Error message

Lingotek profile ID 4 not found.
ナッツベリーファームの花火
Courtesy of Knott’s Berry Farm

Spotlight: ナッツベリーファーム

ボイゼンベリーは、ローガンベリー、ラズベリー、ブラックベリーを掛け合わせた交配種です。ブエナパークにあるナッツベリーファームは、南カリフォルニアの魅力的な歴史が、地元の持ち味をたっぷり含んだ昔ながらの遊園地へと発展した、ユニークな遊園地です。

この遊園地が作られたきっかけは、世界大恐慌のときにウォルター・ナットという農夫がオレンジカウンティの自営農場で薄紫色のベリーの栽培に成功したことです。1934年にナット夫人のコーディリアが隣にオープンしたフライドチキンとボイゼンベリーパイを出す喫茶店が評判になり、並んで待つお客さんが退屈しないようにと、ナット夫妻は西部開拓時代のアトラクションを設置したのです。こうしてナッツベリーファームが誕生しました。1950年代にジェットコースターとライブショーが加わり、1974年にはハロウィーンイベントとしてナッツスケアリーファームがオープンしました。

1934年にナット夫人のコーディリアが隣にオープンしたフライドチキンとボイゼンベリーパイを出す喫茶店が評判になり、並んで待つお客さんが退屈しないようにと、ナット夫妻は西部開拓時代のアトラクションを設置したのです。こうしてナッツベリーファームが誕生しました。

今日では、ナッツベリーファームは数多くのアトラクションやライブショーを提供しており、また、オリジナルの喫茶店、ミセスナッツ・チキンディナーレストランも新しくなっています。隣接するお店ではジャムやソースを、また、ザ・ピーナッツHQではピーナッツの記念品を購入できます。これらのお店はパークを出てすぐの通路にあります。また、パーク内でもベリーのデザートを楽しめます。キャリコ・サルーンではメイソンジャーに入ったボイゼンベリークリームソーダ、キオスクではボイゼンベリーのアイシーをいただけます。パークの近くにあるナッツソークシティ・ウォーターパークでは、チューブスライダーや波のプールで暑さを吹き飛ばせます。こちらは5月~9月にオープンしています。 ナッツベリーファームホテルで宿泊もできます。スヌーピー・スイートのお部屋もあり、もちろんパイもいただけます。お値段もお手ごろです(入場券の付いた宿泊プランをチェックしてみてください)。

ナッツベリーファームの見どころやアトラクション、お食事などのお勧め情報をお読みください。

ナッツベリーファームのソークシティ
Courtesy of Knott’s Berry Farm

ナッツソークシティ

オレンジカウンティが詳しくわかるカリフォルニアの地図
ナッツソークシティ
夏はナッツベリーファームの隣にあるウォーターパークで水遊びをしよう

アトラクションや美味しいパイが楽しめるナッツベリーファームから数ブロックのところに、オレンジカウンティ最大のウォーターパーク、ナッツソークシティがあります。満足度最高のウォーターワンダーランドです。いくつかのアトラクションは、南カリフォルニアのビーチ名やその特徴にちなんで名付けられています。

ソークシティのオープン期間は異なり、5月中旬から9月初旬までとなります。15エーカーを超える広さのソークシティでは、23種類のスリル、チューブ、そしてボディスライダーが楽しめます。高波が押し寄せる約280万リットルの大きな波のプール「タイダル・ウェーブ・ベイ」、0.5キロメートルほどのゆっくりと流れるプール、そして3階建ての「ビーチハウス」には、200もの水鉄砲やスプレー、その他多くの仕掛けがあります。

究極のスリルを味わいたいならショア・ブレークがお勧めです。7階の高さのタワーに6種類の滑り台があり、そのうちの4種は、足元のパネルが落ちると瞬時に滑り落ちるシステム、アクア・ローンチ・チャンバーを使用しています。

6つのレーンがあるバンザイ・フォールズで競争するのも楽しいでしょう。また、南カリフォルニアのビーチの名にちなんで名付けられたアトラクションで水遊びも楽しめます。 マリブ・ランは、4つの空気で膨らますチューブの滑り台が設置されており、およそ12メートルの高さから滑り降ります。ラグーナ・ストーム・ウォッチ・タワーは空気で膨らますゴムボートに1人もしくは2人乗って、スライダーを滑り降ります。ゴムボートは3つ用意されています。ゴムボートに乗って滑り降りるザ・ウェッジは、家族でトライしてみましょう。ニューポートビーチ近くの悪評高い波をイメージしています。

小さなお子様はファミリー向けの水遊び場、グレミー・ラグーンで水遊びを楽しめます。カバナを予約してさらに快適に過ごすのもよいでしょう。傘付きのラウンジャーとダイニングテーブル、浮き輪4つとウエイターサービスが付きます。隣の遊園地はすぐ近くということから、ソークシティのポートサイド・ピザ食堂では、デザートにボイゼンベリーをトッピングしたファネルケーキを注文することができます。

ナッツベリーファームのクリスマスツリーライト
ナッツベリーファーム提供

ナッツベリーファームの季節のイベント

オレンジカウンティが詳しくわかるカリフォルニアの地図
ナッツベリーファームの季節のイベント
ボイゼンベリー・フェスティバルを楽しむのもよし、霧の中で悪鬼の恐怖を味わうのもよし

ボイゼンベリーは夏の果物ですが、それだけではなくナッツベリーファームは1年を通して季節のさまざまなイベントを行っています。

まず、ナッツ・ピーナッツ・セレブレーションが1月後半と2月の特定の週末に開催されます。ピーナッツのキャラクターによるライブショーがあり、直接キャラクターに会えるチャンスも。また、キャラクターのお絵かきクラスなどもあります。3月は、ゴーストタウンでナッツ・ボイゼンベリー・フェスティバルが開催されます。ベリーを使った創作料理(鶏手羽のボイゼンベリー煮や、紫色をしたボイゼンベリートルティーヤで作ったケサディージャにスパイシーなベリーのディッピングソースを添えたものなど)の試食ができます。また、お食事と共に地元のワインやビール、ボイゼンベリーのワインをいただくこともできます。夏の間は、ワイルド・ウエストのセクションがゴーストタウン・アライブ!の中心となり、山賊やカウボーイ、一般人などに扮した役者がウエスタンスタイルのホーダウンを披露します。

ナッツスケアリーファームでホリデーシーズンがスタートします(通常、9月中旬~ハロウィーン)。パークには不気味なデコレーションが施され、お化け屋敷や迷路が設置されて、ホラー映画の中にいるよう。暗闇の中を走るジェットコースターもあります。パークの歩道にも、気味悪いピエロやゾンビが霧の中から飛び出してきます。恐怖のフェスティバルはシーズン中の特定の夜のみに開催されます。13歳未満のお子様にはお勧めしません。小さなお子様(または怖いのが苦手な方)には、特定日のみに開催されるナッツスプーキーファームがお勧めです。ゴーストタウンではトリックオアトリートが楽しめ、ティンバー・マウンテン・ログ・ライドではハロウィーン・フーテナニーが行われます。また、キャンプ・スヌーピー・シアターでは特別ショーの上演もあります。

11月中旬までにはナッツメリーファームへと衣替えされます(1月上旬まで続く)。パークはクリスマスデコレーションが施され、合唱団がクリスマスキャロルを歌いながら歩き回ります。また、さまざまなショーがあちこちで上演されます。スヌーピー・オン・アイスなどのピーナッツのショーや、キャリコ・サルーンでのワイルド・ウエストをテーマにしたホリデーショー、バードケージ・シアターでは「クリスマスキャロル」や「賢者の贈り物」が楽しめます。夜にはゴーストタウンに人口雪が降るのでお見逃しなく。

ナッツベリーファームのミセスナッツ・チキンディナーレストラン
Courtesy of Knott’s Berry Farm

ミセスナッツ・チキンディナーレストラン

オレンジカウンティが詳しくわかるカリフォルニアの地図
ミセスナッツ・チキンディナーレストラン
ナッツベリーファームをテーマとしたレストランで、カントリースタイルの食事を楽しもう

ナッツベリーファームの入り口のすぐ隣には、ワクワクする建物があります。言ってみれば、そこからすべてが始まったのです。ミセスナッツ・チキンディナーレストランはファームスタンドとレストランの最新版であり、ナッツベリーファームそのもののインスピレーションとなっています。

1934年、ウォルター・ナットの妻であるコーディリアが、夫が経営するボイゼンベリー直売店の隣にボイゼンベリーパイを出す喫茶店をオープンし、その後、日曜日にはフライドチキン・ディナーを出すようになりました。1940年代には、日曜日のディナーに長い行列ができるようになりました。そこでナット夫妻は待っているお客さんが退屈しないよう、レストランの隣に西部開拓時代のアトラクションを造りました。こうして初期のナッツベリーファーム・テーマパークが誕生したのです。

ミセスナッツ・チキンディナーは、まだナッツベリーファームの外にあるので、遊園地に入場せず食事を楽しむことができますが、ジェットコースターの音が聞こえると中に入りたい衝動にかられることでしょう。いずれにしても、この伝統的なディナーはほとんど変わっていません。フライドチキンが3個、マッシュポテトにグレービー、キャベツまたはチェリールバーブのどちらかが選べ、そしてビスケットとボイゼンベリージャムが付いてきます(もちろん、デザートにボイゼンベリーパイ、もしくはボイゼンベリーシャーベットをいただきます)。メニューには、人気の高い大きなサラダやオープンサンドもあります。また、新しいバーにはビール、ワイン、ボイゼンベリーのカクテルなどがあります。レストランの一部はカントリー・ティーショップ風のインテリアですが、暖かい感じの木の床で農家を思わす趣味のよい造りです。もしくは、隣のお持ち帰りチキンでフライドチキンやホールパイ、または焼きたてのビスケットをまとめてお持ち帰りすることもできます。