サンディエゴ動物園サファリパーク
San Diego Zoo Safari Park by Miller

サンディエゴ動物園サファリパーク

サンディエゴ動物園サファリパーク
野性味あふれた環境を満喫しましょう

驚きに満ちたこのパークでの一日は、まるでアフリカ旅行のよう。絶滅の危機に瀕している世界の動物たちの圧倒されるような姿を、そして広々とした自然な環境の園内で間近から、見ることができます。トラムに乗って、サイ、ガゼル、キリン、他の種類の動物の群れがサバンナのような広原をのびのびと歩き回っている様子を観察しましょう。特設区域では、アフリカライオンが赤ちゃんライオンとたわむれています。ここは全体の一部のように見えますが、他の動物たちから安全に隔離されています。徒歩で行ける展示エリアにも、たくさんの見どころがあります。目を見張るようなタイガートレイルでは、スマトラトラが泳ぐ姿を水中から観察できます。

ロープでつながれた熱気球乗りや長いジップラインのライドでは、パークと周辺地域の眺めを楽しめます。

パーク内の動物をもっと間近に見たい方は、貴重な舞台裏を覗けるツアーや、チーターが時速113キロメートルのスピードで走る様子を見られるチーターサファリなどここでしか味わえない体験に参加しましょう。ユニークなジャングル・ロープ・サファリは、お子様が思いきり遊ぶのに最適。ロープでつながれた熱気球乗りや長いジップラインのライドでは、パークと周辺地域の眺めを楽しめます。カリフォルニアスタイルでアフリカの原野での一夜を味わうには、ロアー&スノアー・サファリへ。アフリカの平原の展示エリアを見晴らすキャンプ場で、大きなテント(ベッドや電気を使えるものもあります)に宿泊できます。

動物を観察した後は、植物を観賞しましょう。パークには散策する価値のある、見事な造園エリアがあります。ネイティブスケープス・ガーデンが美しさを増すのは春の季節。この庭園には晴天が多く、乾燥したこの地域の気候に適した干ばつに強い種類の植物を集めています。4月と5月の第2土曜日の午前10時から、無料のガイド付きツアーが行われています。

Southern California

Spotlight: サンディエゴ動物園

17
May
Average (°C)
Mar - May
20°
High
11°
Low
June - Aug
24°
High
16°
Low
Sept - Nov
24°
High
12°
Low
Dec - Feb
18°
High
8°
Low

サンディエゴのバルボアパークにある広大なサンディエゴ動物園では、世界中から集められた動物を見られるだけでなく、絶滅の危機に瀕している珍しい種を見て学べる世界でもトップクラスの施設を見ることができます。動物はすべて、バルボアパークの40ヘクタールの土地に散在する自然な環境を入念に再現した囲いの中で飼育されています。サンディエゴ動物園では、人気のジャイアントパンダやふわふわのコアラ、興味をそそる風変わりなハダカデバネズミなど、650種、3,700匹以上の動物を見ることができます。

この素晴らしい動物園の見学には、最低1日は見ておくことが必要です。たくさん歩くので、歩きやすい靴を履いていきましょう。見学を早く切り上げなければならなくなっても大丈夫。いろいろな動物の楽しいライブカメラ映像をオンラインで見ることができるので、コアラやパンダ、スマトラトラ、ホッキョクグマ、カリフォルニアコンドルなど、さまざまな種の動物が今何をしているかを、動物園にいなくても覗くことができます。

ジャイアントパンダ
Giant Pandas at the San Diego Zoo

ジャイアントパンダ

ジャイアントパンダ
白黒模様で、幅広く愛されているジャイアントパンダ。

漫画のように愛らしいルックスを持ち、ずんぐりした体で歩くサンディエゴ動物園のジャイアントパンダは、言うまでもなく人気者です。飼育されているガオガオ、バイユンと、その子供シャオ・リーウー(2012年生まれ)の3頭は、竹が日陰を作る囲いの中でのっしのっしと歩き回り、竹の葉をむしゃむしゃ食べ(1週間に318キログラムの竹を刈り取ってきて使用)、熱狂的ファンにも気づかないように見えます。この魅力的なパンダを見られるのはめったにない機会です。中国西部の高山を自由に放浪している野生のジャイアントパンダは、推定1,600頭しか残っていないのです。

混雑を避けるには、正式な開園時間より前に動物園に入ることができる早朝パンダツアーに参加してみましょう。このツアーでは、パンダが朝食をもらう様子を見学してから、動物園全体のガイド付きシャトルツアーに出発します。

コンラッド・プレビス・オーストラリアン・アウトバック
Dave Lauridsen

コンラッド・プレビス・オーストラリアン・アウトバック

コンラッド・プレビス・オーストラリアン・アウトバック
コアラ、ワライカワセミなどオーストラリアの動物を見る

飛び跳ねるカンガルー、気性の荒いタスマニアデビル、ぬいぐるみのように愛らしいコアラなど、オーストラリアには、私たちを楽しませてくれる興味深い動物が揃っています。この広大な展示は、興味をそそるこれらの動物(非常に希少なものもいます)を、オーストラリアの自然な生息地を再現した魅力的な囲いの中で見て学べるように作られ、観察エリアが巧みに設けられています。例えば、クイーンズランダーハウス(1800年代にオーストラリアのクイーンズランドで建てられた家の複製)を取り囲む幅の広いデッキからはコアラの集団が見渡せ、目の高さでコアラを観察することができます。ここでは、ふわふわの有袋動物コアラが毛づくろいをしたり、昼寝をしたり(コアラはたくさん昼寝をします)、囲いの中の木の高い所にある枝の葉を食べたりするのを見ることができます。子供のコアラ(「ジョーイ」と呼ばれる)がお母さんコアラの背中にしがみついているのを見つけられるでしょうか。クイーンズランダーハウス内では、コアラのえさを作る調理場を見学することができ、コアラが何を食べるのかを知ることができます。近くの囲いでは、大きな鳴き声のコカトゥーというオウムや、飛び跳ねるワラビーを見ることができます。コアラについて詳しく知ることができる特別ツアーに参加して、電動カートに乗ってガイドに動物園の概要を案内してもらうこともできます。

特別な体験
Dave Lauridsen

特別な体験

特別な体験
Themed Sleepovers, VIP Experiences

パンダを早朝に観察できるツアーや、日没後の特別な宿泊会など、特別ツアーと舞台裏が見られるアクティビティでは、ただ動物を見るだけでなく、動物についてもっと詳しく知り、特別な動物園「大使」の動物に会うこともできます。インサイドルック・ツアーでは、動物園のゾウやホッキョクグマなどの動物について詳しく知ることができます。テーマ別の宿泊会は、家族連れや大人が動物園の特別エリアで快適なテントに寝泊りするもので、日が暮れた後にプライベートなツアーとウォーキングがあります。究極の体験をしたいなら、何と言っても独占VIP体験。自分の興味にぴったり合った特別ツアーを作り上げることができる完全にカスタマイズされたツアーで、動物の専門家と話したり、一般に展示されていないエリアを見たり、動物と特別に交流したりできます。

その他の展示
Dave Lauridsen

その他の展示

その他の展示
非常に希少な動物、楽しい動物、とにかく変な動物がいる場所

ライオンやトラ、パンダを見たいのは分かりますが、少し時間を取って、あまりなじみのない動物も見てください。ロストフォレストのアフリカ熱帯雨林の展示にゴリラやカバがいるのは当然ですが、ボノボはご存じでしょうか。ボノボは世界でも非常に希少で賢い動物だとされている霊長類で、興味深い複雑な社会構造を持ち、雌がそれを支配しています。北極エリア(北極にふさわしく動物園の北側にある)には巨大なホッキョクグマがいますが、美しいホッキョクギツネもいます。ホッキョクギツネは、極寒の世界で生存するために氷の上で滑らないよう足の裏に毛が生えているなど、北極に特別に適応しています。

バルボアパーク
Dave Lauridsen

バルボアパーク

バルボアパーク
1世紀の歴史を誇る美しい“西のスミソニアン”

バルボアパークの園内には、パンダやコアラにも出会える有名な動物園、多彩なコレクションが魅力の博物館や美術館、美しい庭園などがそろっています。100年の歴史を誇る都会のオアシスであるこの公園は、サンディエゴの文化を鮮やかに映し出しています。バルボアパークの第一の見どころは、その見事な園芸施設。アイネズ・グラント・パーカー・メモリアル・ローズ・ガーデンだけでも、130種類以上のバラを有しています(土曜日の午前には、1時間でガーデンやパーク内の植物について紹介する無料ツアーを催行)。

多彩な博物館や美術館にも足を運びましょう。人類博物館、サンディエゴ美術館、サンディエゴ自然史博物館、ルーベン H. フリート・サイエンス・センター、サンディエゴ航空宇宙博物館などは地元の人々にも人気のスポットです。サンディエゴの豊かな文化にも触れてみましょう。毎年夏に開催されるオールド・グローブ・シアターの有名な「シェークスピア・フェスティバル」では、バンドのライブ演奏や屋外映画鑑賞会などの多彩なイベントが行われます。

さらに、パーク内には世界屈指の動物園もあります。サンディエゴ動物園は全650種、3,700以上の動物を有し、その多くは極めて珍しい種類の生き物です。自然と融合した展示スペースは、約100エーカー(40ヘクタール)にわたり広がっています。“アーリー・モーニング・ウィズ・パンダ”に参加して、開園時間前にパンダに会いに行きましょう。3頭のジャイアントパンダをゆっくり観察できる、またとない機会です。特別イベントや、動物園と博物館・美術館への入園がセットになったお得なチケットに関する情報は、バルボアパークのウェブサイトをご覧ください。

Trip 8〜10日間 10 stops

究極の南カリフォルニア

ビーチタウン&スリル満点の楽しみ
ロサンゼルス

この旅の出発点は、カリフォルニア最大の都市、ロサンゼルスです。ロサンゼルスでは決して活発な鼓動が止むことはなく、アクティビティが尽きることはありません。しかしどのように街を巡るかは、意外と悩みどころです。前もって計画を立てることがこの街を楽しむコツです。ロサンゼルス巡りは太平洋に面したサンタモニカから始めてみてください。広々とした人の少ない海岸や、賑やかな乗り物やレストランが並ぶシンボル的なピアが待っています。そしてサードストリートプロムナードやサンタモニカプレースショッピングセンター(海と街の景観が楽しめる屋上でのダイニングも格別)では上質のショッピングが楽しめます。この後は、...

セコイア・キングスキャニオン国立公園

ジャイアントセコイア、高くそびえる山並み、深い渓谷、水音を轟かせる川で知られるこの2つの公園はおよそ120キロメートル北にあるヨセミテほど知られていませんが、実は見どころがたくさんあります。セコイア・キングスキャニオンの域内にはアメリカ本土最高峰の4,417メートルのホイットニー山と、北米有数の深さを誇る渓谷、キングスリバー渓谷があります。2つの公園と、隣接するジャイアントセコイア国定公園および国有林の最大の魅力は、巨大なセコイア。世界最大の生物として知られるシャーマン将軍の木とその周りの巨木の森を、その圧倒的な大きさに感動しながら歩き回りましょう。...