シティで楽しむファーマーズマーケット Strawberries_FerryBuilding_EricRitchey_1280x642
Eric Ritchey/Flickr

シティで楽しむファーマーズマーケット

シティで楽しむファーマーズマーケット
地元の農作物に、素敵な掘り出し物

カリフォルニアの農場はカントリーサイドに広がっていることが多い中、人気のファーマーズマーケットの多くは大都市の喧騒の中にあります。曜日を問わず、一流シェフや地元の人たちが買い出しに赴くファーマーズマーケットに行ってみましょう。そこでは、カリフォルニアの豊かな農作物を一度に見ることができます。北から南まで、カリフォルニアの10大都市で開催されるファーマーズマーケット(特に記載がない場合は年中開催)と、小さな都市でも有名なマーケットをいくつかご紹介します。

 

セントラル・ファーマーズマーケット(サクラメント)

毎週日曜日朝

カリフォルニア州都最大のマーケット。ハイウェイ50号の地下道で、120を超える店舗がペッパーやフルーツ、マッシュルーム、カラフルなカリフラワーなどたくさんの農作物を年中販売しています(天井に青空が描かれていますので、ぜひ見上げてみてください)。他にも、夏場は毎日サクラメントのどこかでマーケットが開催されています。ザ・キャピタル・モール・マーケットもその一つ。ランチタイムにはフードトラックが集まります。

 

テメスカル・ファーマーズマーケット(オークランド)

毎週日曜日朝

マーケットの近くにたくさんのレストランが並ぶこのマーケットは食通に大人気。ブルー・ボトルのコーヒーと、熱狂的なファンのいるスターター・ベーカリーのクロワッサンに似たクイニー・アマンを手に持って、買い物を楽しみましょう。

 

フェリープラザ・ファーマーズマーケット(サンフランシスコ)

毎週火曜日、木曜日、土曜日

1890年代に賑わいを見せたフェリー・ターミナルが、地元の有名店が集まるフード・マーケットとして生まれ変わりました。また、大型のファーマーズマーケットも開催され、究極の食通の街サンフランシスコのシェフ御用達のマーケットにもなっています。タコスやピザなどの手軽なフードを楽しむなら木曜日、地元レストランの料理を味わいたいなら土曜日に足を運んでみてください。

 

ダウンタウン&ジャパニーズ・マーケット(サンノゼ)

毎週金曜日および日曜日

サンペドロ・スクエアで開催されるフライデー・マーケット(5月から11月まで)では新鮮な農作物や職人が作ったパンやお土産、また普段は使わないような「ブレンダーバイク」(自分でペダルを漕いでスムージーを作ることが出来ます)など、一風変わったシリコンバレーのテクノロジーも見ることができます。毎週日曜日はジャパンタウン・マーケットを開催。大根や白菜、青梗菜などの多彩な野菜や職人のパン、バーベキューもあります。

 

ビンヤード・ファーマーズマーケット(フレズノ)

毎週水曜日午後および土曜日朝

有名シェフでオーガニック農業やスローフードの立役者として知られる有名シェフ、アリス・ウォータースがファンであると公言した週二回開催のセントラルバレーのマーケット。大聖堂のような格子状のキャノピーの下で開催されます。地元産の桃やプラム、ネクタリン、さらにはエアルーム・トマトや職人が作ったチーズやパン菓子も見つけられます。

 

サンタモニカ・ファーマーズマーケット(ロサンゼルス)

毎週水曜日、土曜日、日曜日

摘みたてのイチゴ(さらにはバジル、マルメロ、サヤエンドウなど)のように、あちらこちらで有名人が買い物をしているところを見かけることが出来る、この賑やかなマーケットは3か所で開催されます。4番ストリートとオーシャン・アベニューの間のアリゾナ・アベニューで開かれる水曜マーケットでは、ロサンゼルスの一流シェフが買い物をしていることもあるようです。

 

マリン・スタジアム・ファーマーズマーケット(ロングビーチ)

毎週水曜日午後

このマーケットは、夏場は夜8時まで営業。夕日が沈むのを眺めたり、ロングビーチの歴史に耳を傾けたりするのに最適なマーケットです。海岸に立地し、1932年のオリンピックではボート競技が、1968年のオリンピックではボートの予選会が開催されました。近年は地元産の農作物や加工食品、ライブミュージックも楽しめます。

 

ダウンタウン・アナハイム認定ファーマーズマーケット&クラフトフェア(アナハイム)

毎週木曜日

オレンジカウンティのセンターストリート・プロムナードは、ランチタイムと午後のマーケットの時間帯には歩行者天国になります。アボカド、柑橘類、ハーブなどのたくさんの農作物やクラフト、タマーレやバーベキュー、焼きトウモロコシなどを調理販売するお店をゆったりと楽しめます。

 

リトル・イタリー・メルカート(サンディエゴ)

毎週土曜日

サンディエゴのすぐ近く、リトルイタリーのダウンタウンの一角にある食通が集うマーケット。ジュニパー&アイビークラフト&コマースといった有名レストランがあり、調理済み食品などもたくさんあります。果物や野菜の買い物の後は、職人が作ったパンや美味しいワカモレ、ベジー・ベーコン、野菜たっぷりのスムージーなどを楽しんで。

 

バレー・ファーマーズマーケットブリムホール・マーケット(ベーカーズフィールド)

毎週土曜日朝

ゴールデン・ステート・アベニューで開催されるバレー・ファーマーズマーケットは、セントラルバレーの中心地で開催される、最大にして最も古いマーケットです。ゼリー、オリーブオイル、ソイキャンドル、ジュエリーなどのお店が並びます。一方、ブリムホールは小規模の農場や美味しい料理がメインです。

 

小さい街のマーケットに行きたい?それなら、お勧めの4つのマーケットをご紹介します。

デービス・ファーマーズマーケット(デービス)

毎週土曜日朝および水曜日午後

変わった農作物(珍しいアジアの果物や野菜もあります)やエンターテイメント、料理の実演などが楽しめる大人気のマーケット。「ピクニック・イン・ザ・パーク」(3月中旬から10月まで、毎週水曜夜開催)にはワイン&ビールガーデン、音楽、子供向けアクティビティが楽しめます。

 

ダウンタウンSLOファーマーズマーケット(サン・ルイス・オビスポ)

毎週木曜日夜

ヒグエラ・ストリートで行われる週1回のマーケットで、120以上の農家やベンダーが集まります。セントラルコーストの果物や野菜を見た後は、ライブミュージックを聞きながら、お寿司やピザ、バーベキューなどのディナーを楽しみましょう。

 

サンタバーバラ認定ファーマーズマーケット(サンタバーバラ)

毎週火曜日午後

ステート・ストリートは毎日ショッピングが楽しめる、サンタバーバラのメイン・ショッピングストリートですが、火曜日はシェフたちが集い、さらに活気に溢れます。地元産のオリーブやピスタチオ、近くのソルバングから届いた季節のフルーツ・パイにライブミュージックも。サンタバーバラでは他の曜日でも買い物が楽しめます。

 

コーチェラ・バレー認定ファーマーズマーケット(グレーター・パーム・スプリングス)

毎週水曜日、土曜日、日曜日

砂漠の中の都市エリアに3つのマーケットがあります。パーム・スプリング、パーム・デザート、そしてラ・キンタです(夏場はエアコンの効いた屋内で開催なので安心です)。地元産のナツメヤシやアボカド、ブドウ、さらにはラベンダーや焼き立てのタマーレもあります。

 

シティで楽しむファーマーズマーケット Pillars_Culinary_OR_PS_4N9A7712_1280x640

カリフォルニア: 料理

夢を叶えよう

カリフォルニア フード&ワインの魅力
シティで楽しむファーマーズマーケット VCW_D_SFcity_T11_Dining_TS_1280x642_sized
Spotlight: サンフランシスコ

サンフランシスコは、食材を重視した料理が主流です。全米でもトップレベルの農産物がすぐ手に入る湾岸の街サンフランシスコのシェフは、魔法のような料理を生み出し、その日一番新鮮で美味しい食材を生かすためにメニューを毎晩変更することもよくあります。多くのシェフは、思い通りの食材を入手するため、地元の農場や食品業者と密接に連携しています。...

シティで楽しむファーマーズマーケット LADining_1280x642
Spotlight: ロサンゼルス

セレブが集まる街としてはダントツのロサンゼルスには、当然ながら華やかな成功を収めようというシェフも集まってきます。今でも一流スターを惹きつけてやまないビバリーヒルズの伝説のスパーゴの仕掛け人、ウルフギャング・パックをはじめとする有名シェフたちが、魅力あふれる斬新な料理と、...

シティで楽しむファーマーズマーケット VCW_D_SDcity_waterfrontdining
Spotlight: サンディエゴ

太平洋とサンディエゴ湾に面したサンディエゴのウォーターフロントは、素晴らしいレストランが集まっていることで知られています。沿岸エリアを訪れて、海の街ならではの地元の味覚を味わってみましょう。

S食べ歩きの第一歩はラホーヤから。ブロックトン・ヴィラのブランチは、「クラブ・イパネマ・ベネディクト」という卵料理が絶品です。...

SPECIAL FEATURE
最高のフード、ワイン&ビールの祭典

まさに豊穣な大地に恵まれたカリフォルニアは、世界でも有数の収穫高を誇る農業地帯。たとえば、アボカドやストロベリーなどは、アメリカにおける圧倒的な産地となっています。公式な記録はないものの、フードフェスティバルでもカリフォルニアは、アメリカ随一。それは、カリフォルニアの人々が、食料の生産だけではなく、食を楽しむマインドでも他を凌駕しているからです。...

シティで楽しむファーマーズマーケット VCW_SI_T6_GarlicFestival_JasonRiedy_Flickr_preview_686x885
Jason Riedy/Flickr
SPECIAL FEATURE
地元産の食材を使った超新鮮なとても美味しい料理を味わう

カリフォルニアには、お腹を空かせて訪れましょう。カリフォルニア州は、本物の料理を体験できる場所。ミシュランの星に輝く優秀で革新的なシェフたちが、地元の農場やこだわりの食品を提供する業者たちと提携し、地元産の超新鮮な最高の食材を入手して魅力的な料理を創作します。さらに、屋上のレストランからウォーターフロントや隠れ家的レストランまで、レストランのチョイスも豊富で、どこでも極上の料理が楽しめます...

シティで楽しむファーマーズマーケット Preview_GeorgesCove_FishTaco_686x885_2
George's at the Cove
SPECIAL FEATURE
優雅な邸宅、リラックスしたワイナリー、そしておしゃれなテイスティングルーム

ブドウ畑が並ぶ田舎道の突き当たりにある優雅な邸宅は? あります。改修した納屋にあるリラックスした雰囲気のワイナリーは? もちろんあります。おしゃれな街のテイスティングルームを訪れる都会のワイントレイルは? はい、それもあります。カリフォルニアのワインカントリーは、州と同様に多彩な魅力にあふれています。あなたの旅のスタイルに合った場所を見つけましょう。

シティで楽しむファーマーズマーケット Preview_WineGlasses_686x885_1