Northstar Village
Fovea Centralis/Flickr

アフタースキーにおすすめのベストスポット

スキーブーツを脱いだら思いっきりリラックスするのがスノーカントリーの慣例。カリフォルニア屈指のアルパインリゾートには、さまざまなアフタースキーの楽しみ方があります。ビールを飲む、アイリッシュコーヒーで暖まる、ダンスをする、ファイヤーリングの周りで自家製マシュマロを焼く、チュービングを楽しむ、高地の美しい景観に包まれて食事をするなど、思い思いに過ごしましょう。カリフォルニア式のアフタースキーは誰でも参加できます。山で運動をしなかった方々も大歓迎なのです。では、アフタースキーが楽しめるスタイリッシュなスポットをご紹介しましょう。場所は北から南の順に並んでいます。

Skiers Enjoying Craft Beers in a Hot Tub at Squaw Valley Alpine Meadows
Courtesy of Squaw Valley/Alpine Meadows

スコーバレーのアフタースキー

スコーバレーのアフタースキー
頂上の近くでホットタブを満喫

スキー焼けした笑顔が素敵な人々と本格的なスキー装備が待つスコーは、まさにエリートスキーヤーにふさわしいリゾート。しかし、1日が終わるとスコーのベースビレッジは気楽でリラックスした雰囲気に包まれ、ライブ演奏、お子様向けのバンジージャンプ・トランポリン、尻尾を振る無数の犬たちが待っています。ビレッジ・アット・スコーのKTベースバーの屋外デッキは、アフタースキーに最適なスポット。目の前にそびえる伝説の山、KT-22の姿を眺めることができます。もうひとつのお楽しみは(もし水着を忘れずに持参していたら)、スコーのハイキャンプにある施設での温浴です。2,743メートル級の山々に囲まれながら温かいお湯につかることができます(営業開始は3月から。スキーをしない方は、エリアルトラムに乗ってアクセスすることができます)。

若きレーサーたちは、リフトの営業が終了した後もスコーのスノベンチャープログラムで思う存分遊びましょう。6歳から12歳までのお子様は、整備されたコースでミニスノーモービルの運転を体験することができます。また、敷地内ではスノーチュービングも楽しめます。

アフタースキーにおすすめのベストスポット VCW_SI_T3_Courtesyof_Ritz_LakeTahoe_00038_Galleries_1280x642_1
Courtesy of the Ritz Carlton, Lake Tahoe

カリフォルニア・ノーススターのアフタースキー

カリフォルニア・ノーススターのアフタースキー
子供から大人まで楽しめるアクティビティの数々

レイクタホの北西にあるこの人気リゾートでは、ゲレンデ上でお祝いが始まります。アフタースキーは、ノーススター名物の「毎日恒例の乾杯」でスタート。山で毎日午後2時にお客様を招き、シャンパンで乾杯します。

麓のベースビレッジでは、賑やかなアイススケートリンクの周りにアフタースキー向けのスポットが集まり、ビレッジ・アット・ノーススターの中心的な存在になっています。美しいビレッジ・アット・ノーススターのスケートリンクでアイススケートを楽しむ人々をご覧になれば、ここがご家族連れにぴったりな場所だと分かるでしょう。スケートリンク、座り心地のよいクッション付きのソファ、ショップ、レストランなど、どこへ行っても楽しそうなファミリーに出会います。子供たちはスケートリンク上で舞い(または尻もちをつき)、休憩時間にはママとパパ(暖かいリンクサイドのカバナでアイリッシュコーヒーを飲んでいる)と一緒にマシュマロ入りのスイーツ、スモアを作ります。スモアは手軽に作れるキットの形で販売され、焼くときに使用するスティックとすべての材料が揃っています(リンクサイドのスタンドで販売)。

ファミリー・アプレ・スノープレイエリアも皆が楽しめるスポットのひとつ。雪の彫刻づくり、雪投げ競争、人気の曲に合わせたダンス、ゲームなどを楽しむことができます。

金メダリストのショーン・ホワイト(ノーススターは彼のホームマウンテンです)をはじめとする大人に人気のアフタースキースポットは、ビレッジのスケートリンクから歩いてすぐの場所にある、ロマンティックなペトラです。ここは最先端で都会的でありながら、山ならではの魅力も感じられるスポット。一流のワインと共にクミン風味のラムミートボールなどの洗練された小皿料理も味わえますので、心安らぐディナーのひとときをお楽しみください。

1日中スキーブーツを履いて脚が疲れたら、アフタースキーのマッサージがおすすめ。リッツ・カールトン、レイクタホのおしゃれなスパで足の痛みを和らげる「エイキング・フィート・レスキュー」トリートメントをお試しください。キュウリ水で水分補給をしてから蒸らして浸します。温水プールのご利用もトリートメントに含まれています。

The View from Heavenly Resort, Lake Tahoe, California
Courtesy of Heavenly Mountain

ヘブンリーのアフタースキー

ヘブンリーのアフタースキー
山あいのパーティとサンセットクルーズ

壮大なタホの眺め、美しく整備されたゲレンデ、最高のコブ、そして、充実したナイトライフ――魅力溢れるヘブンリーは、特に州外や海外からのスキーヤーに非常に人気があります。近くのステートライン*(カリフォルニア州とネバダ州の州境)と、その24時間営業のエンターテイメントやカジノが人々を惹きつけているのかもしれませんが、ヘブンリーの人気の秘密はそれだけではありません。この高地のリゾートで開催されているパーティは、どれも実に魅力的なのです。標高2,789メートルにあるタマラックロッジで毎日開催されるアンバックルは、ヘブンリーで1日の終わりに開かれる華やかなパーティとして注目を浴びています。このイベントではダンスを楽しむDJや、ニーハイのファーブーツを履いたセクシーでエネルギッシュな女性たちの姿が見られます。日曜日には、タマラックのテールゲートパーティに参加して、NFLの試合を観ながらスペシャルドリンクを楽しみましょう。金曜日、土曜日、日曜日には、ヘブンリーの閑静な場所に佇むイーストピークロッジでも午後1時30分~3時30分までパーティが開かれ、賑やかな雰囲気に包まれます。

ちょっとユニークな山以外の楽しみは、歴史あるタホ・クイーンというスキーボートのクルーズ。約2時間半のイブニングクルーズは、2月から4月初旬の期間、スキーランマリーナから毎日運航しています。ミュージック、フード&ドリンクを楽しみながら夕日を眺めてのんびりとしたクルーズをお楽しみいただけます。

A Group Enjoying an Apres-Ski Drink at a California Ski Resort
Courtesy of Sierra-at-Tahoe

レイクタホの小さなリゾートでのアフタースキー

レイクタホの小さなリゾートでのアフタースキー
女性スキーヤーがくつろぐデッキとおとぎの国の隠れ家

レイクタホのこの3つのリゾートがトップニュースを飾ることはめったにありませんが、実はこれらのリゾートには魅力的なアフタースキーの楽しみ方があります。では、その主なものをご紹介しましょう。

シエラ・アット・タホ

レイクタホの南西にあるこの比較的小さなリゾートは、金メダルを獲得した数々のスキーヤーとスノーボーダーのホームマウンテンです。アフタースキーのリラックスしたひとときには、ソルスティスプラザの2,787平方メートルのデッキでおくつろぎください。

ホームウッド

この西岸のリゾートのベースロッジにある居心地の良いファイヤープレイス・パブで、お子様と一緒にスクラブルやモノポリーなどのゲームを楽しみましょう。ゲームで順番を待つ間は、薪が燃える巨大なストーブの横で暖を取り、ハリウッドの歴史から抜粋した肖像画をご覧ください(このパブは開業以来半世紀以上の歴史があります)。

アルパイン・メドウズ

日中はゲレンデで過ごしても、素敵なナイトイベントのためにエネルギーを取っておきましょう。ガイド付きスノーシュートレックでは、アルパイン・メドウズの究極の山の隠れ家、シャレーまで星空の下を歩きます。タホの北側にあるこの山あいの魅惑的なロッジにいると、まるでおとぎの国に迷い込んだような気分になるでしょう。仲間と共にテーブルに集い(きっと皆さんは寒さとウォーキングから頬が紅潮していますね)、シエラネバダポーター・ポテトチーズスープ、プライムリブ、チキンコルドンブルー、アプフェルシュトゥルーデルなどのボリュームたっぷりのアルプス風料理を満喫することができます。なお、ピーク時の週末と祝祭日に提供されるスノーシューディナーは50食限定のため、事前の予約が必要です。

A Pint from Mammoth Brewing Co. at Mammoth Lakes, California
Courtesy of Mammoth Brewing Company

マンモスレイクのアフタースキー

マンモスレイクのアフタースキー
山で楽しむクラフトビール

ハイシエラ最高峰の山々のちょうど真ん中に位置するのんびりした(しかし、最高の)このリゾートでは、リラックスの仕方を知っていることが必要条件のように思われます。ですから、マンモスレイクのビレッジには、暖を取りながら落ち着ける場所がたくさんあるのです。気軽に立ち寄れるスポットのひとつは、マンモスブリューイングカンパニーの活気あふれるテイスティングルーム。同社のクラフトビールの中から13種類を(そして、オリジナルのルートビアも)生ビールで提供しています。南の島の雰囲気と紙製の傘で飾ったカクテルを楽しむなら、同じくビレッジにあるティキバーのラクヌキに立ち寄りましょう。

グラスを傾けるよりも、もう少しアクティブに過ごしたい方は、日没後に(ケミカルライトスティックを持って)ウーリーズ・チューブパークでチュービングをお楽しみください。