テーマパークのホリデーイベント&アトラクション ThemeParkHolidaysHero_Disneyland_1280x642_downsized
Courtesy of the DIsneyland Resort

テーマパークのホリデーイベント&アトラクション

ノンストップのパレード、フェスティバル、パーティ、パフォーマンス、アクティビティ……カリフォルニアのテーマパークに行けば、平凡な1日が楽しいホリデーに変身します。その上、特定の時期にはさらに見ごたえのあるイベントが繰り広げられます――レゴランド・カリフォルニアで行われる7月4日の独立記念日の花火、クイーンメアリー号の船上で開催される大晦日パーティ、モントレーベイ水族館の「ラッコデー」など、是非訪れたいイベントがたくさんあります。ここに誰もが楽しめるイベントを日付順にリストアップしました。カリフォルニアでのバケーションのプラン作りにご活用ください。

テーマパークのホリデーイベント&アトラクション QueenMary_DavidJones_Flickr_1280x642
David Jones/Flickr

クイーンメアリー号・スコッツフェスティバル&インターナショナル・ハイランドゲームス

クイーンメアリー号・スコッツフェスティバル&インターナショナル・ハイランドゲームス
がっしりした男性たちが競う毎年恒例のハイランドゲームズ

伝説の豪華客船、クイーンメアリー号は現在ロングビーチに恒久的に停泊しており、世界最大級のパーティ船として活躍しています。全長305メートル、重さ73,482トンのこのクルーズ船のイベントカレンダーは特別な年間行事でいっぱい。これらのイベントは、船上や船の隣で開催されます。

注目のイベントのひとつは、毎年2月に実施されるスコッツフェスティバル&インターナショナル・ハイランドゲームズ。バグパイプコンテスト、伝統的なハイランド舞踊、ウイスキーとビールの試飲、ケルトハープのコンサートなどが行われ、プロやアマチュアのハイランド選手によるハンマー投げ、丸太投げなどの力を試す競技も観戦できます。 同イベントの目的は、この大きな船が生まれた土地への敬意を表すること。クイーンメアリー号は1930年~1934年にスコットランドのクライドバンクで建設されたので、その船上でスコットランドの伝統を祝う毎年恒例のパーティが開催されるのは当然のことです。日帰りでも楽しめますが、船の豪華な個室に1泊して週末のイベントを思う存分楽しむのもおすすめです。

テーマパークのホリデーイベント&アトラクション VCW_SI_T2_CourtesyofSeaworld_drummers_1280x642
Courtesy of SeaWorld San Diego

旧正月

テーマパークのホリデーイベント&アトラクション vca_maps_sandiego
旧正月
ミッションベイの近くで祝うアジアの旧正月

初春にこの人気アトラクションで飛び跳ねているのはイルカやシャチだけではありません。この時期には旧正月を祝してアジアの文化にスポットをあてた特別イベントが毎年開催され、パフォーマンス、グルメ、きらびやかな飾りなどが楽しめます。

ミッションベイ・シアター内では中国雑技団がつくる人間タワーや人間業とは思えないパフォーマンスを鑑賞しましょう。屋外では、カラフルな衣装の獅子舞が練り歩きます。シーワールド・サンディエゴのレストランも旧正月にちなんだメニューを提供。イベント期間中はアジア風の料理やドリンクが楽しめます。

どのイベントも入場料に含まれていますので、シーワールド内のショーや乗り物を思う存分満喫しましょう。

テーマパークのホリデーイベント&アトラクション VCW_SI_T3_ButterflyJungle_ChuckDowe_Flickr_1280x642
Chuck Dowe/Flickr

バタフライ・ジャングル

バタフライ・ジャングル
サンディエゴ動物園サファリパークの春

バタフライジャングルでセルリアンブルーの鮮やかな蝶が肩に停まったら(そして、誰かが必死にその写真を撮ろうとしていたら)、動かずにじっとしていましょう。春にサンディエゴ動物園サファリパーク内に開設されるこの体験的な特別展示は、サンディエゴから北へ車で約40分でアクセスできます。

約3週間のイベント期間中、熱帯の温室内に10,000羽以上の蝶が飛び交います。黒地に黄色の模様があるミツボシタテハ、フクロウのような模様のフクロウチョウ、オレンジと黒が美しい上品なオオカバマダラなどの展示の目玉となる種を探してみましょう(双眼鏡を持参するのがおすすめ)。パークの魅力を存分に楽しみたいなら、サバンナの生態系を見下ろす「ロアー&スノアー」のテントに1泊してみては。キリン、ガゼル、サイ、シマウマなどを観察することができます。

テーマパークのホリデーイベント&アトラクション MontereyBayAquarium_WorldOceansDay_RandyWilder_1280x642
Randy Wilder

モントレーベイ水族館で、ワールドオーシャンズデイの週末を

テーマパークのホリデーイベント&アトラクション vca_maps_centralcoast
モントレーベイ水族館で、ワールドオーシャンズデイの週末を
すべてが海を中心としたクラフト、シェフ、音楽、授賞式

感動的な海の生き物から素晴らしい働きをした海洋保全の功労者まで、海に関わるすべてのことを称えましょう。6月の2日間に行われるこのフェスティバルは世界最高峰の水族館による協賛で、地球の70パーセントを覆う地球生態系である海に光を当てるものです。音楽の生演奏、持続可能なシーフードの試食、幅広い年齢層のためのクラフト、海洋保全のリーダーを称える授賞式をお楽しみください。週末を通して行われるこの海辺のパーティでは、サメなど水族館の海の生き物に餌をあげる特別イベントや、永遠の人気者ラッコをじっくり観察できる機会なども楽しめます。変わった体験をお求めなら、フェスティバルのファミリー・スリープオーバーに参加するのはいかがでしょう(事前予約が必要)。

またフェスティバルの一環として、モントレーベイ水族館の画期的な「クッキング・フォー・ソリューションズ」プログラムも行われます。有名シェフと料理専門家が案内する、料理とワインについて深く知るこのイベントでは、参加者は地元の牧場やワイナリーなどを訪ねて、その後キッチンで料理の実践デモンストレーションと試食を体験します。

テーマパークのホリデーイベント&アトラクション LEGOLAND_ThemeParkHolidays_CourtesyLEGOLAND_1280x642
Courtesy of LEGOLAND California

レッド、ホワイト&ブーム

テーマパークのホリデーイベント&アトラクション vca_maps_sandiego
レッド、ホワイト&ブーム
独立記念日を祝う毎年恒例の大イベント

レゴランドカリフォルニアで空を見上げて、目を見張るような独立記念日の花火を楽しみましょう。カールスバッドにあるこのテーマパークはサンディエゴから北へ約45分のところにあります。このパークで開催される「レッド、ホワイト&ドカン」というイベントはレトロな雰囲気が魅力。麻袋跳び競争や水風船投げなどの昔ながらのアクティビティが行われます。お子様はキャラクターダンスパーティで踊ったり、レゴ遊びイベントでレゴを組み立てたり、(パパやママと一緒に)ベビーカーパレードに参加してみましょう。アメリカのシンボルであるアンクルサムと自由の女神が竹馬に乗って登場。また、レゴランドウォーターパークではバンド演奏が行われ、鮮やかな花火が夜空を照らします。

テーマパークのホリデーイベント&アトラクション VC_HalloweenHorrorNights_UniversalStudiosHollywood_Halloween-Horror-Nights_AHS-1_1280x640
Elio Yanez/Flickr

ハロウィーン・ホラーナイト

テーマパークのホリデーイベント&アトラクション vca_maps_losangeles
ハロウィーン・ホラーナイト
ユニバーサル・スタジオで恐怖体験

思わず叫んでしまうほど怖い体験が待っているユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのハロウィーン・ホラーナイト。怖いのは、おなじみのスリリングな乗り物だけではありません。とても人気の高いこの恐怖のナイトイベントでは、テーマパーク全体が巨大なお化け屋敷と化し、冷静沈着なビジターでさえも恐くて震えあがること間違いなしです。

ハロウィーン・ホラーナイトでは、『悪魔のいけにえ』などホラーの代表作といえる映画やテレビ番組の中から、身の毛もよだつシーンを再現した迷路「スケア・ゾーン」がパークに出現。ゲストは暗闇から襲ってくる殺人鬼や覆面、ゾンビに扮したアクターたちが溢れかえる、映画さながらの幽霊屋敷を歩きます。

「圧倒的に不気味で恐ろしく、人々を恐怖のどん底に陥れるアイデアを寄せ集めたオリジナル・ストーリーを完全再現したかったのです。」と、「クリプトTV」のディレクターで、パークの新しい「テラー・トラム」の制作に関わったエリ・ロスは語ります。「ハロウィーン・ホラーナイトは、ホラー映画界のスーパーボウルのような、ホラー映画ファンなら必見のイベント。私が一年で一番好きなイベントのひとつです。」

最新の迷路では、FXネットワークのホラーテレビドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」の身の毛もよだつオマージュや、心臓が飛び出すような、頭がクラクラするスリルが味わえるホラー映画の定番『エクソシスト:悪魔に取りつかれたリーガン・マクニール』、2003年公開の2大殺人鬼の戦いを描いた『フレディVSジェイソン:ドリームバトル』なども登場。

ホラーナイトの迷路にはハロウィーン以外のホラーもあります。2013年公開の映画『クランプス 魔物の儀式』の「半分ヤギ、半分悪魔」の姿をしたクリスマスの怪物が、ホラーナイトを甘く見ている人々を恐怖に陥れます。

ハロウィーン・ホラーナイトの目玉は他にもあります。パークのアトラクションが不気味なハロウィーン仕様に変身。「スペシャル・エフェクト・ショー」では、覆面ダンサー集団「ジャバウォッキーズ」も登場します。この季節、映画の舞台裏を走り抜ける「テラー・トラム」に飛び乗れば、デジタル・ネットワークの「クリプトTV」から飛び出した悪魔のピエロ「ハリウッド・ハリー」にジャックされ、トラムはアルフレッド・ヒッチコック監督の往年のサスペンス作品『サイコ』のサイコハウスや『ベイツ・モーテル』のモーテルにも停車します。

ハリウッド・ホラー・ナイトは9月中旬から11月初旬までの開催ですが、パークでの恐怖はまだまだ続きます。「ウォーキング・デッド・アトラクション」は通年オープンしており、多くの俳優やアメリカのテレビ局「AMC」シリーズのオリジナルの型から制作した自然な動きのゾンビがパークを徘徊します。

注意:ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、13歳以下のお子様には「ハロウィーン・ホラーナイト」、または「ウォーキング・デッド・アトラクション」の体験はお勧めしておりません。

テーマパークのホリデーイベント&アトラクション VC_SpotlightDisneyland_HalloweenTime_Original_JoshTelles_56A3832_1280x640
Courtesy of Disneyland Resort

ハロウィーン・タイム

テーマパークのホリデーイベント&アトラクション vca_maps_orangecounty
ハロウィーン・タイム
ホーンテッドマンション最大の見どころ

10月のディズニーランドリゾートは、ハロウィーン・ワンダーランドへと様変わりします。ハロウィーンのイベントには、怖いものも怖くないものもありますが、どちらのパークもホリデーデコレーションで飾られ、ちょっと不気味なバージョンのディズニーランドパークのスペースマウンテンとホーンテッドマンションは悪夢へと変貌します。トゥモローランドでは、スペースマウンテン・ゴーストギャラクシーの叫び声が一層高まります。そしてもちろん、有名なホーンテッドマンションもおすすめ。ティム・バートンの傑作映画「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のジャック・スケリントンがハローウィーン・タウンのホストとして登場します。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークもハロウィーンへと変貌しています。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは、モンスターズ・アフター・ダークのテーマで、そして、カーズランドの“ハウル・オ・ウィーン(Haul-O-Ween)”ゾーンでは、キャラクターに仮装、ラジエーター・スプリングは、ラジエーター・スクリームズへと変化します。また、この時期ならではの音楽を楽しむなら、メーターズ・グレーブヤード・ジャンボリーへ行きましょう。

ディズニーランドリゾートでは、メインストリートUSAの巨大な手彫りのカボチャフェスティバルなど怖くないアトラクションも楽しめます。ハロウィーンの服装で散歩しているキャラクターたちをチェックしたら(ディズニーの悪役も含む)、フロンティアランドに展示された「死者の日」を称える伝統的なディスプレイをご覧ください。

知っておくと便利な情報: ちょっと贅沢をして、ミッキーのハロウィーンパーティへのチケットを購入してはいかがでしょう。ハッピエスト・ホーンツ・ツアーに参加するのもおすすめです。パーク内を見て回る間、「ゴーストホスト」がいたずらやアドベンチャーで楽しませてくれます。なお、このツアーはハロウィーンの時期に催行されます。

テーマパークのホリデーイベント&アトラクション CalAcademy_holidays_kathrynwhitney_1280x642
Kathryn Whitney

サンフランシスコ動物園で過ごすトナカイと楽しむクリスマス

サンフランシスコ動物園で過ごすトナカイと楽しむクリスマス
ホリデー気分に包まれる動物園とゴールデンゲートパーク

サンタクロースのトナカイは、サンフランシスコがお気に入りのようです。12月に1週間にわたって開催されるズーライツと呼ばれるイベントでは、枝角を生やし、荷物運搬に使われるこの動物たち(動物園で暮らすベル、ホリー、ペパーミント、ベルベット)が訪れる人々を歓迎してくれます。ホリデー気分を楽しみたいあらゆる年代の人々に喜ばれる夜のアクティビティも目白押し。ストーリーテラー、ジャグラー、マジシャンによるパフォーマンスなどが行われるほか、絶妙なタイミングで雪がちらつき、地面にはキラキラとしたライトが輝きます。

また、サンフランシスコでは、ゴールデンゲートパークにあるカリフォルニア科学アカデミーの屋根の上でトナカイが跳ね回ります。トナカイに会いに行き、その後は、この機会を利用して科学博物館のインタラクティブな展示を見学しましょう。ユニークな適応力をもつ野生のトナカイが、1年あたり4,828キロメートルもの距離をどのようにして移動しているのかを是非ご覧ください。