David Sprague/Universal Studios Hollywood

Southern California

Spotlight: ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド

16
April
Average (°C)
Mar - May
22°
High
5°
Low
June - Aug
28°
High
15°
Low
Sept - Nov
25°
High
11°
Low
Dec - Feb
19°
High
8°
Low

ムービー・マジックとメガ・アトラクション―夢を信じさせてくれるのがハリウッドであるならば、そのファンタジーの世界に足を踏み入れることのできるのが、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド。ハリウッドヒルズの東側に開発された広大な園内に、舞台裏ツアーや映画さながらのアクション満載ライドなど、映画のセットとテーマパークを合体させたアトラクションが待っています。隣接するエンターテインメント空間は、ネオンライトも華やかなショップとレストランが建ち並ぶユニバーサルシティウォーク。ここでは、テーマパークの体験をさらに延長して楽しむことができます。

 

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™
グリフィンドールとスリザリンのどちらを応援しようと、このアトラクション・アンド・ライド・ゾーンでは、ホグワーツ™の世界を臨場感たっぷりに体験できます!

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドでは「ハリウッド・マジック」の理念が様々な形で表現されていますが、この理念に特に適っているのがパークの新エリア、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターと言えるでしょう。ライドにショップ、そして尽きることのないバタービールと共に、ファンは愛する魔法使いの少年の世界に入り込みます。

稲妻型の傷を持つ眼鏡の少年、ハリーのことを詳しく知らなくても、6エーカー(約2万4,300平方メートル)の広さを持つこのアトラクションでは風変わりな体験や仕掛けを存分に楽しむことができます。このセットは、ホグワーツ城を中心に、ホグワーツ魔法魔術学校が見事に再現されています。城の中では、空に届きそうなくらい高い天井を持つ神聖なホールを自由に見学できます。そしてなんと、そこに並べ飾られた肖像画は、本や映画の描写そのままに喋るのです。アルバス・ダンブルドア校長のオフィスを訪ね、闇の魔術に対する防衛術の教室を見学し、グリフィンドール談話室をのぞいてみましょう。この談話室は、ハリーとルームメイトたちが手強いスリザリンの生徒について話し合った場所として知られています。

ロボット工学、精巧なアクションシーン、心の底から味わえる臨場感を組み合わせた3D-HDのスリルを、ほうきの柄に乗って体験してください。

目玉となるアトラクション、ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーでは、ほうきの柄に乗って、ロボット工学、精巧なアクションシーン、心の底から味わえる臨場感を組み合わせた3D-HDセットのスリルを体験してみてください。城の外では、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド初の屋外型コースター、フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフもご家族みなさまでお楽しみいただけます。

他のアトラクションは、魔法がいっぱいのホグズミード村に集まっています。ここでは石畳の通り、雪をかぶった屋根、様々な村の特色が再現されています。車掌さんが到着を歓迎し、商人が多様な魔法用品を売っています(オリバンダーの店では魔法の杖、ゾンコの店では叫ぶヨーヨー、ハニーデュークスでは蛙チョコレートなど)。

ふくろう便も見逃すことはできません。あなたが横切ると住人のふくろうがホーホーと鳴き声を上げます。子供たちは、かたつむり郵便、つまり普通郵便を使ってメッセージを伝えていた古い時代を知ることができます(ハリーの世界では、ふくろう便ですが)。ここからカード(実際のペンまたは羽ペンで紙に書いたもの)を送ると、ホグズミード村の消印が押されます。

リアルな魔法の体験は、食事の時間にも続きます。レストラン「三本の箒」では、ボリュームたっぷりの英国料理を味わえます。フィッシュ・アンド・チップス、シェパードパイ、バンガーズ・アンド・マッシュ、さらに、スティッキー・トフィー・プディングのような伝統的な付け合せも用意されています。ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターでの1日は、まずここから始めたくなるでしょう。三本の箒は本格的な英国式朝食を提供しており、卵、ソーセージ、ベーコン、ベークドビーンズ、さらには黒プディングまで味わうことができます(米国式のお食事も用意しています)。

さらに、21歳以上のマグルには朗報があります。隣接するホッグズ・ヘッド・パブでは特製のドラフトビールや、ドラゴン・スケール、魔法使いのほうきの柄、ファイア・ウィスキーなど、アトラクション用に特別に作られたお酒が楽しめます。このパブで、そして、ホグズミード村の至る所で、子供からお年寄りまで楽しめるバタービール(ひと工夫されたクリームソーダと思ってください)、かぼちゃジュース、かぼちゃフィズ、優しい香りのギリーウォーターを注文できます。なんと言っても、闇の魔術を防ぐととても喉が渇きますから。

David Sprague/Universal Studios Hollywood  HARRY POTTER characters, names and related indicia are © & ™ Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights © JKR. (s16) ©2016 Universal Studios. All Rights Reserved.
 
Prayitno/Flickr

怪盗グル―のミニオン・メイハム

怪盗グル―のミニオン・メイハム
「怪盗グルー」の3Dライド

小さいくせに騒々しくて、ちょっと頭が変なキャラクター。それが怪盗軍団のミニオンたち。映画「怪盗グルーの月泥棒」に登場するバナナ色の生き物、ミニオンになった気分を味わわせてくれるのが、このライドです。怪盗軍団を率いるグルー(本物のワルではありません)の家に入って、ミニオンのトレーニングミッションに参加しましょう。飛び跳ねたり飛び込んだりと、(驚くほどリアルなモーションシミュレーター技術のおかげで)究極のアクションが体験できます。興奮が最高潮に達したところで、最後はワイルドなダンスパーティ。ライドの隣には、映画のカーニバルを現実にしたスーパー・シリー・ファンランドがあり、噴水や水遊び場で遊んだり、スーパー・スウィアリー・ファンライドに乗ってこのお祭り騒ぎを上から見たりすることができます。

スタジオ・ツアー
Courtesy of Universal Studios Hollywood

スタジオ・ツアー

スタジオ・ツアー
映画製作の舞台裏を見学

映画製作のマジックと大ヒット作のアトラクションを楽しむユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのスタジオツアー。カリフォルニアで見逃せない人気アトラクションのひとつです。テーマパークのメインとなるアトラクションですが、ブラッド・ピットが歩いていることはないでしょう。このツアーでは、フランケンシュタインからジョーズまで様々な映画のセットをより間近に見て学ぶことができるのです。次に3Dメガネをかけて、迫力満点のドライビングアクションを体験しましょう。なかでも、高速3D-HDライド、ワイルド・スピード-スーパーチャージは、まるで映画の中にいるような錯覚に陥るほどスリル満点のリアルな体験ができます。時速193㎞という速さで手に汗握るこのアトラクションは、スタジオツアーのグランドフィナーレを飾ります。 

もう一つスタジオツアーの目玉は、360度3D体験が楽しめるアトラクション、キングコグ。トラムが進む先は、キングコングと恐竜との戦いが繰り広げられる乱闘の中心です。また、その街並みや風景は多くの映画やテレビ番組に使用されてきたもので、中には「サイコ」、「ジョーズ」「宇宙戦争」といった大ヒット映画のオリジナルセットも。有名なTV司会者ジミー・ファロン氏のガイドとビデオ出演もこのアトラクションをさらに面白くしています。 

知っておくとお得な情報:このアトラクションには、いつも長蛇の列ができますが、心配はいりません。トラムは頻繁に出発するので比較的早く乗ることができます。

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのVIP体験
Courtesy of Universal Studios Hollywood

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのVIP体験

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのVIP体験
舞台裏の限定ツアー

誰だって特別な待遇を受けてみたいもの。ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドが提供するこのVIP体験では、映画スターになったような気分になれます。まずは、特別な入口が設けられており、到着すると車の駐車サービスから始まります。それからプライベートラウンジへ案内され、お菓子と飲みものがサービスされれば、すでにここは聖域。案内してくれるエキスパートガイドは、とても親切です。テーマパークの舞台裏やサウンドスタジオを見学しながら、内部情報や撮影秘話など、あなたの知りたいと思うことをすべて説明してくれます。通常の舞台裏ツアーと異なり、このツアーでは、プライベートな車を降りて歩くこともできます。セットに近付いて照明やカメラのアングルを確かめたり、最近のテレビ番組や映画の撮影現場も見たりすることができます。楽しいのは、巨大な小道具倉庫。レトロなボウリングバッグから全身の鎧まで、ありとあらゆるものが置かれています。このツアーには昼食が含まれており、プライベートなレストランで提供されます。また、1日中どのライドでも行列に並ブことなく、ショーも最前列に座って楽しむことができます。まさにスターの待遇というわけです。

ユニバーサル・シティウォーク
Courtesy of Universal Studios Hollywood

ユニバーサル・シティウォーク

ユニバーサル・シティウォーク
3つのエリアで大都市の魅力を体験

ナイトライフとお食事、そして欠かせないお土産ショッピング。これらすべてがギュッと詰まったシティウォークは、賑やかな歩行者天国の施設です。実際、ユニバーサルスタジオの主な駐車場から直結していますので、見落とすこともないでしょう。何となく引き込まれて道草を食ってしまったとしても、ここは時間を過ごすだけの価値があります。それに入場料は無料ですから、ユニバーサルスタジオの入場券を持っていなくても、シティウォークには気軽に来ることができます。

驚きには値しませんが、映画はここでも主役のひとつです。通常の上映室19室と大画面のアイマックスシアター1室を有する7階建ての巨大映画館があり、様々な映画を上映しています。また、人気のエンターテインメント番組「エクストラ」はここで撮影されていますので、現場のスターにも胸が高鳴ります。別の種類のスリルをお探しなら、「アイフライ・ハリウッド」の垂直ウィンドトンネルに入ってスカイダイビング体験はいかがでしょうか。無料のアウトドアコンサートは、光のショーと合体して、踊りたい人のためのスペースも十分です。ただし、踊っている間はショッピングの戦利品を誰かに持ってもらう必要があるかもしれません。シティウォークはショッピングの魅力も満載で、アバクロンビー&フィッチ、フォッシル、ビラボンなどの有名店が通路やプラザを埋め尽くしています。

ここでは、お腹がすいて困るということもありません。「ピンクス・フェイマス・ホットドッグ」をはじめとするLAのカジュアルな有名店から、カールストラウス・ブリューイング・カンパニーの地ビール、笑いと食事の両方を楽しめる「ジョン・ロビッツ・コメディクラブ」まで、様々なチョイスがあります。

テーマパークからの帰り道、マリオ、チェリッサそしてトレーシーをチェックすることを忘れないでください。エキストラの撮影中に彼らがハリウッドスターにインタビューしているかもしれません。

ザ・シンプソンズ・ライド
Ahmad Tare/ Flickr

ザ・シンプソンズ・ライド

ザ・シンプソンズ・ライド
ホーマーやバートと一緒にクラスティの世界へ

テレビの人気アニメ番組「ザ・シンプソンズ」の世界に、最新技術のライドで踏み込みます。からくりを明かしてしまうと、乗っている車が上下や左右に動く間に、車の周囲にシーンが映し出されるだけなのですが、その感覚はきわめてリアル。ホーマーとバートのクレイジーな世界さながらに、このアウトオブコントロールなアニメ世界を体験します。カーニバルで始まり、ロケットで幻想のクラスティランドへと飛び出しますが、ここは奇妙なピエロのクラスティが夢想した世界。キャラクターの声優が何とも破壊的なジョークを連発し、ザ・シンプトンズならではのゆがんだ滑稽さが全開します。番組のファンには必須のライドです。

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのライブショー
Courtesy of Universal Studios Hollywood

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのライブショー

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのライブショー
人気キャラクターの楽しいエンターテインメント

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの最大の魅力は映画とアニメかもしれませんが、ライブショーも盛りだくさんに行われています。アップテンポな「ブルース・ブラザーズ」ショーでは、ジェイクとエルウッドがブルースバンドと一緒に登場(映画を見たことがなくても見る価値のある、上出来なショーです)。デジタル技術や3D技術のショーでは、まったく新しい世界や特殊効果が作られる様子を見られるほか、「怪盗グルーの月泥棒」のミニオンも登場して、その制作の舞台裏を披露してくれます。ジェットスキーのスタントショーや「ウォーターワールド」の飛行機墜落のシミュレーション、もう少しハラハラドキドキしないで済むショーとしては、犬や鳥などの動物スターが登場する「アニマル・アクターズ」ショーもあります。

その他のアトラクション
Courtesy of Universal Studios Hollywood

その他のアトラクション

その他のアトラクション
クラシックな楽しみと新しいツイスト

どんなアトラクションが好きですか。ハラハラ、ドキドキのアドベンチャー? それとも、気軽に楽しめるエンターテインメントでしょうか。恐竜やミイラはもちろん、愛すべき怪物シュレックまで、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドには、ありとあらゆる夢の世界が用意されています。「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」では、いかだに乗って数百万年という時間をさかのぼり、体長15メートルのティラノサウルスを見に行きます。高さ25メートルから落下する急流すべりもスリル抜群です(ずぶ濡れになりますので、ご注意を)。「リベンジ・オブ・ザ・マミー・ザ・ライド」では、不気味な古代世界を駆け抜ける間に、とりわけ不気味なミイラたちが罵声を浴びせてきます(ヒステリーを起こしているのかもしれません)。そして「トランスフォーマー・ザ・ライド-3D」では、未来へ飛び出し、人類の存続をかけてデストロンと戦います。

とはいえ、ユニバーサルスタジオのアトラクションがすべてスリル系というわけではありません。「シュレック4D」では、人気のアニメキャラクターが特殊メガネと特殊効果の魔法をかけられ、まるで本物のように浮き上がります。

スペシャル・イベント
Courtesy of Universal Studios Hollywood

スペシャル・イベント

スペシャル・イベント
雪あり幽霊あり。イベントには楽しみがいっぱい!

心温まるイベントから、心臓ドキドキのイベントまで、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドでは、年間行事に合わせて様々な特別イベントを開催しています。冬のホリデーシーズンは特に人気です。セレブリティがドクター・スースの名作『いじわるグリンチのクリスマス』の朗読にやって来ますので、ここではスターの目撃は間違いありません。また、クリスマスツリーのライトアップも毎晩行われ、本物の雪を敷きつめた遊び場で雪合戦もできます。ユニバーサルシティウォークの年末ホリデーシーズンは、コンサートが目白押しです。「シティロッキン・ホリデー」イベントの開催期間中は、ロックンロールのサンタや巨大なツリーも登場します。

そのほかの祝日イベントも満載ですが、特筆すべきはハロウィーンの「ホラーナイト」。たくさんの幽霊が勢揃いして、かなり不気味な感じです(小さなお子様には怖すぎるのでご注意を!)。アトラクションやその他の暗い空間を幽霊や怪物が徘徊して、狼男や吸血鬼、テレビ番組「ウォーキング・デッド」のゾンビがいつ襲い掛かってくるかわかりません。でも、もっと不気味なのは、後ろから不意に背中を触られることかもしれません。このイベント中は、ピエロですら怖がっている様子です。ギターリストのスラッシュが奏でる音楽が、そのムードを盛り上げます。おなじみの映画セットを見学するトラムツアーも例外ではありません。世界の終末を思わせる旅に出かけると、またもゾンビが待ち受けています。