外でもあらゆる年齢層のお客様を歓迎しています。長年のファンの多くは幼少期からここでスキーを楽しんでいるので、スコーを「自分の」山――トップスキーヤーに最適なクラブ――だと思っていますが、ゲレンデでの1日を終えると、くつろぎながら他の人々との交流を楽しんでいます。スコーのベースビレッジでは、体を動かして気分が高揚した後ののんびりリラックスした雰囲気をお楽しみください。ライブ演奏、お子様向けのバンジージャンプ・トランポリン、尻尾を振る無数の犬たちが待っています。ビレッジ・アット・スコーのKTベースバーのデッキからは、目の前にそびえる伝説の山、KT-22の姿を眺めることができます。ここではぜひ屋外の席を確保しましょう。半世紀近く前からベースビレッジで営業している素朴な雰囲気のル・シャモア(通称「ザ・チャミー」)も地元の人々に人気のお店です。また、彼らは焼きたての温かいクッキーを求めてワイルドフラワー・ベーキング・カンパニーにもよく立ち寄ります。スキーに行くのに水着は必要? スコーに行くなら、ぜひ水着を持参しましょう。3月からスコーのハイキャンプにある温水プールと温浴施設の営業が始まり、2,700メートル級の山々に囲まれて温かいお湯につかることができるのです(スキーをしない方は、エリアルトラムに乗ってアクセスすることができます)。麓のベースでは、リゾート・アット・スコークリークのおしゃれなスパでマッサージをしてもらいましょう。トリートメントには屋外ジャクジーの利用も含まれています。若きレーサーたちには、スコーのスノベンチャープログラムへの参加がおすすめ。6歳から12歳までのお子様は、整備されたコースでミニスノーモービルの運転を体験できます。また、モータースポーツ以外にも、スノーチューブでそり遊びが楽しめる3レーンのスロープも整備されています。 スコーの姉妹リゾートであるアルパインメドウズは、道沿いを少し進んだ先のトラッキーとタホシティの間にあります。家族連れと粉雪を求める通のスキーヤーに人気があるこの風光明媚なリゾートは、高山地域ならではの雰囲気、シャレー式の木造ロッジ、周囲の美しい大自然が魅力です。ここには誰もが楽しめるプログレッションパークから広々とした谷まで様々な選択肢があり、971ヘクタールのスキーエリアには100のトレイルが整備されています。

知っておくと便利な情報: タホ・スーパーパスを利用して、スコーバレー、アルパインメドウズ、シュガーボウル、シエラ・アット・タホでスキーやスノーボードを楽しむことができます。

カリフォルニアのスキー&スノーボード PM5_8659_Mammoth_1280x642
Rebecca Garrett

冬のマンモスレイク

カリフォルニアのスキー&スノーボード vca_maps_highsierra
冬のマンモスレイク
夏のような日差しの中、たっぷりの雪の上でスキーを

冬、マンモスレイクの母なる自然は優しさに溢れます。本当に素晴らしいところです。山麓の街を象徴するマンモスマウンテンの積雪は平均9メートルを超え、リフトやゴンドラが次々と州内リゾート最長の尾根を上っていきます。嬉しいことに、このウインターワンダーランドでは、冬でも日焼け止めが必要なほど光り輝いています。マンモスでは、年間約300日は晴れています。そのため、スキーの後、マンモスの山あいの複合施設でサンデッキに並べられた椅子に座ってくつろげば、さまざまな方法で楽しむ人々の様子が目に入ります。ベースとなる村も同様に、店やレストラン、ナイトライフが充実。最高にくつろげるフレンドリーな場所として地元で人気のジューンマウンテン近隣のゲレンデなら、盛りだくさんの楽しい一日を過ごせるでしょう。そしてスキーをしなくても、マンモスマウンテンのゴンドラに乗れば、この地域の楽しさを十分味わうことが可能です。

静かな冬のレジャーを楽しみに、タマラック・クロスカントリースキー・センターへ向かえば、ノルディックスキーやかんじき用のトレイルから望む息をのむような素晴らしい眺めが待っています。近くにあるタマラックロッジでは、宿泊しなくても、素敵な部屋でマグ入りの熱々のモルドワインを楽しみながら暖炉のそばでゆっくりとくつろいだ後で、居心地の良いレイクフロント・レストランにて夕食をとることも可能です(スキーウェア可)。

冬の贅沢も盛りだくさん。雪上車で行くツアーから、ガイド付きの満月の夜に楽しめるかんじきトレッキングもあります。子ども達と一緒なら、チュービングがお勧めです。大自然の中を犬ぞりで駆け抜けるのもいいでしょう。スキーの後は、シエラネバダリゾート&スパやスノークリーク・アスレチッククラブなどの周辺リゾートでマッサージが受けられるほか、最大の贅沢、ただひたすらに自由な時間を満喫しつつ、夕暮れ時の山頂の赤い輝きを見つめるのもまた最高です。

カリフォルニアのスキー&スノーボード SAT_Photo-SierraBaseSkier_Resized_1280x642
Sierra-at-Tahoe

シエラ・アット・タホ

シエラ・アット・タホ
ゴールドが詰まった秘宝の山

アクセスしやすくて楽しいこのリゾートはレイクタホへ行く途中にあり、自慢できるものがたくさんありますが、なぜかあまり知られていないようです。ハンナ・テッターやマディ・ボウマンなどのスノーボードやフリースタイルスキーの数多くの金メダリストたちはシエラ・アット・タホを「ホーム」と呼び、称賛しています。しかし、この山を愛する一流アスリートを宣伝する大きな垂れ幕や派手な看板は、ここでは一切見当たりません。これこそが、このリゾートが彼らに愛されている理由のひとつなのかもしれません――ここには雪と山があるだけ。初心者と中級者向けのなだらかで美しいコースに加え、当リゾート最長の全長4キロメートルのシュガー・ン・スパイスを含む非常に長いコースも揃っています。さらに、シエラ・アット・タホにはこの地域でも有数のツリーランコースがあり、上級者限定の急斜面、氷面、ふわふわの雪でできた分厚いコブ斜面が人気です。

しかし、最大の魅力は何と言っても多彩なゲレンデとパイプ。この特徴があるからこそ、シエラ・アット・タホはスキーやスノーボードをしない方にもおすすめのスポットなのかもしれません。世界クラスの選手がここでトレーニングを行うので、世界屈指のスノーアスリートたちの姿を斜面の脇から見ることができるのです。信じ難いかもしれませんが、ロッジ内をブーツでドタドタ歩いている乱れ髪のあの若い女性は、スキー小屋のクローゼットに数多くの金メダルをしまっているのかもしれません。

知っておくと便利な情報: スキーシーズン中は、シエラ・アット・タホとサウス・レイクタホの間を無料シャトルが運行します。また、タホ・スーパーパスを利用して、スコーバレー、アルパインメドウズ、シュガーボウル、シエラ・アット・タホでスキーやスノーボードを楽しむことができます。

カリフォルニアのスキー&スノーボード BPSA_1280x642
Badger Pass

ヨセミテ スキー&スノーボードエリア

ヨセミテ スキー&スノーボードエリア
ヨセミテが誇る極上の冬の魅力を発見

ここはパパとママが初めてお子さんをスキーに連れて行くのにぴったりな場所。彼ら自身も子供の頃に同じ体験をして、さらにその親たちの世代もきっと同じ体験をしたのでしょう。ヨセミテ スキー&スノーボードエリア(かつてバッジャーパスとして知られていました)は、リラックスした雰囲気が魅力。冬にヨセミテを訪れる際に立ち寄るのはもちろんのこと、ここを目当てに訪れる価値も十分あります。

このリゾートほどフレンドリーで気取らない場所はないでしょう。ここでは広々としたサンデッキの椅子にもたれて、お子さんがゲレンデでスキーやスノーボードを練習する姿を眺めることができます。もちろん、大人もスキーを満喫できます。初心者、中級者、上級者向けの10のコースが揃っています。クロスカントリースキーやスノーシューにトライしたことがなければ、今回ぜひ始めてみましょう。整備の行き届いた全長145キロメートル以上のトレイルと機械で整備された40キロメートルのコースがヨセミテの冬の銀世界に向かって進んでいます。クロスカントリー用のrトラックとスケートレーンはバッジャーパスからグレイシャーポイントまで整備されており、往復で34キロメートルの眺めの良い行程です。

ヨセミテバレー発着の手軽な移動手段(無料)として、ハーフドームビレッジからマジェスティック・ヨセミテホテルヨセミテバレーロッジ行きのシャトルバスをご利用ください。

カリフォルニアのスキー&スノーボード Kirkwood_Photo_1280x642
Kirkwood

カークウッド

カークウッド
レイクタホ南部を訪れる冒険の旅

パウダースノーを追い求める人々に、カリフォルニアにあるお気に入りのスポットはどこかと尋ねると、おそらく大半の人がカークウッドと答えるでしょう(もし彼らに秘密を教える気があれば、ですが)。レイクタホから約56キロメートル南に位置するこの素晴らしいリゾートは、この地域では深く険しい場所だと評されています。とがった花崗岩の山は重い雪をしっかり捕えるため、雪にこだわる地元の人々がよく訪れるスポットになっています。思い出に残る初滑りをしたいなら、朝早く出発しましょう。特に誰も足を踏み入れていない裏山のコースを狙うなら、早めの出発がおすすめです。ドキドキするような体験をお望みなら、悪名高いザ・ウォールに挑戦。急斜面からスタートし、派手な夢のビッグターンにトライしてみましょう。また、カークウッドは、自分のスキルを磨くことができる多彩な体験プログラム、「エクスペディション: カークウッドプログラム」も提供しています。プライベートバックカントリーガイド、スノーキャットツアー、スキーとスノーボードの専門クリニック、雪崩認定コース、女性限定アドベンチャーなどのプログラムから選択することができます。

カークウッドで利用できるのは急斜面やゲレンデ外のスキーエリアだけではありません。ティンバークリークのエリアは初心者や家族連れにぴったりで、優れたスキー・スノーボードスクールとリラックスした雰囲気のベースロッジがあります。

知っておくと便利な情報: カークウッド、ヘブンリー、ノーススターカリフォルニアを訪れるなら、エピックパスの購入を検討するとよいでしょう。様々なオプションと価格が設定されていますので、ご自分の旅行プランに合うパスがあるかチェックしてみましょう。

カリフォルニアのスキー&スノーボード SnowSummit_1280x642
Snow Summit

ビッグベア

ビッグベア
2つのリゾートで楽しみも2倍に

松と雪に覆われたサンバーナーディーノ山脈に位置する冬に人気の高山エリア、ビッグベア・マウンテンリゾート。スノーサミットとベアマウンテンの2つのリゾートから成り、南カリフォルニアの都市から「往復してもタンクのガソリンが空にならない」スキーとスノーボードのスポットとして知られています。

3.2キロメートルほど離れたこれら2つのリゾートは無料のリゾート間エクスプレスシャトルで結ばれ、雪を切るように進む50以上のコースが整備されています。このリゾートの地形とゲレンデは見事なので、トリックを楽しみたい方(または、他の人々のトリックを見たい方)も退屈することはありません。高山地域ならではのフレンドリーな雰囲気が魅力のビッグベアレイクの街には、アフタースキーにリラックスできる素朴なお店もたくさんあります。

カリフォルニアのスキー&スノーボード VCW_SI_Ski_T9_ChinaPeak_1280x642

チャイナピーク

チャイナピーク
雪のシーズンに人気のアクセスしやすいリゾート

シエラの西側に位置するこの素朴なリゾートは、セントラルバレーのスキーヤーとスノーボーダーに人気のスポット。フレズノから109キロメートル北東の混雑のないシエラ国有林にあるチャイナピークでは、最も高い標高2,652メートルの地点から、およそ518メートル真下まで見渡せる壮大な景色を楽しむことができます。

このリゾートの目標は、アクセスしやすく誰もが楽しめる場所であり続けること。お子様は、ウルマンズアレイのバートン・プログレッションパークで技を磨くことができます。上級のスノーボーダーやスキーヤーは、難易度の高い人気のトールハウスパークでレール、ボックス、ヒップ、スパインにチャレンジ。渓谷なので、スキーヤーとスノーボーダーはバンクターン、ローラー、ジャンプを満喫することができます。

1日の終わりには、気取らないベースロッジにある昔ながらのJW'sオリジナルバーで、ブーツを脱いでおくつろぎください。

カリフォルニアのスキー&スノーボード SugarBowl_CAH_7419_1280x642
Cath Howard

シュガーボウル

シュガーボウル
甘くて雪深いシエラの秘宝

シュガーボウルという名は、まさにこの雪深いリゾートにぴったり。砂糖のようなサラサラの雪が積もり、特にシエラの大雪が降った後には大勢のスキーヤーが集まります。ベイエリアから車でアクセスしやすく、サクラメントから北東へ進み2時間足らずで行けるシュガーボウルは、気軽なスキー旅行を楽しみたい家族連れに大変人気です。

シュガーボウルには人里離れた隠れ家リゾートのような雰囲気があります。州間高速道路80号線から離れた道路沿いにあるのは、コンドミニアムやホテルではなく雪に覆われた林が大半で、小さなベースビレッジは生まれたての雪の世界のように見えます。毎シーズンの平均積雪量が1,270センチメートルのこのリゾートには、4つの山々に様々なゲレンデと、手つかずの自然が残るバックカントリー(その大半は、シュガーボウルの姉妹クロスカントリーリゾートである北米最大のノルディックリゾート、ロイヤルゴージのトレイルと織り交ざっている)があり、シエラの中でも魅力的なスポットだと言えるでしょう。

知っておくと便利な情報: タホ・スーパーパスを利用して、スコーバレー、アルパインメドウズ、シュガーボウル、シエラ・アット・タホでスキーやスノーボードを楽しむことができます。

カリフォルニアのスキー&スノーボード VCW_SI_T11_MTHigh_jordan-munoz_1280x642

マウンテンハイ

マウンテンハイ
ロサンゼルスから手軽に行かれる雪の国

ロサンゼルスエリアからの雪への近道は、飛行機でゲレンデに向かう場合は別として、サンバーナーディーノ山脈の東側にある人気のマウンテンリゾートへ直行する方法です。このスキーリゾートは3つのエリアから成り、どのエリアにも独特のスタイルと雰囲気があります。ゲレンデ脇での音楽、ライブパフォーマンス、ナイトスキー、丘の上でのコンテストを楽しみたいなら、ウェストリゾートがおすすめです。イーストリゾートでは高山地域ならではの体験を。モーグル、林間コース、モハーベ砂漠の眺望が楽しめる、このエリア最長のトレイルに、4人掛けの高速リフトでアクセスすることができます。ピークシーズン中の金曜日から日曜日まで営業しているマウンテンハイ・ノースリゾートは、他の2つのリゾートとは一味違う家族向けのスポット。初心者から中級者向けの28ヘクタールのゲレンデと、南カリフォルニア最長のスノーチュービングパークが整備されています。

このリゾートは117ヘクタールのゲレンデを有し、毎シーズンの平均積雪量は330センチメートルです。トレイルのバランスも良く、25%が初心者向け、40%が中級者向け、35%が上級者向けになっています。

カリフォルニアのスキー&スノーボード BearValley_1280x642

ベアバレー

ベアバレー
山の隠れ家で家族の思い出を作ろう

険しい高山の自然に抱かれたベアバレーは、ゆっくりとくつろげる楽しい冬の観光スポット。まるで人知れず過ごす秘密の場所のようです。おおらかな自然の中、家族で楽しめる活気が満ちあふれた静かな山の街は、北のレイクタホと南のヨセミテ国立公園のほぼ中間に位置しています。懐かしい快適さに包まれた時間は、子供のころに大好きだったバケーションを思い起こさせてくれるでしょう。また、ここはスキーとスノーボードの楽園。ベアバレー・マウンテンリゾートには、約688ヘクタールのスキー場に9基のリフトと75のコースが備えられています。初心者用のコースから上級者用のグリズリーボウルまで、だれもが自分にぴったりのスロープを満喫できます。雪不足でもスノーマシンが用意されているので安心です。

ナショナル・シーニック・バイウェイに指定され、エベッツ・パスとして知られるハイウェイ4号線は、冬季にはベアバレーのすぐ東側で通行止めになります。この間、雪に覆われたこのハイウェイは車の通行はできなくなりますが、その代わり、スノーシューイングとクロスカントリスキーが楽しめる分かりやすいトレイルに変身します。街で用具をレンタルしてこのルートに繰り出し、冬の険しい山々や静まり返る森の光景に溶け込んでください。さらにトレイルを探訪したい場合は、ベアバレー・クロスカントリーがおすすめ。変化に富んだ1,214ヘクタールのエリアに、フリースキーやスケートスキーが楽しめる雪をならしたトレイル、コース脇に設けられた4つのハットとメドーカフェ、さらに晴天の時に利用できるピクニックテーブルなどが整備されています。ギアを身に付けてダウンヒルスキーのテクニックを習得するのに最適な緩やかなスロープもあります。(練習すれば、どんどん上達します。) ソリ遊びやチュービングが楽しめる丘や、太いタイヤで雪の中を駆け巡る今注目のスノーバイクなども用意され、雪遊びのメニューは万全です。

スノーモービルにチャレンジしたいなら、ベアバレー・スノーモービルをチェック。レンタルと24キロメートルの整備されたコースが利用でき、人気のあるハイランドレイクスのエリアをエキサイティングに疾走できます。

知っておくと便利な情報: 夏になったら、毎年開かれるベアバレー・ミュージックフェスティバルを見に来てください。フルオーケストラをはじめ、さまざまな人気ジャンルの音楽が、山の松林を賑わわせます。