Santa Monica Dining

サンタモニカ 5つの楽しみ方

サンタモニカ 5つの楽しみ方 vca_maps_losangeles
サンタモニカ 5つの楽しみ方
ロサンゼルスのビーチコミュニティの人気の秘密を、自分の目で確かめる

サンタモニカは長年の間に、豪華なビーチフロントのホテルや高級レストラン、ハイエンドのブティックなどが増え、以前よりさらに魅力的な街になりましたが、ビーチタウンとしての精神は失われていません。今日ここでは、サーフィンやバレーボールで賑わう広大なカリフォルニアのビーチと、洗練されたシティの中のシティという、二つの世界がもつよいところを両方とも経験できます。次に訪れる時は、ぜひサンタモニカの究極の体験をしましょう。

* ビーチの近くにある、スタイリッシュなホテルで目覚める

ビーチコテージを所有することを夢見たことがあるなら、それはきっとシャッターズ・オン・ザ・ビーチと似た感じではないでしょうか。グレーの屋根が特徴のこのホテルは、さりげなくシック。明るく風通しのよい客室は、ゆったりした雰囲気でありながらもエレガントです。バルコニーからは、見渡す限り広がるサンタモニカのビーチを一望できます。プールサイドでのんびりしたり、ホテルでビーチクルーザーをレンタルしたりして楽しんだら、海岸に沿って35キロ延びる自転車道をサイクリングしてみましょう。シャッターズは、サンタモニカにある高級リゾートの一つに過ぎません。他にも カサ・デ・マールフェアモント・ミラマー・ホテル & バンガローズヴィセロイ・サンタモニカなどがあります。 

* 歴史ある埠頭を散策する

ルート66の終点、ランドマークとなっているサンタモニカ・ピアからお楽しみが始まります。派手な入り口は、南カリフォルニアで最も目立つアイコンの一つです。1909年にオープンした埠頭の先に行けば、足元は波の上。そこからは、海岸の雄大な景色を楽しめます。美しく維持されている、1922年に造られたルーフ・ヒッポドロームの回転木馬でしばし遊んだら、サンタモニカ・ピア水族館で波の下の世界を覗いてみましょう。 

* 昔懐かしいパシフィック・パークで楽しむ

サンタモニカ・ピアにあるパシフィック・パークは、近代的に改装されたジェットコースターやバンパー・カーがあり、新しい時代に、昔懐かしい遊園地の体験を再現しています。パシフィック・パークは、西海岸唯一の埠頭にある遊園地です。園内にはアーケードがあり、ワック・ア・モールや風船割りゲームで腕前を磨くことができます その後は、世界唯一の太陽発電による観覧車パシフィック・ホイールに乗り、目を見張るような海岸線の全景を堪能してください。 

* 断崖に立つバンガローに逃避行

サンタモニカ特有の落ち着いた雰囲気とバハ・カリフォルニア風の小さな家への憧れを反映したザ・バンガローは、ビーチライフを具現化したもの言えるでしょう。垂木を組んだ天井、風変りな家具、ゲームルームなどの特徴をもつこの隠れ家は、フェアモント・ミラマー・ホテル&バンガローズの敷地内にあり、サーファーたちが言うプライベートなビーチクラブのような場所です。創作カクテルを片手にパティオに出て、忘れがたいサンタモニカの夕日をうっとりと眺めてください。

* サードストリート・プロムナードを散策する

ルルレモン、アバクロンビー&フィッチ、そして目を見張るようなアップル・ストアなどオールスター級の店が立ち並ぶ屋外のサードストリート・プロムナードは、まさにショッピング・パラダイスです。店を覗きながら歩行者天国の通りを歩いて行くと、ストリート・ミュージシャンが道行く人にセレナーデを歌いかけます。そして、装飾刈り込み法で造られた空想の恐竜たちが、このあたりに一風変わった雰囲気を加えています。

*その他の見逃せない場所は...

アートファンなら、26th ストリート・アートセンターは絶対に見逃せません。ここは昔、湯沸し器の工場と倉庫だった場所で、今は南カリフォルニア屈指のギャラリーが集まる場所となっています。控え目な雰囲気の中で高級ファッションをという人にお薦めなのは、モンタナ・アベニューです。ここにはクールなブティックやレストランがあり、大スターの姿を見かけることも珍しくありません。

サンタモニカ 5つの楽しみ方 SantaMonica_Beach_JoakimLloydRaboff_1280x642_1
Santa Monica by Tom Story

Spotlight: サンタモニカ

5.5キロメートルのビーチに面したこの海沿いの街は、ロサンゼルスのダウンタウンから西へ24キロメートルほどの場所にありながら、週末の小旅行気分が漂う別天地のように感じられます。ロサンゼルス国際空港からシャトルを利用(南へ13キロメートル)するなど、車を使わないオプションでもリラックスに最適な目的地です。長く連なるビーチを散策したり、賑やかなピア(アミューズメントパークや乗り物もお見逃しなく)を満喫したりと、渋滞や駐車場の心配を忘れて楽しんでください。もう一つのおすすめチョイスは、自転車を借りて(レンタルショップはたくさんあります)、マーヴィンブローデ・コースタルバイクトレイルを回って街を巡るオプションです。地元では「ザ・ストランド」として知られるこの自転車道は、きれいに舗装された多目的トレイル。サンタモニカの南からトーランスに至るまで、海岸線に沿って約35キロメートルにわたって整備されています。

 

サンタモニカ 5つの楽しみ方 ThirdStreetPromenade_1280x642
Marika Bortolami/Flickr

サンタモニカのショッピング

サンタモニカ 5つの楽しみ方 vca_maps_losangeles
サンタモニカのショッピング
ダウンタウンの楽しい場所でお気に入りを見つけましょう

サンタモニカの8つの近隣エリアの中の1つ、もしくはすべてのエリアを探索してみましょう。どのエリアも個性的で、ユニークな体験が待っています。ビーチから東へ4ブロックのところにあるダウンタウンの歩行者天国、サードストリート・プロムナードには、Abercrombie & Fitch、H & M、Old Navyをはじめとする有名ブランドショップやギャラリーが建ち並び、映画館やコメディショーの劇場があります。このプロムナードの南端にあるのが、豪華な屋外ショッピングモール、サンタモニカプレイスです。

ここでは、チェーン店かどうかはあまり関係がありません。プロムナードを外れてすぐの場所では、ケネス・カーミオール・ブックセラーが1800年以前に印刷された希少本を専門的に取り扱い、ヘネシー&インガルズがアメリカ西部最大規模の芸術や建築に関する書籍のコレクションを誇ります。木製おもちゃの専門店、エーコンストアでは、子供たちがコスチュームを着て大はしゃぎしたり、ひたすら楽しく遊んでいます。

プロムナードそのものも、特に週末は道行く人々を楽しませる大道芸人たちによって活気あふれる雰囲気作りに貢献しています(許可制のため、巷の大道芸人と比べてレベルも高めです)。 

ダウンタウンにあるモンタナアベニュー沿いを歩けば、バラエティに富んだお買い物を大いに満喫することができます。フリーマーケットに行くなら、まずはレイチェル・アッシュウェル・シャビーシック・クチュールに向かうのが正解。ダーマロジカで贅沢なフェイシャルを受けつつ、お肌を「マッピング(分析)」してもらうのもおすすめです。その後は、ジル・ロバートやその他数多くあるデザイナーブティックでとびきり素敵な一着を見つけましょう。

サンタモニカ 5つの楽しみ方 VCW_D_IE_T10_DE_Route66_Barstow_Lauridsen1280x642

Trip 3〜4日間 10 stops

ルート66 - マザー・ロード

伝説のハイウェイ、そしてカリフォルニア・ドリーム
サンタモニカ 5つの楽しみ方 SantaMonica_BikePath_JoakimLloydRaboff_1280x642_0

5.6キロメートルものビーチに面したこの牧歌的な海沿いの街から、南カリフォルニアの旅を始めましょう。ロサンゼルスのダウンタウンから西へ数分間の場所なのに、ここは都市というより週末の小旅行気分が漂う別天地。ロサンゼルス国際空港からシャトルを利用(南へ13キロメートル)するなど、車を使わないオプションでもリラックスに最適な目的地です。長く連なるビーチを散策したり、賑やかなピア(アミューズメントパークや乗り物もお見逃しなく)を満喫したりと、渋滞や駐車場の心配を忘れて楽しんでください。もう一つのおすすめチョイスは、自転車を借りて(レンタルショップはたくさんあります)、マーヴィンブローデ・...

サンタモニカ 5つの楽しみ方 VCW_D_DE_T5_Anza-Borrego_Manley-1280x642

この公園に向かう途中に、ボレゴスプリングスという小さなコミュニティを通ります。この街のビジターセンターに立ち寄って、芸術家リカルド・ブレセーダが制作した金属の彫刻作品を巡るドライブマップを手に入れてください。壮大なる有史以前の動物を題材にした見事なコレクションが、砂漠の光景の中に展開しています。

アンザボレゴ砂漠州立公園のメインの入口とビジターセンターは、ボレゴスプリングスの南の端にあります。この公園名は、1774年にこの砂漠を横断した有名なスペイン人探検家フアン・バウティスタ・デ・アンザの名と「羊」を意味するスペイン語を組み合わせたもの。...

サンタモニカ 5つの楽しみ方 SantaMonicaPier_1280x642_1

サンタモニカ・ピア&ビーチ

サンタモニカ 5つの楽しみ方 vca_maps_losangeles
サンタモニカ・ピア&ビーチ
1909年以来続く歴史と金の砂

夕暮れ時にサンタモニカを象徴するピアを散歩してみましょう。大きな夕日が太平洋に沈む景色に、これ以上の場所はないと思うことでしょう。とは言え、実はもっといいところもあったりします。まさにここがそのいいところ。まず、ピアには、パシフィックパークという、絶叫マシンとまではいかないジェットコースターと定番の空中遊具がそろう遊園地があり、小さな子にも楽しめる場所となっています。お次は、ささやかなお楽しみの数々。ピアには、濃厚クリーミーなシェイクに、シンプルな貝殻のネックレスなど、屋台や小さなアクセサリーを売る店が軒を連ねています。そうした中に華を添えているのが、地元の釣り人の姿です。少し時間をかけて散策していれば、面白い話が聞こえ、ピカピカの魚が釣り上げられるところをきっと見られるでしょう。釣れた魚の種類を確かめるには、ピアの下(回転する20世紀の木製メリーゴーランドの真下)にあるサンタモニカピア水族館に行きましょう。約100種類もの魚や水生生物とともに、家族連れにぴったりの学べる展示物もたくさんあります。

もちろん、ビーチも忘れることはできません。海岸線5.6キロメートルにわたって続く、広々とした薄黄色の砂のビーチです。パドルボードに乗って海を探索してみましょう(様々なレンタルやレッスンがあります)。ペリーズのビーチバトラーサービスを利用して、VIPのように贅沢なひとときを過ごすのもおすすめです。

 

サンタモニカ 5つの楽しみ方 SantaMonicaFarmersMarket_JordanFischer_1280x642
Jordan Fischer/Flickr

サンタモニカ・ファーマーズマーケット

サンタモニカ 5つの楽しみ方 vca_maps_losangeles
サンタモニカ・ファーマーズマーケット
新鮮な食材が並び、太陽の光が降り注ぐ屋外マーケット

地元住民とサンタモニカのシェフを魅了する、新鮮な自家製食材とユニークなフレーバー

降り注ぐ日差し、日に焼けた腕にぶら下がる新鮮な食材が入った袋、楽器をかき鳴らして歌うストリートミュージシャン――サンタモニカの素晴らしいファーマーズマーケットは、都会に出現した期間限定フェスティバルのようです。一年中開催されるファーマーズマーケットですが、それぞれがユニークな特徴を持っています。バージニアアベニューのマーケット(毎週土曜日)はピクニックができる芝地がポイント。ヘリテージスクエアの会場(毎週日曜日)ではマリンストリートでのジャズ演奏が見もの。またサンタモニカのダウンタウンで開催されるマーケット(毎週水曜日と土曜日)では、有名シェフが新鮮な食材を買い求める姿を目にすることができます。

知っておくと便利な情報: 水曜日のファーマーズマーケットには、1週間分の食材を仕入れにサンタモニカのシェフたちが訪れます(彼らは朝にサーフィンを楽しんでから立ち寄ります)。コースト、フィグ、LAGO、オーシャン&バインなどの一流レストランでは、マーケットでその日に仕入れた新鮮な食材に応じて、水曜日と土曜日にメニューを考案しています。

SPECIAL FEATURE
魅惑の海岸で太陽と楽しさあふれるカリフォルニアの真髄を満喫

水と砂浜、そして太陽の光が燦々と降り注ぐ海岸の魅力。カリフォルニア州には、これらをすべて併せ持つ最高に素晴らしいスポットがあります。ゴールデンステートのビーチタウンは、そのフレンドリーでリラックスした雰囲気、美しい環境、数多くのレジャーで群を抜きます。家族連れにぴったりのスポットをお探しでも、すべてが揃ったロマンティックなバケーションをお望みでも、...

サンタモニカ 5つの楽しみ方 SanDiego_LaJolla_preview_686x885
Lucas Himovitz
サンタモニカ 5つの楽しみ方 VCW_TI_8_hero_Screen Shot 2014-09-26 at 11.35.53 AM_v3

Trip 4〜5日間 10 stops

パシフィック・コースト・ハイウェイ  -サウス

ビーチ、タウン、テーマパーク
サンタモニカ 5つの楽しみ方 VCW_D_SantaBarbara_Hero_CC_SBarbaraPier_KG_1280x642

沿岸ドライブのスタート地点は、海岸沿いに丘が連なるエレガントな街。この日差し溢れる街では、歴史あるスペイン風の建物がリビエラ地方を思わせるヨーロッパの趣を感じさせます。「アメリカのリビエラ」の愛称をもつサンタバーバラは、地中海を彷彿とさせるアンティークな雰囲気の街というイメージがあるかもしれません。でも1925年以前は、赤タイルの屋根と白石の中庭にブーゲンビリアが咲き乱れるスペイン様式建築の美しい光景は今ほど根付いていませんでした。この年の地震でダウンタウンの建物が破壊された後、新しいスタイルとして人気を博したのです。新しいといっても、ロマンチックなレトロな雰囲気でした。...

サンタモニカ 5つの楽しみ方 BalboaPark_night_1280x642

この日差しに満ちた海辺の街で、旅を終えましょう。ダウンタウンに行き、ホートンプラザでのショッピングやペトコ・パークでの野球観戦などをお楽しみください。サンディエゴ動物園では、ジャイアントパンダも見ることができます。次に、リトルイタリー、ノースパーク、サウスパーク、イーストビレッジなど、サンディエゴの個性的な近隣エリアを探索しましょう。徒歩でも観光しやすいこれらの街は、サンディエゴのグルメブーム、先進的なアートシーン、クラフトビールブームの中心地となっています。食べ歩きは、バルボアパークの北東側に隣接するノースパークからスタート。30thストリートとユニバーシティ・...

サンタモニカ 5つの楽しみ方 shuttersexterior2_1280x640
Courtesy of Shutters on the Beach

サンタモニカの高級ホテル

サンタモニカ 5つの楽しみ方 vca_maps_losangeles
サンタモニカの高級ホテル
海沿いの豪華ホテルからスタイリッシュなブティックホテルまで勢揃い

窓から海が見えるお部屋で目覚めたい方も、スタイリッシュでファッションに敏感なスターのような気分に浸りたい方も、サンタモニカならご自分のスタイルに合う高級ホテルがきっと見つかるでしょう。

シックなビーチサイドの空気と洗練された都会的な雰囲気が魅力的に融合するザ・ハントリーホテルにチェックインしましょう。広大な海の眺めが自慢のザ・ペントハウスでは、ロマンティックなひとときと冷えたカクテルをお楽しみください。1939年設立のホテル・シャングリ・ラはシンプルなアールデコ調の魅力を醸しています。おしゃれな人々が集う屋上のバー&ラウンジ、スイート700で、贅沢な時間を満喫しましょう。バイスロイ・サンタモニカでスターのような暮らしを体験するのもおすすめ。オーシャンカラーで整えられた客室は、近くの太平洋のようにクールで爽やかです。

海辺に建つシャッターズ・オンザビーチは、ケープコッド風の建築と、一流デザイナーのマイケル・S・スミスが手掛けた家庭的でありながら優雅な客室が自慢。このホテルには、海沿いの街ならではのサンタモニカのリラックスした魅力が凝縮されています。ビーチを少し歩いて1926年設立の由緒あるホテル・カサ・デル・マールの優雅な地中海風のロビーを訪れてみましょう。客室の床から天井まで広がるアーチ型の窓からは、見事な海の景色を堪能することができます。

サンタモニカ 5つの楽しみ方 santamonicadining2_1280x642_0

サンタモニカのレストラン

サンタモニカ 5つの楽しみ方 vca_maps_losangeles
サンタモニカのレストラン
ビーチフロントのスタイリッシュなレストラン

有名シェフや新しいスターシェフのレストランがあるサンタモニカは、グルメシーンの中心地です。グルメの旅は、ウルフギャング・パックが料理のフュージョンスタイルを開拓した、シノワ・オン・メインからスタート。マイケル・マッカートニーのマイケルズレストランは、1979年以来カリフォルニアキュイジーヌの金字塔になっています。

新しいレストランの中にはミシェランの星を獲得したフランス料理もあり、ジョサイア・シトリンのレストラン、メリッセが提供する鹿児島和牛のフィレは、パーフェクトな一品です。スマートなアレンジを加えたメキシコ料理を味わいたいなら、メアリー・スー・ミリケンとスーザン・ファニガーの活気あふれるレストラン、ボーダーグリルで革新的な料理を堪能しましょう。人気の朝食スポット、ハックルベリーベーカリー&カフェでは魅惑のメニューをお試しください(メープルベーコン・ビスケットをお忘れなく)。ここはジェームズ・ビアード財団賞を受賞したペストリーシェフ、ゾーイ・ネイサンのお店です。(シャンパンチョコレートタルトや粘り気のあるトフィープディングなどの彼女のペストリーとデザートは、農場で採りたての食材を使用しているラスティックキャニオン・レストランでも提供されています。)

サンタモニカでは、ハンバーガーでさえも特別です:グルメな居酒屋、ファーザーズオフィスに立ち寄り、シェフのサン・ユンがつくる魅惑的な美味しいバーガーを味わいましょう。スモークしたベーコン、カラメル状に焦がしたオニオンコンポート、そしてグリュイエールとマイターグ・ブルーチーズがトッピングされています。なお、ケチャップを頼んではいけません。ユンシェフは、彼の傑作に手を加えることを認めないのです。

サンタモニカ 5つの楽しみ方 SantaMonica_ArtsCulture_MiloandSilviaintheWorld_flickr_1280x642
Milo and Silvia in the World/Flickr

サンタモニカのアートシーン

サンタモニカ 5つの楽しみ方 vca_maps_losangeles
サンタモニカのアートシーン
最先端のヒップなアートとカルチャーが花開く海辺の街

眼前に広がる絵に描いたようなサンタモニカの海。この美しい光景を見れば、この地がアートを引き寄せる主要な街であることに納得がいくはずです。面積約21平方キロメートルのサンタモニカには、ミュージアムやギャラリー、公設の芸術機関などが、およそ120以上もあります。また、海辺をそぞろ歩ける街だからと言って、夕日の水平線に向かうヨットの絵だけがアートの中心だと思ったら大間違い。まずは、世界中の現代美術が展示されているサンタモニカ美術館をチェックしましょう。その後は、ギャラリーが1か所に集まる施設としてはサンタモニカで最大規模のバーガモット・ステーションや、地元や外国のアーティストによるコンテンポラリーな作品が集まるブロードウェイ・ギャラリーコンプレックスなどを訪ねてください。

この街では、ダンスやパフォーミングアートも、とても盛んです。夏には、サンタモニカピアが屋外コンサートのステージに変身し、数多くのパフォーマンスが行われます。ストリートミュージシャンや大道芸を楽しむなら、サードストリートプロムナードがよく知られたスポットです。また、ダウンタウン地区の音楽や演劇のシアターといえば、サンタモニカ市立大学のキャンパスに設けられている最先端のブロードステージや、芸術の殿堂であるエッジマー・センターなどが有名です。デザインに興味があるなら、サンタモニカ・デザインディストリクトは必見。伝統的なデザインと現代的なデザインの両方を対象としたモダンなショールームやショップを見て回りましょう。

サンタモニカ 5つの楽しみ方 VeniceBeach_JeffTurner_1280x642
Jen Judge

ベニス

サンタモニカ 5つの楽しみ方 vca_maps_losangeles
ベニス
サーファー、スケートボーダーそしてスターの姿

サーファー、スケートボーダー、そしてスターたち:ベニスは、サーフィンと賑やかな人々が名物の、ロサンゼルス近郊でもナンバーワンのエリアです。ヤシの木が並ぶベニスのビーチフロントのボードウォークで1日を過ごしましょう。スケートボードに乗るギタリスト、チェーンソーでジャグリングをする男性、ボディビルダー、ビキニを着た人々を見つけることができるでしょう。地元の屋外コートでは、アメリカ屈指の寄せ集めチームによるバスケットボールの試合が行われ、ベニスビーチでは、恐れ知らずのスケートボーダーたちが砂に埋もれたボードに乗っています。ベンチを見つけて通り過ぎる人々を観察しましょう。ビーチクルーザーバイクをレンタルして、往来する人々の仲間入りをするのも良いでしょう。ベニスの海沿いに続く全長35キロメートルのサイクリングコース、マーヴィン・ブロード・コースタル・バイクトレイルは、サンタモニカからトーランス市を結んでいます。本当にワイルドな体験をしたければ、何か叩けるもの(炭酸飲料の空き缶と車のキーで十分)を見つけて、毎晩ビーチで演奏を繰り広げるドラムサークルに参加してみましょう。

ビーチを離れて内陸へ向かって歩いてみると、また一味違うベニスの一面を発見することができます。この街で最も人気のある、散策可能なアボットキニーブルバードは、宝の山があるショッピング天国。ハリウッドのセレブも訪れるスタイリッシュなブティックで、デザイナーズアイテムを見て回りましょう。ヴィンテージからミッドセンチュリーまで、ご家庭用の家具も揃っています。ストレンジ・インビジブル・パフュームズでは、自分だけの香水を作りましょう。このエリアにはカフェや移動式屋台があるので、ショッピング中に空腹になることはありません。さらに、ベニスには運河があるんです:今も残るコテージ、緑豊かな庭園、そしてベニス運河歴史地区に建つモダンな邸宅を眺めながら散策しましょう。