Tai Power Seeff

Northern California

Spotlight: オークランド

14
April
Average (°C)
Mar - May
20°
High
9°
Low
June - Aug
22°
High
13°
Low
Sept - Nov
23°
High
10°
Low
Dec - Feb
16°
High
7°
Low

「サンフランシスコのブルックリン」と呼ばれているイーストベイ地区の対岸にあるオークランド。ブルックリンと同様の歴史的な雰囲気、美しい景色、活気に満ちたグルメとワインシーンが特徴です。多彩でダイナミック、流行の最先端でアーティスティック。オークランドはベイエリア探索にひと味違った色どりを加えます。洒落た雰囲気に加えて家賃が安いことから、多くの地元の若者たちがダウンタウンのロフトやアパートに移り住んできたことで、1杯ずつ淹れるコーヒーバー、カフェ、ギャラリー、クラブなども数多くオープンしました。イーストベイの安価な賃貸料は、多くの有名シェフや新進のシェフたちも引き寄せ、きらびやかなアールデコ調のフローラから、おしゃれで上品なプラムまで、さまざまなタイプのレストランが集まっています。

ジャック・ロンドン・スクエア
Tai Power Seeff

ジャック・ロンドン・スクエア

ジャック・ロンドン・スクエア
ウォーターフロントのこの施設の屋内/屋外の魅力を発見しましょう

魅力的な複合施設、ジャック・ロンドン・スクエアは、サンフランシスコベイの端にあり、屋外も屋内も多彩な楽しみにあふれています。この施設の名前の由来は、勇敢な冒険家で『野生の呼び声』と『海の狼』の著者であるジャック・ロンドン。『海の狼』は、今も開いている伝説のヘイノルズ・ファースト・アンド・ラストチャンス・サロンに足繁く通っていたみすぼらしい男のほら話に着想を得たと言い伝えられています。長い歴史を持つ酒場の傾いた入口近くの壁にかかった柱時計は、1906年4月18日から止まったままです。その日、ベイエリアを大地震が襲い、建物を激しく揺らし、この時計は時を刻むのをやめてしまいました。時計は止まったままですが、店は営業を続けています。この小さな木造の小屋に足を一歩踏み入れると、タイムスリップしたような雰囲気を味わえます。毎晩19世紀のガスランプが灯り、第二次世界大戦の頃の写真やアンティーク、そしてサロンのテーブルに着く若き日のジャック・ロンドンの小さな写真が壁を飾っています。バーに座って、隣り合った人と話してみましょう。面白いほら話を聞けるかもしれません。

しかし、この歴史あるバーを訪れるのは、1日の終わりにとっておきましょう。日が高いうちは、オークランド水路付近でカヤックができます。特に渡り鳥の多い秋ににぎわうスポットです。また貨物船の荷揚げ用に使われる、奇妙な生き物のような埠頭のクレーンも面白い景観を生み出しています。都市伝説によれば、オークランド出身の映画監督のジョージ・ルーカスはこのクレーンをヒントに、『スター・ウォーズ』の不気味なAT-ATウォーカーを創作したそうです。真偽のほどは分かりませんが、クレーンは確かに、映画に出てくる四足歩行の戦車に似ています。

カヤックの後は、スクエアを散策して、ショップ巡りを楽しんだり、歴史ある2隻の船のツアーに参加するのはいかがでしょう。灯台船のリリーフ号は海に浮かぶ灯台で、1951年から1974年の間、沿岸を航海する船を誘導してきました。もう1隻のUSSポトマックはフランクリン・デラノ・ルーズベルト大統領の由緒あるクルーザーです(ベイクルーズについて尋ねてみましょう)。オーガニックのパスタを提供しているバイアなど目移りしそうなレストランでの食事や、クラブケーキ・ベネディクトが名物のオークランド・グリルのブランチも楽しめます。ファーマーズマーケットや野外映画も開催されており、近場で楽しめるエンターテインメント施設としてのジャック・ロンドン・スクエアの魅力をさらに高めています。

グルメ、ワイン、ナイトライフ
Tai Power Seeff

グルメ、ワイン、ナイトライフ

グルメ、ワイン、ナイトライフ
トップシェフの店と、都会のワイントレイルを巡りましょう

イーストベイ地区の倉庫街は、都会のただ中でワインのブレンドとボトリングをする都市型のワイン生産者を引き寄せています。オークランドと近隣のバークレー、エメリービル、アラメダには20以上のワイナリーが点在しています。自力で訪れるか、またはイーストベイ・ワイナリー・バイクツアーズによるガイド付きの楽しいサイクリングツアーに参加してみましょう。

またオークランドと周辺都市では、アップタウン、ジャック・ロンドン・スクエア、そしてグランドアベニューやグレンビューなどの新興地域に有名シェフが新しいレストランをオープンさせており、グルメな料理も楽しめます。いつも混雑しているボカノバの洗練されたタパス、オズモのモダンな日本料理、アデッソのハムや美味しいカクテルをお試しください。鶏肉料理とワッフルがお好きな方は、ウエストオークランドのブラウン・シュガー・キッチンへ。シェフ、ターニャ・ホランドがクラシックな料理に独創的なアレンジを加えたメニューを提供しています。

オークランドは、こだわりの食品メーカーが集まる街としても名を挙げています。ヌミ・ティー、ブルー・ボトル・コーヒー、リンデン・ストリート・ブリュワリーなど人気を高めているメーカーは、本社をオークランドに置いている企業の一例です。食べ物、文化、歴史に注目したツアーを提供しているセイバー・オークランドのガイド付きウォーキングツアーで、この新たなブームについて学びましょう。カスバにいるような豪華さを堪能できるレイオーバーでは、くつろぎの夕べを過ごせます。

カリフォルニア・オークランド博物館(OMCA)
Tai Power Seeff

カリフォルニア・オークランド博物館(OMCA)

カリフォルニア・オークランド博物館(OMCA)
歴史と文化の全体像について学びましょう

カリフォルニアの過去・現在・未来を称え、そのハイライトを紹介する心躍るようなギャラリーを備え、参加型のアクティビティ、教育プログラム、コミュニティイベントを行っているこの博物館は、オークランドのレイクメリットに近い中心的な文化施設です。1969年に設立された「人々のための博物館」であるOMCAは、芸術、歴史、自然科学のコレクションが、美しいテラス付きの庭園に囲まれた建物に集結しています。

さらに多くの楽しい体験をするには、金曜日に訪れるのがおすすめです。フライデーナイト@OMCAは、家族向けの野外パーティーで音楽の生演奏、即興のダンス、グルメな移動式屋台、ブルー・オーク・ビアガーデンの地元産の地ビールとワインを満喫できます。アートがお好きな方は、メーカーズ&テイスターズ・シリーズの立ち寄り歓迎のアートワークショップで、地元アーティストから手ほどきを受けるのはいかがでしょう。

オールドタウン
Tai Power Seeff

オールドタウン

オールドタウン
ビクトリア朝の建築、ボードゲーム、古本が待っています

尖塔、小塔、繰形で飾られたクラシックなビクトリア時代の建物が立ち並ぶこのエリアは、オークランドでも屈指の美しさを誇る地区。かつては、地元の人々が正装をして気取って歩く場所でした。今では、企業と、独立したショップやレストランが雑多に入り混じっており、およそ6ブロックにわたる地区には見事に修復された建物が並び、散策をするのに最適な場所となっています。SOBUで手作りの家具を眺め、独立の非営利古書店のブックマークで、面白い本を見つけましょう。エンドゲームで地元の人に交じって、毎週開催のボードゲームナイトに参加するのはいかがですか(持ち込みのゲームも、店のゲームも使用可能です)。長い間地元の人に親しまれてきたスワンズ・マーケットはフードホールに生まれ変わりました。コセチャのメキシコ料理、ペリスコープ・セラーズのワインテイスティング、ロザムンデスのソーセージとビールをお試しください。金曜の朝には、ナインスストリートのブロードウェイとクレイの間で開催されるにぎやかなファーマーズマーケットへ足を運びましょう。新鮮な食材と手作りの食品が並んでいます。夜には、アンティークな街灯が温もりある輝きを見せ、デスコやザ・トラピストなどのレストランが、リラックスした雰囲気の中での美味しい食事へと誘います。

アーティスト&ギャラリー
Tai Power Seeff

アーティスト&ギャラリー

アーティスト&ギャラリー
目を楽しませるイベントで盛り上がりましょう

芸術的な雰囲気に満ちたオークランド。この街のアート界を最もよく体験できるユニークな方法は、毎月開催されているオークランド・アート・マーマーのイベント、「ファーストフライデー」に参加することです。毎月第1金曜日に、テレグラフアベニュー沿いのグランドアベニューと27thストリートの間の参加ギャラリーが、楽しいストリートパーティーを開催しています。アート制作の作業場に設けられた臨時や常設のギャラリーで、素晴らしいアートを鑑賞したり、購入したり、アーティストと交流したりできます。あらゆる種類の食べ物を売る移動式屋台、DJの音楽に合わせて踊る子供たち、ビアガーデン、ストリートパフォーマー。ファーストフライデーは彩り、文化、ライフスタイルに満ちたイベントです。

もっと落ち着いてアートシーンを体験するには、毎週開催のサタデーストロールに参加しましょう。ギャラリーや多用途施設が、午後1時から午後5時まで見学者を受け入れています。また多くのギャラリーが、オープニングパーティー、アーティストの講演、レクチャー、ライブ演奏、文学作品の朗読などの無料のカルチャープログラムを主催しています。オークランド・アート・マーマーは毎月第3土曜日にガイド付きウォーキングツアーも行っています。ギャラリーのディレクターや他のオークランドアート界の著名人が、見学者をギャラリー3~5か所に案内し、ギャラリーではキュレーターやアーティストの話を聞くことができます。実際にアートを創作したい方は、ザ・クルーサブルへ。陶芸、石の彫刻、ジュエリー制作、その他のアートを学べるクラスやワークショップが行われています。

オークランドのイベント
Tai Power Seeff

オークランドのイベント

オークランドのイベント
アートの祭典を見に行きましょう

イベントをお探しですか? オークランドのイベントカレンダーは、このダイナミックな街について知り、じかに体験するためのさまざまな種類のイベントで満載です。夏にはアート+ソウル・オークランドに行ってみましょう。音楽の生演奏とダンスパーティー、バーベキューコンテスト、詩の朗読対決、手作りの品が集まる多彩で多文化な市場が開かれています。

9月のイート・リアル・フェストは路上の物産展のような雰囲気。食べ物がどこから来るのか、誰が育て、誰が作っているのかなどについて人々に知ってもらうための都会的なフードイベントです。すべてが持続可能な方法で育てられた地元産の美味しい食べ物に関する内容で、さまざまな方法でここに集まっている新鮮な食べ物について学び、食べることができます。

オークランドでは、パラマウント・シアターで上演されるオークランド・バレエやオークランド・イーストベイ交響楽団の公演など、1年を通して文化的イベントを楽しめます。パラマウント・シアターはオークランドのダウンタウンにあるアールデコ調の素晴らしい建築物で、毎月第1・第3土曜日には見ごたえのあるガイド付きツアーが行われています。

オークランド・チャボット宇宙科学センター
Jon Konrath/Flickr

オークランド・チャボット宇宙科学センター

オークランド・チャボット宇宙科学センター
天体観測の魅力を発見

イーストベイのオークランドヒルズの一角にあるこの宇宙に特化した科学センターでは、体験型展示が特におすすめ。月面着陸に挑戦したり、気候変動に関する興味深い考察や、太陽を形成するプラズマのしくみも学べます。次は、チャボットの目玉、ネリー、リア、レイチェルと名付けられた3台のパワフルな天体望遠鏡。3台すべて、空の彼方に光る星や小惑星、彗星へと向けられています。ネリーやほかの2台の大型望遠鏡からではありませんが、センターにある小さな天体望遠鏡を用いて子供たちと一緒に星々やその軌道を観察することは可能です。ぜひ、夜の時間帯に訪れてみてください。さらに展望台からも、サンフランシスコ・ベイエリアを見渡すことができます。

たとえ日中に訪れても、同センターにある21メートルの全形ドーム型のプラネタリウムなら、最新型デジタル投影システム搭載で、素晴らしい星空を堪能できます。(また、チャボットの旧型レーザーを使用した昔ながらの天体ショーもいいものです)

知っておくと便利な情報: 部分日食や流星群などの特別な天体イベントを楽しみたい場合は、チャボットのカレンダーをぜひチェックしてみましょう。天文学愛好家らに交じって美しい自然の光が織りなすショーを学びながら見るのもおすすめです。

テメスカル地区
Sonny Abesamis/Flickr

テメスカル地区

テメスカル地区
イーストベイの「グルメ地帯」を堪能しましょう

テメスカルはオークランドの流行最先端のスポット。トレンド、グルメ、話題の発信地です。改修された建物と街路樹が並ぶテレグラフアベニュー沿いの一帯は人々を引き寄せる魅力的な場所で、特に天気のよい週末にはベビーカーを押しながら歩く家族連れや、ブランチを楽しむ20代の若者でにぎわいます。地元の人のように人気の料理を食べたい方は、ベイクセール・ベティの行列に並んでフライドチキンのサンドイッチを、またはセイクリッド・ホイール・チーズショップのチーズが伸びるグリルドチーズ・トリニティサンドイッチをお試しください。お洒落にドリンクを楽しむには、ホグズ・アポセカリーへ。認定チチェローネ(ビールソムリエ)が、毎日生ビールとして提供される厳選された醸造所直送のビール25種類から選ぶお手伝いをしてくれます。小さなお子様連れなら、フロッグパークへ。以前は空き地だった場所が1,300人のボランティアの手により、ジャングルジム、安全なブランコ、水遊びを楽しめるテメスカルクリークなどを備えた理想の遊び場に生まれ変わりました。

美食を探求するなら、エディブル・エクスカーションズのガイド付きウォーキングツアーに参加してみましょう。グルメドーナツ、エチオピアのスプレッド、焙煎したてのコーヒー、インドの屋台料理、バハスタイルのフィッシュタコス、韓国の豆腐鍋など、地元で人気の品々を味わえます。さらにもう1つ、ザ・ワイン・マインで土曜の午後に行われる1ドルのワインテイスティングもお忘れなく。

レイクメリット
Tai Power Seeff

レイクメリット

レイクメリット
ボートに乗ってバードウォッチングをするなど、都心にあるこの湖で水辺の楽しみを見つけましょう

都市部に水辺の空間が加わることで、ガラス、鉄、石に囲まれた都会的な景観を和らげることができます。この宝石のような輝きを放つ湖も、例外ではありません。隣接したオークランド水路から水が流れ込む塩水湖のレイクメリットは人気のスポット。湖を囲む5.6キロメートルの遊歩道は、出勤前のジョギングやランチ休憩の散歩を楽しんだり、夕暮れ時に126の街灯の4,000個を超える電球が輝く「光のネックレス」を眺める地元の人で、いつもにぎわっています。

レイクメリットはまた、アメリカで最初の国立野生生物保護区に指定された場所という特徴を持ち、特に秋に渡りをする鳥たちの重要な生息地となっています。歴史あるレイクメリット・セールボートハウスにあるレイクメリット・ボートセンターでカヌー、カヤック、ペダルボートをレンタルして、バードウォッチングをするのはいかがでしょう。またはロータリー・ネイチャーセンターで、観察した鳥がどの種類のものだったかを確認してみましょう。その他の見どころには、かつて湖畔に並んでいた壮麗なビクトリア朝の邸宅の一例を示す美しい1876カムロン・スタンフォード・ハウスや、レイクサイド・パーク・ガーデンセンターの盆栽コレクションなどがあります。新鮮な空気をたっぷり吸った後は、屋内で映画観賞はいかがでしょう。豪華な1926グランド・レイク・シアターでは封切り映画を上映しています(金曜日と土曜日のメインシアターでの上映ではワーリッツァー・オルガンによる演奏を行っています)。

Trip 3〜5日間 10 stops

サンフランシスコ・ベイループ

Discover this something-for-everything loop tour around an iconic bay
ゴールデンゲートブリッジ

世界を代表する橋から、この旅を始めましょう。空高くそびえる227メートルの塔に支えられ、弧を描いてサンフランシスコ湾の入り口に架かり、すべてが真紅に塗られたゴールデンゲートブリッジは、この地域の旅のスタート地点にふさわしい感動的な観光スポットです。

「ゴールデンゲート」という名前なのになぜ赤いのか不思議に思うかもしれません。その理由を説明しましょう。サンフランシスコ湾の入り口、つまり橋が架かっている狭い海峡は、初期の探検家ジョン・C・フリーモントによって「Chrysopylae」(ギリシャ語で「金の門」)と名づけられたと一般に言われています。(フリーモント大尉は、「金の角...

サンフランシスコ

世界でも特に有名なこの街を探索して、旅を終えましょう。貴婦人にたとえられるビクトリア様式の家々、由緒あるケーブルカー、ダイナミックな多様性、美しいウォーターフロント、そしてそびえ立つ深紅の橋で名を知られる「湾岸の街」には、すべてが揃っています。ミシュランの星を獲得したレストランから一風変わった屋台トラックまで、トレンドを作り出すさまざまな料理、世界的に有名な交響楽団、バレエ、劇団、オペラ、無限のアウトドア・アドベンチャー。サンフランシスコが、旅行者が行きたい街の中でも究極の必見の街の一つとして際立った地位にあるのも、もっともです。

この街では、車はどこかに置き、歩いて、...