Error message

Lingotek profile ID 4 not found.
テメキュラのレストラン vc_spotlighttemeculavalley_module2_dining_thegoatandvine_or_ps_4n9a8069_1280x640
パスカル・シャーリー

テメキュラのレストラン

テメキュラのレストラン vca_maps_inlandempire_2
テメキュラのレストラン
インランドエンパイアの街では、ワインカントリー料理からメキシコ料理まで、新鮮な地元料理を楽しめます

地元産のオリーブ(またその産物であるオリーヴオイル)、乳製品、そしてもちろんワイン用ブドウが容易に入手できるテメキュラでは、地元産で新鮮、農家直送の食材使用というカリフォルニア料理の信条をしっかりと実感できます。

どんな食体験を求めるにしても、趣のあるオールドタウンから始めましょう。ピザが自慢のザ・ゴート&ヴァインに行って、プレス加工されたブリキ張りの天井の下やパティオに腰掛けてみるのはいかがでしょう。新鮮な食材は、ハラペーニョ・ライム・カルニタス、ステーキ・ゴルゴンゾーラなどの石窯で焼かれた様々な美味しいピザに使われています。

近くのE.A.T.マーケットプレイスでは、ハンドドリップで淹れたコーヒーとパンプキンパイ・スムージーで一日をスタートし、ヴィーガン・キャセロールやパレオ・ブラウニーなど全て手の込んだ料理で一日を終えることができます。オールドタウンで際立っているこのお店は、地元の農家や供給元から仕入れている無農薬、抗生物質不使用の食材を使用していることが自慢です。カリフォルニアで定評のあるディエステル・ファミリー・ランチニーマン・ランチから仕入れているデリミートも展示販売されています。

テメキュラにあるメキシコ料理のザ・バンクでは、その歴史を垣間見ることができます。1913年に建設が開始されたこのお店は、実際銀行として使われ、1930年にはカウンティで初の強盗が起きた場所でもあります。この銀行は第二次世界大戦まで営業していました。現在では、ブリトー、ケサディーヤ、ポソレなど誰もが好むメキシコ料理を楽しむことができます。  

高級なパブ・フードとこだわりのカクテルやクラフトビールを味わうなら、1909です。かつては交易所や貸し馬屋、自動車修理店で、1970年代は荒々しいバーでもあったこの場所は、今はグルメパブに生まれ変わり、カニとエビのエンパナーダやバイソン・バーガー、シダースモークド・オールドファッションといった名物のカクテルなどを楽しむことができます。

ブドウの木立の中で食事をするなら、オールドタウンから3〜5キロメートル離れて、ワイン醸造地域に入って行きましょう。レストラン・アット・レオネス・セラーズでは、フランス料理の技術を駆使したシーバス・ブール・ルージュなどのメニューを提供しており、オーク樽で寝かせたメランジュや白のメルローなど、併設されたワイナリーで醸造されたワインとよく合います。

ピナクル・レストラン・アット・フォークナー・ワイナリーでは、ブドウ園の風景を最大限に満喫できます。丘の上に立つこのレストランでは、全景を眺めながら、ペスト・サーモンや地中海風チキンなどの料理を併設されたワイナリーの優れたワインと共に楽しめます。