Spotlight: ナパ&ソノマ  VCW_D_NapaSonoma_Hero__NCA3429_1280x642
Tai Power Seeff

Northern California

Spotlight: ナパ&ソノマ

カリフォルニアの最も有名なワインカントリーで、世界的に知られたこの2大ワイン産地は、共にサンフランシスコから車で北に1時間ほどの場所にあります。なだらかに広がるブドウ畑では、世界でも特に人気の高いブドウ品種が栽培されています。ナパバレーは有名なシルバラードトレイル沿いに並ぶ広々としたブドウ園、大きなテイスティングルーム、趣のある街、エレガントなリゾートで知られます。一方ソノマ郡はくつろいだ雰囲気で、ロシアンリバーに向かって北へ進むと、さらにのどかな風景が広がります。古城や改装された小屋などを利用したナパバレーとソノマバレーのワイナリー。何百ものワイナリーがコンクール金賞や国際的な評価を得ています。

またナパとソノマバレーは、訪れる季節も問いません。四季折々の魅力があります。春にはブドウの若葉と丘の新緑が輝き、辺り一面に咲く黄色いマスタードの花が緑との鮮やかな対比を見せます。気温が上がる夏にはイベントも観光客も増えます。混雑を避けるには、早めに一日の行動を開始しましょう。秋は収穫と仕込みの季節。ブドウを摘む人やワインの仕込みのために、ブドウ園とワイナリーはたくさんの人でにぎわいます。ぐっと冷え込む冬は、ミシュランの星に輝く人気レストランでディナーを楽しみ、綺麗に飾りつけられた街へクリスマスギフトのショッピングに出かけ、豪華なスパで静かにくつろぐのに最適です。

Spotlight: ナパ&ソノマ  VCW_D_NapaSonoma_T1_20140725_Auberge du Soleil_207_1280x642
Tai Power Seeff

シルバラードトレイル

Spotlight: ナパ&ソノマ  vca_maps_sfbayarea_0
シルバラードトレイル
ナパバレーの最も有名なワインルートを巡りましょう

ナパバレーでも特に名高いシルバラードトレイル。オークが立ち並ぶのどかなトレイル沿いには世界クラスのワイナリーが連なり、1週間かけても回り切れないほど。ナパとカリストガを結ぶ最初の常設道路であるシルバラードトレイルはおよそ48キロメートルにおよび、ほぼ平行に走るハイウェイ29号線の代わりに使われるのどかな小道です。ドライブで、またはオートバイや自転車をレンタルして、ナパバレーの東側の丘陵地帯に延びるこの静かで景色の美しいルートを巡りましょう。

ナパバレーでも特に名高いシルバラードトレイル。オークが立ち並ぶのどかなトレイル沿いには世界クラスのワイナリーが連なります。

最初にどこへ立ち寄るかが、最大の悩みどころ。シルバラードトレイル沿いの一流ワイナリーにはジョセフ・フェルプス、ZDワインズ、マイナー・ファミリー・ワイナリーがあります。この3か所は、ナパバレーの伝説的なカベルネソーヴィニヨンや他のがっしりとした骨格の赤ワインを味わえる多くの素晴らしいワイナリーのほんの一例です。スパークリングワインがお好きな方は、マム・ナパへお立ち寄りください。エレガントなパティオ、テイスティングサロン、くつろいだ雰囲気のオークテラスでスパークリングワインをお楽しみになれます。オーベルジュ・デュ・ソレイユやソラージュ・カリストガなど、信じられないほど完璧なワインカントリースタイルの小さなホテルやリゾートもいたる所にあります。この地域でも特に美しい景色をご覧になるには、緑あふれる道をドライブして手入れの行き届いたメドウッド・ナパバレーまで遠出しましょう。ザ・グリルでは屋外でランチを楽しめます。豪華なディナーなら、ミシュラン3つ星のザ・レストラン・アット・メドウッドへ。完璧なサービスと採れたての食材で作った料理を、もちろん最高のワインと一緒に満喫できます。

Spotlight: ナパ&ソノマ  VCW_D_NapaSonoma_T2__NCA2909_1280x642
Tai Power Seeff

ドライクリークとソノマバレー

Spotlight: ナパ&ソノマ  vca_maps_sfbayarea
ドライクリークとソノマバレー
美しい眺めとワインケーブ

ロシアンリバーに沿った谷はスパイシーなジンファンデル種に最適な土地ですが、他のブドウ品種も幅広く栽培されています。

ソノマバレーは、優れたブドウ栽培地としてソノマ郡の米国政府承認ブドウ栽培地域(AVA)に指定された17地域の中の1つです。5,666ヘクタールのこのAVAは「月の谷(Valley of the Moon)」とも呼ばれ、カリフォルニアの商業用ワイン産業の誕生の地として知られます。豊かなチェリーとブラックベリーの風味を持つ古いブドウ品種のジンファンデルが特に有名です。1857年にカリフォルニア最初の高級ワイナリーとして設立された、ワイン産業の先駆けであるブエナビスタ・ワイナリーを訪れてみましょう。美しい景色を楽しむには、丘の上にあるヴィラのようなシャトー・セント・ジーンへ。整形庭園を散策し、デリで食材を買って敷地内でのピクニックを楽しみ、もちろんワインを試飲することができます。

ロシアンリバーの西側には、イタリアのトスカーナやピエモンテを思わせる美しい眺めを持つ、のどかなドライクリークバレーがあります。初期に移住したイタリア人ブドウ栽培者がこの地を故郷のように感じたのも不思議ではありません。そして、豊かな味わいの赤ワインを作るためにプティシラー、ジンファンデル、カリニャンヌなどの品種を植えました。この地は日当りがよく濃厚な赤ワイン用品種に最適ですが、暑い夏の季節には太平洋から流れてくる霧が心地よく空気を冷やしてくれます。1日中のんびりと過ごしたい方は、フレンドリーなベラ・ヴィンヤードの芝生でくつろぐのはいかがでしょう。ここは、素敵なワインケーブも備えています。キヴィラには美しい有機農園があります。ワイナリーのバイオダイナミック農法について、尋ねてみましょう。

Spotlight: ナパ&ソノマ  VCW_D_NapaSonoma_T3_20140725_CIA at Greystone_142_1280x642
Tai Power Seeff

セントヘレナ

Spotlight: ナパ&ソノマ  vca_maps_sfbayarea
セントヘレナ
ショッピング、ダイニング、スパに理想的

「ナパバレーのメインストリート」と呼ばれるこの人気のワインカントリーの街には、ショップ、アートギャラリー、可愛らしいカフェがたくさん並んでいます。オリビエでオリーブオイルテイスティングをして、ウッドハウス・チョコレートでスイーツを堪能しましょう。メリーヴェール・ヴィンヤード(禁酒法撤廃後に作られたセントヘレナ初のワイナリー)は、由緒あるキャスクルームで毎日テイスティングセミナーを行っています。この地域のワイナリー巡りに向かう前に、ワインの味について知るのに最良の方法です。そして、街にはたくさんのテイスティングルームがありますので、車の運転は避けた方がよいでしょう。地元で有効なパスポート・セントヘレナを使うと立ち寄りを歓迎している8か所のワイナリーに行くことができ、軽食と一緒にトップクラスのビンテージワインを味わえる特典が付いてきます。

軽食と一緒にトップクラスのビンテージワインを味わえる特典が付いてきます。

セントヘレナは間違いなく魅力的ですが、足を延ばしてホール・ヴィンヤードも訪れてみましょう。最高級ワインと先鋭的なアートの両方を楽しめます。敷地内には彫刻やインスタレーションが点在しており、ガラス張りのテイスティングルームの2階からは目を見張るような眺めを満喫できます。

街に戻ったら、ヘルススパ・ナパバレーへ。庭で特製ハーベスト・マッドラップ&マッサージを受けてくつろいだ後は、ドレスアップして壮麗なグレイストーンキャンパスにあるカリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ(CIA)の新進シェフの手によるディナーをお召し上がりください。

Spotlight: ナパ&ソノマ  VCW_D_NapaSonoma_T3_20140725_Sonoma_05_1280x642
Tai Power Seeff

ヨントビル

Spotlight: ナパ&ソノマ  vca_maps_sfbayarea
ヨントビル
ワインカントリーの料理を堪能

食通の方にとって、ヨントビルは小さなパラダイス。人口1人当たりのミシュランレストランの数が北米一のこの小さな街では、何日も最高級グルメを堪能できます。カロリーの摂り過ぎが気になるところですが、美しい環境ととびきりの料理こそバケーションの醍醐味です。

グルメタウンとしてヨントビルの名を広めた貢献者は、比類のないシェフ、トーマス・ケラー。今では世界各地で数多くのレストランを経営していますが、1994年にオーナーとなったフレンチ・ランドリーが、この躍進の発端でした。フレンチ・ランドリーはナパワインカントリーでぜひ訪れたいレストランです。垂涎の的であるミシュラン3つ星を頂き、今も卓越したレストランとして名を馳せており、数カ月前の予約が必要です (ランチの方が予約をとりやすいかもしれません)。ケラーがさらに、カジュアルでありながら洗練されたブションと、ダイエットのことなど忘れてしまいそうなブション・ベーカリーもオープンしたことで、ヨントビルは今、「ケラービル」という名がふさわしい場所となっています。その他の素晴らしいレストランには、レッド、エトワール、ビストロ・ジャンティ、そして有名シェフのマイケル・キアレッロが新鮮な食材を使ったイタリア料理を供するボッテガなどがあります。

また、街のテイスティングルームを訪れるのも忘れずに。メイソンリー・ナパバレーでは、20を超えるワイン生産者からのワインを歴史ある石造りの建物の裏庭にあるパティオで試飲でき、プロヴァンスにいるような気分を味わえます。素晴らしいのはワインだけではありません。高級感に満ちたブティックリゾートのバルデッソノ(LEEDのプラチナ認証も受けています)のダイブバーでは、プールサイドで美味しいカクテルを楽しめます。(6月から8月の最終木曜日にはパーティーが開催されます)。

Spotlight: ナパ&ソノマ  SHED_10_1280x642
Mariko Reed

ヒールズバーグ

Spotlight: ナパ&ソノマ  vca_maps_sfbayarea
ヒールズバーグ
あらゆる場所で誘惑が待つ極上のワインカントリータウン

ヒールズバーグが 素晴らしい街だ、という噂は本当です。まず、陽気な人々でにぎわうテイスティングルームに囲まれた理想的な街の広場、街のあちこちで誘惑するブティック、夕闇に輝きを放つ洗練されたレストランがあります。ソノマというよりは、ルイ14世のロワールバレーにいるかのような雰囲気を味わえるレマール・オテルもあります。かつてはソノマバレーの北の端にある静かな田舎町だったヒールズバーグは今、カリフォルニアのワインカントリーでも屈指の高級な地域として注目されています。

陽気な人々でにぎわうテイスティングルームに囲まれた理想的な街の広場、街のあちこちで誘惑するブティック、夕闇に輝きを放つ洗練されたレストラン

ヒールズバーグは周辺のソノマAVA巡りの拠点として理想的ですが、この街そのものにも魅力がたくさんあります。地元産の食材に力を入れており、その典型が持続可能な農法で育てられた地元産の新鮮な果物と野菜が並ぶ、週2回(6月~10月)開催のファーマーズマーケットです。専門家の目で厳選したキッチン用品、料理本、ガーデニング用具を扱うヒールズバーグ・シェッドへ立ち寄ってみましょう。季節限定の自家製シュラブ(酢をベースにしたドリンク)と薪焼きピザをぜひお試しください。ガーデニング、クッキング、持続可能な暮らしなどのトピックが並ぶクラスやワークショップもチェックしてみましょう。魅惑のオークビル・グロッサリーで自家製チーズと皮がパリッとしたパンを買い、広場でグルメなピクニックはいかがでしょう。ディナーは、チョークボードへ。豚バラ肉のビスケット、ハマチクルード、イカスミのパスタなど贅沢な料理で一日を締めくくりましょう。

Spotlight: ナパ&ソノマ  VCW_D_NapaSonoma_T6__NCA2256_1280x642
Tai Power Seeff

ナパのダウンタウン

Spotlight: ナパ&ソノマ  vca_maps_sfbayarea
ナパのダウンタウン
華麗に変身したワインカントリーの中心地

かつてナパバレーのワインカントリーへ行くための通過地点だったこの街は今、昔とは違います。情報通の旅行者は、ナパリバーのほとりにあるこの活気に満ちた街が、有名シェフのレストラン、魅力的な公園と川辺の歩道、高級な宿泊施設が集まる場所として大きく生まれ変わったことを知っています。そして、数多くのテイスティングルームもあります。30に近いテイスティングルームは洗練されたスタイルからくつろげるカジュアルなものまで幅広く、すべて街の中心部から歩いて行ける距離に位置しています。街には魅力的なショップ、カフェ、チョコレートショップも並び、緑濃い街路を歩くと、州内でも有数の、上品なインテリアの高級B&Bに行き着きます。

ダウンタウン周辺の見どころには、活気に満ちたオックスボウ・マーケットがあります。ここでは新鮮なカキに舌鼓を打ち、自家製のハム類を試食し、「タルト・チェリー・カベルネ」などの名前がついたチョコレートトリュフをじっくり眺めるなど、いろいろな楽しみ方ができます。川沿いには、シンプルさが魅力のモリモト・ナパ、新鮮なシーフードを味わえるセラドンがあり、川を渡ると、ラトゥークでシェフ、ケン・フランクのエレガントな料理を楽しめます。宿泊は、アンダーズ・ナパなどの都会的でシックなホテル、または優雅なチャーチル・マナーやフレンドリーなシーダー・ゲイブルズ・インなどの個性的なB&Bから選べます。

この地域を巡るドライブ以外のユニークな手段に、ナパバレー・ワイントレインがあります。ナパのダウンタウンから1年中運行しているこの列車では、豪華な内装のビンテージな車両で観光、食事、ワインの試飲を楽しめます。

Spotlight: ナパ&ソノマ  VCW_D_NapaSonoma_T7_NCA3522_1280x642
Tai Power Seeff

カリストガ

Spotlight: ナパ&ソノマ  vca_maps_sfbayarea_0
カリストガ
温泉とスパでリラックス

ナパバレーの北の端、セントヘレナ山の麓に位置するカリストガは観光客が少ない穴場。にぎやかなナパのダウンタウンを、もっとくつろいだ感じにした雰囲気の街です。1976年にシャトー・モンテリーナが1973年産シャルドネで、伝説的なパリのコンクールで他の一流フランスワインを打ち負かしトップとなったことで、ナパバレーのワインを有名にしました。カリストガはまた、ナパバレーのスパと温泉の中心地で、1800年代よりミネラル豊富な火山水による活力回復を求める人々をこの地に集めてきました。スパとリゾートはカジュアル(水着の着用は選択自由)なものから高級な施設までさまざまで、そのほとんどが温泉への入浴、サウナ、マッサージを提供しています。しかし、最もカリストガらしい体験と言えば、泥浴でしょう。ドクターウィルキンソンズ・ホットスプリング・リゾートの「ザ・ワークス」を予約しましょう。伝統的な泥浴と、フェイシャルマスク、香りのよいミネラルジェットバス、スチームルーム、ブランケットラップ、マッサージを満喫できます。

またカリストガは、ナパバレーのもう1つの外せない体験、熱気球に乗れる主要スポット。朝霧の上を漂いながら静かな谷を見渡し、周りを囲む丘の上から太陽が顔を覗かせるさまを眺めるひととき。これ以上に素晴らしい体験は、なかなかありません。地上に戻ったら、名高いスパークリングワインで祝杯を上げましょう。

Spotlight: ナパ&ソノマ  Meadowood_aerial_attractions_sized
Meadowood

ナパ&ソノマの豪華宿泊施設

ナパ&ソノマの豪華宿泊施設
ワインカントリーのいたる所で豪華な宿泊施設でのひとときを楽しめます

ナパバレーとソノマ・カウンティのワインカントリーでは美しい環境が最高の魅力ですが、極上の宿泊施設も負けてはいません。1980年代にセントヘレナのオーベルジュ・デュ・ソレイユが、最高に贅沢な時間を楽しめるスタイルを作り上げました。奥まった静かな部屋には薪が燃える暖炉と専用ベランダに続くフレンチドアがあり、心安らぐプールからはロマンチックな谷の景色を眺めることができます。ナパのシルバラードトレイル沿いのカントリークラブ風のメドウッドでは、ゴルフ、テニス、クロッケーを楽しめるほか、高級スパでのくつろぎの時間やミシュラン3つ星のザ・レストラン・アット・メドウッドでのディナーを堪能できます (マルチコースのテイスティングメニューがおすすめです)。

現在はフェアモント運営のソノマ・ミッション・インは、癒し効果のある温泉と緑豊かな景観が特徴で、贅をきわめた環境でシルクのような肌触りの鉱泉浴を楽しめます。ヨントビルでは、モダンなバルデッソノの洒落た屋上プールでくつろぎの時間をお過ごしください。バルデッソノでは石や木材などの建材に、再生材を使っています。カリストガ・ランチにはオークと小川に囲まれて立つ独立した宿泊用ロッジ50棟があり、屋外のリビングルームは暖炉で温められています

こういう贅沢さはカップルのためのもの、とお思いですか? ソラージュ・カリストガは高級な雰囲気ですが、子供用プールや無料のレンタル自転車など、家族向けのサービスを提供しています。

Spotlight: ナパ&ソノマ  VCW_D_NapaSonoma_T9_20140725_Sonoma Town_12_1280x642
Tai Power Seeff

ガイド付きツアー

Spotlight: ナパ&ソノマ  vca_maps_sfbayarea
ガイド付きツアー
Cable Cars, Winery Passports

徒歩、ドライブ、鉄道などさまざまな種類があるガイド付きツアーでは、専門家がナパとソノマについて詳しく教えてくれます。バンやバスツアーは、ホテルまたは観光案内所で予約できます。ガイド付きのサイクリングツアーについても尋ねてみましょう。ナパのダウンタウンを散策する90分のウォーキングツアーでは、ゴールドラッシュ、禁酒法時代、第二次大戦中の好景気に湧いた時代など、この地域の歴史について知ることができます。ナパバレー・ワイントレインのベルベットのカーテンや美しい装飾品で飾られたビンテージの車両に乗って、鉄道の旅を楽しむのはいかがですか。ワイン付きのマルチコースのランチやディナーなど、さまざまなツアーを提供しています。ソノマ郡では、1890年代後半のサンフランシスコ・ケーブルカーのレプリカに乗って、4か所のワイナリーでのテイスティングと、地元で人気のザ・ガール&ザ・フィグがケータリングするランチを楽しめます。自由行動のツアーなら、1日または数日間有効のパスを買って、対象エリアのワインテイスティングを楽しみましょう。ワイントレイル・エリア(ドライクリーク、ロシアンリバー、アレクサンダーバレー)用のパスなどの専用パスを買うと、ワイン購入、ガイド付きプライベートツアー、ワイン生産の現場を見学できるウォークなども割引になる場合があります。

Spotlight: ナパ&ソノマ  grapes_sized

収穫と仕込み

Spotlight: ナパ&ソノマ  vca_maps_sfbayarea
収穫と仕込み
ブドウ踏みや収穫祭など一年で一番盛り上がる時期

毎年夏の終わりから秋の始めにかけて、栽培農家は朝から晩まで畑に出て、ブドウ摘みとブドウを絞る作業の準備に追われます。多くのワイナリーで収穫祭(ほとんどが少人数で招待者限定)が行われ、ブドウ園への感謝を捧げ、ブドウの豊作をもたらした労をねぎらいます。なるべく早くブドウをつぶして果汁をタンクに仕込むのに、多くの人手が狩り出されるため、この時期、テイスティングルームは人手不足になります。一部のワイナリーではブドウをつぶす前やつぶした後に、ワインテイスティング、料理、音楽の生演奏を楽しむパーティーを開催します。スパークリングワインの生産者、シュラムズバーグは秋の週末の収穫キャンプを行っており、ゲストはブドウ摘みに参加できます。ガーギッチ・ヒルズ・エステートとシュヴァイガー・ヴィンヤードでは、昔ながらのブドウ踏みイベントを行っています。ズボンの裾をまくりあげて、参加してみましょう。V・サットゥイでは毎年、収穫祭とブドウつぶしパーティーが開かれています。