Error message

Lingotek profile ID 4 not found.
家族で楽しむカリフォルニア 11のヒント familytips_1280x642
マイルス・マクギネス

家族で楽しむカリフォルニア 11のヒント

家族で楽しむカリフォルニア 11のヒント
家族旅行のアイディアを生かしてカリフォルニアへの旅行プランを立てよう

太陽、波、ジェットコースター。広大で美しいカリフォルニアでは、ビーチで遊ぶことも、車でカリフォルニアのテーマパークを巡ることも、カリフォルニアの国立公園でキャンプをすることもすべて可能です。カリフォルニアは規模が大きく魅力的な場所もたくさんあるので、家族旅行にはしっかりとした準備が必要です。ここでは、効率よく楽しめてできるだけチャンスを見逃さない家族旅行を計画するための11のヒントやアイディアをご紹介します。

カリフォルニアでのドライブ旅行を計画中の方は、ぜひ当サイトのドライブ旅行のヒントも併せてご確認ください。

1. 重ね着のすすめ: 南カリフォルニアは、アメリカの他の地域から来た人にとって、気温21度の晴れた日は27度以上にも感じるでしょうし、気温16度の曇りの日には浜風のせいでもっと涼しく感じるかもしれません。北カリフォルニア(特にサンフランシスコ)は、夏の朝は霧に包まれて気温は10度から15度くらいですが午後には暖かくなります。州のどこに行くにも、セーターやトレーナーを重ねたり、軽めのジャケットをデイパックに入れておけば安心でしょう。

2. ビーチ道具は持参しない: 宿泊するホテルに無料または有料でレンタルできるおもちゃや用具がある場合があります。また手軽に波遊びが楽しめるブギーボードは、ビーチ近くのドラッグストアやディスカウントショップでわずか10ドル程度で購入できます。砂でお城を作って遊ぶおもちゃや、日焼け止め、帽子やビーチサンダルなども同様です。

3. テーマパークでの時間を最大限に: パーク内のホテルに宿泊すると早く入場できる特典がありますが(通常は一般の開場時間の1時間前)、オンラインでチケットを購入するだけで(ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドなど)1時間早く入場して待ち時間を短くすることができます。また、パークのホームページでエクスプレス・レーンのサービス(ディズニーランド・リゾートのファストパスなど)を確認しておけば、一日を最大限に活用できます。

4. 入場料の割引(多少の)を探す: カリフォルニア州ではほとんどの博物館や観光施設で子供やティーンエージャーの入場を無料にしたり、割安で提供しています。サンディエゴにはキッズ・フリー・オクトーバープログラムがあり、多くの博物館、そしてシーワールドレゴランドなどのテーマパークでも有効です。とは言え、ほかのテーマパークまたはそれ以外の時には過度の期待は禁物です。10歳くらいから大人と同じ料金になるところも多いです。

5. お子さんの身長を確認: 当日テーマパークに行く前に、ホームページでライドの身長制限をチェックし、お子さんが存分に楽しめるだけのライドがあるか確認しましょう。また、テーマパークのオンラインの地図で敷地の全体像を把握して効率的なルートを計画しておけば、足の疲れを軽減できます。

6. キャンプ場は事前に予約: ヨセミテなどの国立公園では、キャンプ場の予約はしっかりとスケジュール管理されており、良いスポットは早くて6ヶ月前から埋まってしまいます。直前に予約を取る場合は、公園のキャンプ場のホームページで空きを確認しましょう。

7. 州立公園や国立公園のジュニア・レンジャー・プログラムを利用: カリフォルニアの国立公園州立公園では無料の配布物やアクティビティが利用でき、お子さんは公園で楽しい参加型のプログラムを体験できます。例えば、ラッセン火山国立公園では、アクティビティ・ブックレットがあり、お子さんたちはいろいろな温泉や火山岩を探してチェックマークを付けることができます。また、アンテロープ・バレー・カリフォルニア・ポピー保護区には、自然を題材にしたビンゴカードがあり、子供たちはトカゲ、マキバドリ、カブトムシ、そしてカリフォルニア州のシンボルである花を探すようになっています。配布物は公園のビジターセンターでもらうか、ホームページでダウンロードできます。

8. 自分のペースでスキーを楽しむ: カリフォルニアのスキーリゾートでは、年齢に合わせた幅広いレッスンやアクティビティを提供しています。中には半日、一日というキッズクラブもあり、誰もが自分のレベルに合わせてスキーやスノーボードを楽しめます。例えばスコーバレーでは、トレイルの約65%が初心者や中級レベルのスキーヤーに適しており、シエラ・アット・タホにはイージー・ストリートと呼ばれる、約4.5ヘクタールの練習エリアがあります。ゲレンデ以外のアクティビティも豊富で、マンモスで人気のウーリーズ・チューブ・パークや、ビッグベアスノーサミットベースキャンプにある約9メートルのロッククライミング・ウォールなどがあります。 また、お子さんの春休みが遅くて4月までずれ込んでも、カリフォルニアにはまだたくさんの雪が残っています。

9. 日焼け止めは多めに: ビーチで過ごす日はSPF値の高い日焼け止めが必須ですが、スキー場でも日焼け止めは必要です。カリフォルニアのスキーリゾートは、雪が降っても晴れていることで知られ、ゲレンデでは日光の照り返しが強いです。

10. ワインテイスティングは諦めるべきだと決めつけない: 全てのワイナリーや地ビール醸造所がお子さんを歓迎しているわけではありませんが、ゲームや遊び場、子供用メニューを提供しているところも多く、家族連れでも楽しめます。事前にワイナリーや地ビール醸造所、それぞれのホームページページをチェックして、お子さんも行けるか、楽しめるかを確認しましょう。

11. 良いレストランにも子連れで: カリフォルニアでは、最先端のレストランがかならずしも白いテーブルクロスのかかったタイプとは限らず、子供向けのメニューを揃えているところも多いです。例えば、LAで評判のボーダー・グリルのタマーレやケサディーヤ、サンフランシスコにあるリンタロウ(2015年にボナペティのベストレストランの1つに選ばれました)の子供用のコースメニューなどがあります。心配な時は、事前に電話して予約時に確認しましょう。または、大抵はフロントデスクに信頼できるベビーシッターサービスのリストがあり、優秀なベビーシッターがホテルの部屋に来てくれるよう手配してくれます。 

 

家族で楽しむカリフォルニア 11のヒント Pillars_Family_ST_RF_466376338_1280x640

カリフォルニア:ファミリー

夢を叶えよう

カリフォルニア ファミリー向け行楽地の魅力
SPECIAL FEATURE
ジェネレーションZ

1990年代後半から2000年代にかけて生まれた若者世代ジェネレーションZ=『Gen Z』は、生まれた時からインターネットが当たり前のように存在する「デジタルネイティブ」な世代。SNSでの近況アップデートを通じて自分を表現すること、さらにはリアルなオフラインでの体験も提供しながら、...

家族で楽しむカリフォルニア 11のヒント 20190630-c556a6d6288713c088ca27224a1240405_4620693218534059450_190701_0230_0
SPECIAL FEATURE
家族みんなが大好きなカリフォルニアのビーチで素敵な思い出を!

砂、水、子供たち、ファミリー向けのアクティビティには、やはりこの組み合わせが自然です。12か所のビーチには、ファミリー向けにぴったりの要素が盛りだくさん。泳ぎの初心者向けの穏やかな波、恐れ知らずの探検家も大喜びの潮溜まり、家族が集まるピクニック用広場、鳥や蝶で賑わう湿地帯などがあり、場所によっては売店も利用できますので、一日中過ごすことが可能です。これらのビーチの多くは州立公園のため、...

家族で楽しむカリフォルニア 11のヒント Carmel_BeachDog_Farnum_preview_686x885
Alex Farnum