Autumn Leaves in California
Kari Siren/Getty Images

カリフォルニアの紅葉

「ゴールデン・ステート」の別名を持つカリフォルニア州の秋の魅力は、この上なく静かな海辺だけにとどまりません。秋になると自然の絵筆は、カリフォルニア州のシャスタ・カスケード北部からサンディエゴ・カウンティーに至るまで、アスペン、オーク、カエデ、コットンウッド、ハナミズキの葉を赤や金色に染め上げていきます。

海や山々に囲まれたこの州では、さまざまな形で秋が訪れます。たとえば、ワインの産地では、ぶどう畑がパレットになります。秋の収穫時期は、ぶどう踏みやワインテイスティングを楽しむ季節です。山地やシャスタ・カスケードのエリアでは、カリフォルニアの紅葉が作り出す色とりどりの天蓋の下で、すばらしい秋のラフティングを楽しめます。一方で、たくさんのサトウカエデやモミジバフウが紅葉しているのを目にするでしょう。これは、19世紀に富を求めてやって来た開拓者たちが植えた木の種が広まったおかげです。カリフォルニアの美しい風景の中でドライブやハイキングをすると、パイを食べたり、ビールを飲んだり、景色を眺めたりできる場所があちらこちらに見つかります。

この秋のショーを楽しむには、もちろん、タイミングが重要です。カリフォルニアの秋の輝きは、山の頂上から始まり、丘を下って、標高とともに移り変わります。しかし、たいていの紅葉の名所が冬のモードに入ってしまった11月になっても、秋の紅葉が続くところもあります。さあ、アップルサイダーをマグに注ぎましょう。朝のさわやかな空気を味わいましょう。そしてカメラを手に出かけましょう!秋の始まりから終わりまで、ピークの時に合わせてカリフォルニアの道路を走り、山道を歩いて紅葉の名所に向かいましょう。

—アン・マリー・ブラウン