Error message

Lingotek profile ID 4 not found.
スカンク・トレイン VCW_D_NC_T8-Engine #45 at NSP (fall of 2008)
Courtesy of Skunk Train

スカンク・トレイン

スカンク・トレイン
そびえ立つコーストレッドウッドの森を走り抜ける歴史ある列車に乗る

砕ける波と沖合いの海食柱を眺めながら北へ向かう旅を続けると、周りのレッドウッドの森がだんだん深くなり一段と高い木が増えていくことに気づくでしょう。実際、この地域には世界一高い木が存在しています。古き良きカリフォルニアの歴史を感じられる機関車に乗って、レッドウッドの森を楽しく旅しませんか。かつてレッドウッドの丸太を険しい奥地から沿岸部へと運ぶために1885年に建造された歴史の古い列車が、現在では観光客を運び、海沿いの街フォートブラッグと内陸のカウボーイの街ウィリッツを行き来しています。蒸気やディーゼルを動力とする機関車が、カリフォルニア海岸山脈の緑あふれるレッドウッドの森を通り、ノヨリバーに沿ってジグザグに進みます。シカ、白サギなどの水鳥、ときにはカワウソも見られるかもしれません。「スカンク」に乗るのが家族代々の長い伝統だというカリフォルニアの人は多く、子供たちは「皆さんご乗車ください!」という車掌の大声に、目を見開いて大喜びします。342メートルのトンネルを爆走し、30以上の橋を渡り、蒸気をもうもうと吹き上げるオール・ナンバー45号に、子供たちは窓に鼻を押し付けて見入ります。サンセットバーベキュー・ツアーや一泊ツアーなど、スカンク・トレインのツアーは1年中あります。一泊ツアーでは、木材を切り出す人夫が宿泊していた歴史ある飯場の跡地に張ったテントで乗客が一夜を過ごします。

次は、アベニュー・オブ・ザ・ジャイアンツを走り抜けるドライブで、そびえ立つコーストレッドウッドの壮観な眺めを心ゆくまで堪能しましょう。

Next Stop
アベニュー・オブ・ザ・ジャイアンツ (87マイル/140km 1時間52分)