Farm-to-Fork Dinner on the Tower Bridge in Sacramento

素晴らしいアグリツーリズム体験

ニワトリの鳴き声で目覚め、牛の乳を搾り、果樹園の木陰で採れたての食材で作った料理に舌鼓を打つ - カリフォルニアには、農場や牧場でできる家族向けの体験型アクティビティが豊富にあります。州の各所でできる、素晴らしい、そして美味しい体験型アクティビティの一部をご紹介します。その他の例については以下の資料を参考にしてください。

ynnil/Flickr

農場ツアー

農場ツアー
Gorgeous scenery, tasty bounty

のどかな田舎道、果樹園の木々、ブドウ畑など、美しい田園風景を楽しみながら、時々寄り道して自然の恵みを味わうこともできます。

テハマトレイル(テハマ郡)。オリーブ園やブドウ園が点在する絵のように美しい田舎道で、ラッセン火山国立公園のそばでワインテイスティング、コーニングでオリーブやオリーブオイルを味見、畑で採れたてのフルーツや野菜など自然の恵みを堪能できます。

ソノマ・カウンティ農場トレイル(セバストポル)。 ワイン産地として名高いこの地域に点在する、こだわりの家族経営農場や食品生産者は自由に回れます。ペタルーマにあるファーストライト・ファームなどの農場ツアーに参加したり、セバストポルにあるザズーキッチン&ファームで地元の食材で使った料理を楽しむのもよいでしょう。

マリン・カウンティ農地信託(マリン・カウンティ)。サンフランシスコ北のガイド付き農場・牧場ツアーに参加して、手作りチーズ、有機農法、自然と農業とのバランスについて学びましょう。

ヒドゥン・ヴィラ(ロスアルトス・ヒルズ)。サンフランシスコの南、教育センターやサマーキャンプも手がけるこの農場では、パン作りから養蜂、ニワトリの飼育まで、年齢を問わず楽しめるプログラムで歓迎しています。

ハッピーエーカーズ・ファミリーファーム(テンプルトン)。12ヘクタールを有するこの有機農場は、パソロブレス近くの海辺の丘にあり、子ヤギなどの動物たちに出会えます。新鮮な野菜や果物、卵、ヤギ乳から作られたクリーミーでリッチなスキンローションなどの手作り製品を購入できます。

フレズノ・カウンティ・フルーツトレイル(フレズノ・カウンティ)。果樹園を眺めながら、点在する農産物直売所、地元食品生産者、気さくなセントラルバレーの街々を訪ねましょう。

チャイナ・ランチ・デート・ファーム(テコパ)。デスバレー国立公園のすぐ南にあるこの家族経営農場では、ナツメヤシがどのように栽培・収穫されるかを無料でたっぷり試食しながら学べます。

フラワーフィールド(カールスバッド)。3月から5月中旬まで、色鮮やかなキンポウゲが満開の20ヘクタールの花畑を歩きましょう。サンディエゴのすぐ北にあり、海の素晴らしい眺めも楽しめます。

 

USDA NRCS/Flickr

ファーム・ステイ

ファーム・ステイ
Experience old-fashioned family fun on the farm

卵採りや野菜の世話を手伝って農場体験したり、絵のように美しい風景の中でくつろぎ、食事の時間には農場の果物を味わったりしましょう。

マー・ビスタ・コテージ(ワララ)。ノースコースト沿いの丘にあるこのコテージは家族連れに人気で、12棟の部屋は掃除付です。子供が朝食用に卵採りやベリー収穫をすることができます。ウィロークリーク・ランチ(マウンテンランチ)。ゴールドカントリーのなだらかな丘陵地帯にある美しい牧場で、牛の乳搾り、キルト刺繍、その他の農場の仕事に挑戦してみましょう。日帰りでの参加も歓迎です。ネイラーズ・オーガニック・ファームステイ(ディニューバ)。陽光降り注ぐセントラルバレーのフレズノ南東にある、家族経営の果樹園。みずみずしい有機栽培の桃や他の果物を自分で採って食べることができます(旬は5月中旬から8月中旬)。マリポサクリーマリー(アルタデナ)。ロサンゼルス北東の歴史あるゼーン・グレイ・エステートにある酪農場。手作りチーズについて学べます。早めに予約すれば、レトロシックなエアストリーム社製トレーラーの中で寝ることができるかも知れません。フリップフロップ・ランチ(ルサーンバレー)。サンバーナーディーノ山脈の東側にある、家族連れに優しい民宿牧場。宿泊客がニワトリのえさやり、石けん作り、農作業の手伝いをして充実した一日を過ごせます。

 

Matt Molinari/Flickr

味覚狩り農園

味覚狩り農園
Bountiful harvest, family fun

リンゴやベリーなどの味覚狩りができる農園が多数あります。これらの農園では木や区画割りで収穫できるようになっており、季節の果物などで作られた食品を販売していることもあります。

アップルヒル(プレーサービル)。ゴールドカントリーの中心部には、50以上の農場や牧場があり、昔ながらのパンプキン畑、リンゴ狩り、美味しいアップルサイダードーナツなどが楽しめます。

フィップス・カントリーストア・アンド・ファーム(ペスカデロ)。サンフランシスコの約80キロメートル南にある魅力的な農場。ぜひ立ち寄って、春にはイチゴ、夏にはみずみずしいオラレーベリーをカゴいっぱいに詰めましょう。

カバーズ・アップルランチ(トゥオルミ)。ヨセミテへの途中で寄り道して、さくさくのリンゴを収穫。農場の動物を見たり、新鮮なデリアイテムや自家製の焼き菓子でピクニックすることもできます。

ヴィラ・デル・ソル(レオナバレー)。春か初夏に旅行を計画しているなら、この広々とした果樹園で5種類の甘いチェリーを収穫しましょう。ロサンゼルスから北に車で1時間、地元産の非加熱はちみつもあります。

ケニーズ・ストロベリーファーム(テメキュラ)。甘くて美味しいイチゴを水耕栽培しています。泥で汚れることがないので、ベビーカーも使え、家族全員でイチゴ狩りを楽しむことができます。

カールスバッド・ストロベリーカンパニー(カールスバッド)。大きくてジューシーなイチゴを収穫しましょう。この地域で人気の花畑のそばにあり、3つある直売所で地元産の美しいイチゴを買うこともできます。

 

Eric Ritchey/Flickr

ファーマーズ・マーケット

ファーマーズ・マーケット
Local produce, amazing finds

一流シェフや地元の人が野菜や果物を買いに行くファーマーズマーケットで、カリフォルニアの豊かな恵みを体験してください。おすすめのファーマーズマーケットをご紹介します。

マリン・ファーマーズマーケット(サンラフェル)。地元のシェフ、食通、家族連れが集まる巨大マーケット。マリン郡とソノマ郡の農場や牧場のよりすぐりの食材でいっぱいです。年中、木曜と日曜開催。

フェリープラザ・ファーマーズマーケット(サンフランシスコ)。1890年代のフェリーターミナルが、オーガニックや地元産などこだわりを持つお店ばかりが集まるフードマーケット生まれ変わりました。ここでは大規模なファーマーズマーケットも開催され(火・木・土)、究極のグルメシティ、サンフランシスコの地元シェフのお気に入りとなっています。

デービス・ファーマーズマーケット(デービス)。週2回開催される人気のマーケット。農産物の中には珍しいアジアの果物や野菜も見られ、エンターテインメント、料理実演も楽しめます。「ピクニック・イン・ザ・パーク」マーケット(3月中旬から10月までの水曜夕方から)には、ワイン&ビアガーデンもあります。

サンタモニカ・ファーマーズマーケット(サンタモニカ)。たくさんの人で賑わい活気溢れるマーケットは、3ブロックに分かれた様々なお店を見て歩くだけでも楽しめます。場所柄、セレブを目撃できるかも?!水・土・日曜に開催。

 

Courtesy of O.A.R.S.

素晴らしい環境で農場直送ダイニング

素晴らしい環境で農場直送ダイニング
美味しい食事、そして美しいロケーション

地元で収穫された食材を直接テーブルに届け、美味しい料理をその場で楽しむことができるダイニングスポット。何よりも食べることを楽しみたい方に最適です。

アウトスタンディング・イン・ザ・フィールド(複数店舗)。海辺や山の頂上、農場など青空の下でおもてなしをする話題のレストラン。カリフォルニアを拠点に全米各地で開催され、「地産地消」をコンセプトに料理が振る舞われます。4月に開催されるコーチェラバレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバルなどの、特別なイベントにも参加しています。

フォーク、コルク&パドル/O.A.R.S.(エンジェルスキャンプ)。ホワイトウォーターラフティングでアメリカンリバーを下った後、地元産の食材を使ったグルメな食事とシエラ丘陵のワインを楽しみます。

フルベリーファーム・ディナーズ(キャペイバレー)。地元の農場や畑から食材を集めた季節のディナーを提供する、サクラメントの西にある家族経営の有機栽培農場。アーモンドが開花する春は特に美しいものです。(2月には、キャペイバレー・アーモンド・フェスティバルが行われます)

 

David Abercrombie/Flickr

フード&フラワーフェスティバル

フード&フラワーフェスティバル
California agriculture, fun celebrations

食べても見ても楽しめる、大勢が集うカリフォルニア農業の祭典に参加してみましょう。ローカルなフェスティバルをご紹介します。

2月: リバーサイド・カウンティ・フェア&全米ナツメヤシフェスティバル(インディオ)。甘いナツメヤシが好きな方におすすめのフェスティバルで、ナツメヤシをふんだんにつかったお菓子が堪能できます。家族向けのエンターテインメントや遊園地式の乗り物もあります。

3月: カーピンテリア・グリーンハウス・アンド・ナーセリー・ツアー(サンタバーバラ)。美しい温室や花畑を散策できるイベント。

4月: カリフォルニア・ナッツフェスティバル(チコ)。地元産の食べ物を試食したり、ナッツを使った料理の実演を見たりすることができます。パトリック・ランチ博物館の歴史ある敷地の屋外で開催されます。

5月: カリフォルニア・ストロベリーフェスティバル(ワトソンビル)。絶対外せないストロベリーショートケーキ、アイスクリーム、パイ早食いコンテストが楽しめます。ストロベリービール、揚げストロベリー、ストロベリーピザなど珍しい料理もあるので試してみては。

5月: カストロビル・アーティチョーク・フェスティバル(カストロビル)。風味豊かで甘みのある食用のアザミ、アーティチョーク。セントラルコースト沿いで開催されるこのフェスティバルは、アーティチョークの揚げ物、スープ、マリネ、ピクルス、グリルなど、様々なアーティチョークを楽しめる祭典です。

7月: ギルロイ・ガーリックフェスティバル(ギルロイ)。人気のこのフェスティバルは、近くに来るだけでその香りでわかります。シェフによるニンニク料理、ニンニク料理コンテスト、ガーリック入りの美味しい食べ物を売る屋台などを楽しめます。

9月: サンプル・ザ・シエラ(サウス・レイクタホ)。シェフと地元農家がコラボして、地元の食材をフィーチャーした素晴らしい料理が生み出されるのを見ることができます。ワインペアリングやエンターテインメントもあります。

10月: ホーズダウン・ハーベストフェスティバル(キャペイバレー)。アイスクリーム作り、巨大な干し草のとりで登り、羊の毛刈りなどアクティビティが満載で、子供も楽しめる家族向けフェスティバル。農場ツアーや特別ディナーもあります。